黒木華&樹木希林、京都・建仁寺で献茶式 艶やか着物姿で「お見合い写真を撮っておこうか」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月31日 > 黒木華&樹木希林、京都・建仁寺で献茶式 艶やか着物姿で「お見合い写真を撮っておこうか」
メニュー

黒木華&樹木希林、京都・建仁寺で献茶式 艶やか着物姿で「お見合い写真を撮っておこうか」

2018年7月31日 17:33

黒木華と樹木希林「日日是好日」

黒木華と樹木希林
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 茶道を題材にした人気エッセイを映画化した「日日是好日」の完成披露イベントが7月31日、京都・建仁寺で行われ、主演の黒木華をはじめ共演の樹木希林、メガホンをとった大森立嗣監督、原作者の森下典子氏が着物姿で出席した。

森下氏が約25年間にわたって町の茶道教室に通った日々を綴るエッセイが原作。20歳の典子(黒木)は、従姉の美智子(多部未華子)とともに自宅近くの茶道教室に通い始める。師匠・武田先生(樹木)の指導を受ける20数年間で、典子は就職、失恋、大切な人の死などを経て、お茶や人生における大事なことに気がついていく。

この日は同所の重要文化財である方丈にて、映画のヒットを祈願する献茶式を実施。4人は和尚が点てたお茶を受け取り、日本に喫茶の法を普及した“茶祖”栄西禅師のもとに奉納した。式をよどみなく終えた黒木は、「献茶式は初めてさせていただいて、映画がヒットすると良いなと思いながら。本当に貴重な経験をさせていただきました」とニッコリ。大阪出身で、大学時代は京都で過ごしただけに「建仁寺に来られて嬉しいですし、背筋が伸びる気持ちです」と充実の面持ちだ。

また黒木は、大正時代の旧宮家から拝領された帯を締めた振り袖について「肩のあたりに鷺(さぎ)が飛んでいます。刺繍も細かくてすごくきれいで、金魚なども夏っぽいです。着物はすごく暑いんですが、見た目には涼を感じてほしくて」とポイントを説明。樹木が「この色合いは、やっぱり古くからのものでないと。この日のために用意していただいて、素敵」としみじみ称賛すると、黒木は「お見合い写真を撮っておこうかな」とはにかんだ笑顔を見せた。

さらに樹木は、お茶の先生役を経て「縁があってまた地球上に生まれてくることがあれば、小さな茶室を設けて、夫と向き合い、静かにお茶を点てながら人生を送る。そういうことをしてみたいと、お茶を体験してから思いました」と振り返る。この日の感想を「『万引き家族』では、えらい寒くて、貧乏な姿でおりましたのでね。このような立派なところで、温かいところでいさせていただくと、いろんな人生があるもんだ、つくづく幸せなもんだなと感じています」と語りつつ、自身の体調については「結局あれから(昨年12月の撮影から)10キロ痩せて、7センチ縮んで。人間はこんなふうに縮むもんだなと、面白く自分の体を見ています。どうぞ皆様、お体には気をつけて」「よれよれですが、今日は約束だから、やっとこさ杖をついてきました。義理に厚い人間、そこだけはあります。鏡を見て、風前の灯というのはこういうことだなと。今度はいつお目にかかれるか、かかれないかもしれませんので、そのようにご承知ください」と話していた。

日日是好日」は、10月13日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報