さよなら渓谷

劇場公開日:

さよなら渓谷

解説

真木よう子が「ベロニカは死ぬことにした」以来7年ぶりに単独主演を飾り、吉田修一の同名小説を映画化した人間ドラマ。緑豊かな渓谷で幼児殺害事件が起こり、容疑者として実母の立花里美が逮捕される。しかし、里美の隣家に住まう尾崎俊介の内縁の妻かなこが、俊介と里美が不倫関係にあったことを証言。現場で取材を続けていた週刊誌記者の渡辺は、俊介とかなこの間に15年前に起こったある事件が影を落としていることを知り、2人の隠された秘密に迫っていく。俊介役は「赤目四十八瀧心中未遂」「キャタピラー」の大西信満。「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」「まほろ駅前多田便利軒」の大森立嗣監督がメガホンをとり、監督の実弟・大森南朋も週刊誌記者・渡辺役で出演。

2013年製作/116分/R15+/日本
配給:ファントム・フィルム

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2013「さよなら渓谷」製作委員会

映画レビュー

4.0不思議な渓谷

2022年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 4件)
kossy

4.0不安定な真木よう子を堪能

2021年10月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

興奮

良かった。久しぶりに過度な演出無しに人間たちが生きる様を息苦しさを感じながら見守るような映画を観た気がする。ハッとするような印象的なシーンが多数。留置所のアクリル板越しの豆腐の会話、歩道橋の上の真木よう子、落ちていくサンダル、そしてラストカットの大西信満の眼。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
みな

3.5深淵を覗き見る

2021年8月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

レイプ犯と被害者に関するありえない状況設定にもかかわらず、そこに至る経緯と心理が説得力をもって描かれる。
しかし、その状況はやがて終わりを見せる。どうしてなのか、と主人公かなこの気持ちに思いを巡らすことになるのだけれど、よく考えてみれば、この幕切れは必然だと気付く。描かれた2人の状況の中で、しあわせな生活が続くとすれば、物語は嘘になってしまうのだ。
実は、見る側が望む幕切れであり、同時に登場人物が自ら動きだしたとき自然に物語が進んでいくその先にある必然の展開なのだ。つまり作者も含め、誰もの心の中にある自然な心の動きが、この幕切れを生み出している。
もしかしたら、この幕切れが常識や正論と言われる側のものなのだろう。
しかしかなこは、そうではない心理に突き動かされてもいる。つまり、常識や正論からはずれた衝動。非常識も含めた反常識と呼べるような心。と同時に、彼女は常識的な判断もする。矛盾した2つの心のグラデーションを、揺れながら生きているのだ。
そのように、かなこの心に気付いた時、実は自分の心を投影してかなこを見ている。かなことは、自分のことに違いない。
だから、かなこの矛盾を平明な言葉で納得してはいけない。そうした深淵をのぞき見ながら、受け入れていくこと。人を理解するとは、そうした営みなのかもしれない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
マツドン

いつ見ても大根

2021年4月7日
iPhoneアプリから投稿

真木よう子はいつになったら演技が上手くなるの????
(意味がわからん内容で見る価値ないよう)

コメントする (0件)
共感した! 0件)
わんわん
すべての映画レビューを見る(全88件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る