「SW9」にJ・J・エイブラムス監督の盟友グレッグ・グランバーグが出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月14日 > 「SW9」にJ・J・エイブラムス監督の盟友グレッグ・グランバーグが出演
メニュー

「SW9」にJ・J・エイブラムス監督の盟友グレッグ・グランバーグが出演

2018年9月14日 22:00

「フォースの覚醒」に続いての参戦!「スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」

「フォースの覚醒」に続いての参戦!
Photo by Jason LaVeris/
FilmMagic/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界的な人気シリーズの最新作「スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」にJ・J・エイブラムス監督の盟友グレッグ・グランバーグが出演することがわかった。

本作は、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」から始まった新たな3部作の最終章。米Deadlineによれば、グランバーグの役どころは明かされていないが、同作で演じたレジスタンスのパイロット、テミン・“スナップ”・ウェクスリー役で復帰するとみられている。

グランバーグは、エイブラムス監督と幼稚園児の頃からの付き合いで、エイブラムス企画・制作総指揮のテレビシリーズ「フェリシティの青春」「エイリアス」「LOST」、長編映画デビュー作「M:i:III」などに出演してきた。なお、「スター・ウォーズ エピソード9」には、「フェリシティの青春」の主演俳優ケリー・ラッセルや、「LOST」のドミニク・モナハンが新キャストとして加わる。

壮大なサーガの完結編には、デイジー・リドリーアダム・ドライバージョン・ボイエガオスカー・アイザックマーク・ハミルルピタ・ニョンゴドーナル・グリーソンケリー・マリー・トランヨーナス・スオタモビリー・ロードが続投するほか、シリーズ第2作「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」、第3作「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」でランド・カルリジアンを演じたビリー・ディー・ウィリアムズが出演。2019年12月20日全米公開が予定されている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi