葵わかな&佐野勇斗「青夏」での“共闘”に充実の笑み「お疲れさま!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月31日 > 葵わかな&佐野勇斗「青夏」での“共闘”に充実の笑み「お疲れさま!」
メニュー

葵わかな&佐野勇斗「青夏」での“共闘”に充実の笑み「お疲れさま!」

2018年7月31日 17:27

浴衣姿で涼やかな舞台挨拶「青夏 きみに恋した30日」

浴衣姿で涼やかな舞台挨拶
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 南波あつこ氏の人気漫画を実写映画化する「青夏 きみに恋した30日」の前日祭舞台挨拶が7月31日、東京・新宿ピカデリーで行われ、ダブル主演の葵わかな佐野勇斗、共演の古畑星夏岐洲匠久間田琳加水石亜飛夢秋田汐梨志村玲於、メガホンをとった古澤健監督が出席した。

8月1日に全国233スクリーンで封切られる本作は、夏休みを田舎で過ごすことになったイマドキ女子高生・理緒(葵)と、地元のクール系イケメン・吟蔵(佐野)の恋を描く。葵は「明日公開ということで、今にも心臓が飛び出しそうなくらいドキドキしています!」と興奮を隠しきれず、ともに作品をけん引した佐野は「(公開は)もう明日かという気持ちです。ようやく皆さんにこの作品を見ていただけることが、緊張しつつも、すごく楽しみでいっぱいです」と思いの丈を述べていた。

この日は、キャスト全員の“青夏愛”を試すため、都会チーム(葵、岐洲、久間田、志村)と上湖チーム(佐野、古畑、水石、秋田)に分かれて、劇中に登場するアイテムを使用した「箱の中身はなんだろなゲーム」が実施された。第1回戦の「スイカ」「とうもろこし」「きゅうり」をクリアすると、葵と佐野の一騎打ちに。「俺は苦手」「結構キツイよ…」という言葉が飛び交った箱の中身は、セミの模型。佐野の悲鳴にビビりまくってた葵は、途中まで模型に一切触れることすらできなかったが、終盤にようやく中身に気づき勝利をおさめていた。

約4カ月間、撮影やプロモーション活動に“座長”として奮闘した2人。佐野と2度目の共演となった葵は「私は『しっかりしてるね』『大人っぽい』『落ち着いている』と言われることが多いんですが、やっぱりひとりじゃできないこと、不安に思うこともあるんです。でも、そんななかで私ができないことを、佐野君ができるんですよ。どんなに頑張って気合を入れてもできなかった部分なので、すごく助けられたなと思っています。(公開が)明日というのは信じられないですが、2人で頑張ってきてよかったです、お疲れさまでした!」と感謝の意を示していた。

一方、佐野は「葵さんとは出会ってから4年以上経つんですが、役者仲間というよりは幼馴染みのような印象。今回も葵さんに助けられたことが多くて、ものすごく感謝してます。理緒が葵さんでよかったです。お疲れさま」と充実の笑み。その後、古畑らも2人への感謝の言葉を述べ、古澤監督はある思い出を明かした。「撮影前半、季節的に寒い時期だった花火大会のシーン。僕が『これくらいでOKかな』と思った時に、わかなから『もう1回やりましょう』と言ってくれました。その出来事があったから、僕らスタッフは妥協せず、チーム一丸となってやり遂げようと思えた。あの時のことを思い出すと感謝しかないです。ありがとうございました」と振り返っていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報