お茶を通じて繰り広げる“精神の大冒険” 黒木華×樹木希林「日日是好日」本予告披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月28日 > お茶を通じて繰り広げる“精神の大冒険” 黒木華×樹木希林「日日是好日」本予告披露
メニュー

お茶を通じて繰り広げる“精神の大冒険” 黒木華×樹木希林「日日是好日」本予告披露

2018年7月28日 04:00

ポスター&新キャストも発表!「日日是好日」

ポスター&新キャストも発表!
(C)2018「日日是好日」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 森下典子氏による人気エッセイを黒木華主演、樹木希林らの共演で映画化した「日日是好日」の本予告&ポスターが、このほど披露された。茶道と出合った主人公・典子(黒木)が、小さなお茶室で繰り広げられる“精神の大冒険”を通じて、かけがえのない今を生きていく模様を映し出している。

森下氏が約25年間にわたって町の茶道教室に通った日々を綴るエッセイを基に、「さよなら渓谷」「まほろ駅前多田便利軒」などの大森立嗣監督のメガホンで映画化。20歳の典子(黒木)は、従姉の美智子(多部未華子)とともに自宅近くの茶道教室に通い始める。師匠となる武田先生(樹木)の指導を受ける20数年間で、典子は就職、失恋、大切な人の死などを経て、お茶や人生における大事なことに気がついていく。

「世の中には『すぐわかるもの』と『すぐわからないもの』の2種類がある。すぐにわからないものは、長い時間をかけて、少しずつわかってくる」という静かなボイスオーバーから始まる予告には、穏やかな時間が満ちている。武田先生の柔らかで優しい言葉、人生の岐路に立つ戸惑い、そして5感を使い全身で“その瞬間”を味わう喜び……。典子らがお茶と向き合う姿は、人生における幸福とは何かを教えてくれる。

あわせて、新キャストも発表。鶴見辰吾が典子をあたたかく見守る父役、鶴田真由が武田先生の親戚で典子の憧れでもある雪野役を担う。そして「乃木坂46」の山下美月が茶道教室の後輩である女子高生・ひとみ役を務め、映画初出演を飾っている。「日日是好日」は、10月13日から全国で公開される。

(映画.com速報)
さよなら渓谷[Blu-ray/ブルーレイ] さよなら渓谷[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,430 真木よう子が「ベロニカは死ぬことにした」以来7年ぶりに単独主演を飾り、吉田修一の同名小説を映画化した人間ドラマ。
まほろ駅前多田便利軒 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] まほろ駅前多田便利軒 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,868 東京・町田市をモデルとした架空の地方都市“まほろ市”を舞台に、便利屋を営む多田と同級生の行天が、一筋縄ではいかない顧客たちからの無理難題を痛快に解決する日々を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi