堤真一「おこしやす、ちとせちゃん」でアニメナレーション初挑戦! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月15日 > 堤真一「おこしやす、ちとせちゃん」でアニメナレーション初挑戦!
メニュー

堤真一「おこしやす、ちとせちゃん」でアニメナレーション初挑戦!

2018年9月15日 06:00

アニメのナレーションに初挑戦

アニメのナレーションに初挑戦
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の堤真一が、夏目靫子氏の漫画をショートアニメ化する「おこしやす、ちとせちゃん」で、ストーリーの進行役を担うナレーションを務めることが明らかになった。また、作品の舞台となる京都出身の声優・遊佐浩二小岩井ことりが出演することも発表された。

同作は、楽しいことが大好きなコウテイペンギンのヒナ“ちとせちゃん”が、京都の街を気ままにぶらつきながら、人々と触れ合ったり、おいしい食べ物に舌鼓を打ったりする姿を描く。清水寺、銀閣寺、祇園などの京都の名所がペンギン視点から表現され、名物や旬の食材といった京都グルメも多数登場する。

ナレーションの経験は豊富だが、アニメーションでは今回が初挑戦という堤は、収録を振り返り「普段のナレーションのトーンは低めですが、今回の主人公はゆるカワなペンギンなので“優しい目線”を意識してみました」と語っている。


画像2

[拡大画像]

遊佐と小岩井は、作中に登場するすべての人物キャラクターを演じ分ける。遊佐は「ショートアニメですが、時間に追われることなくゆったり観ることができます。京都の雰囲気をぜひ味わってください」とアピールし、小岩井は「約10秒の間に6役を演じるシーンがあり、とても大変でしたが、頑張って演じさせていただきました。ぜひ、見ておくれやす」と奮闘ぶりを語った。

「おこしやす、ちとせちゃん」は、10月5日からTOKYO MX、KBS京都で放送開始。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi