二宮和也、木村拓哉の信頼を得た“初対決”に感無量「良い人生です」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月6日 > 二宮和也、木村拓哉の信頼を得た“初対決”に感無量「良い人生です」
メニュー

二宮和也、木村拓哉の信頼を得た“初対決”に感無量「良い人生です」

2018年8月6日 20:57

木村拓哉と二宮和也「検察側の罪人」

木村拓哉と二宮和也
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 木村拓哉二宮和也が映画初共演を果たした「検察側の罪人」の完成披露試写会が8月6日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、木村と二宮のほか、吉高由里子大倉孝二八嶋智人音尾琢真芦名星、メガホンをとった原田眞人監督が出席した。

「火の粉」「犯人に告ぐ」などの作家・雫井脩介氏の“最高傑作”とされる同名小説を映画化。エリート検事・最上(木村)と、若手検事・沖野(二宮)が、ある殺人事件をめぐって考え方がすれ違い、互いの正義を賭した戦いへと身を投じるさまを描く。最上と沖野の“正義のカラー”をイメージした紅白のカーペットを歩き、姿を現した木村と二宮。ファン約4000人から発せられた歓声がすさまじい音量だったため、吉高は「こんな(歓声は)聞いたことがないです! 風が吹いてきて涼しかった(笑)」と驚きを隠せなかった。

二宮とは初共演にして“初対決”となった木村。「皆さんの前でも、例えばマイクやカメラがなくても、どこでも胸を張って言えることですが、これほど一緒に作業をしていて、信頼できる共演者は珍しいです。本当に頼りがいのある後輩だと思います」と“役者・二宮和也”を絶賛。一方、二宮は「良い人生ですよね」と照れ笑いを浮かべた後、「平成元年から終わりを迎えようとしている30年、立ち位置もスタイルも変えず、ずっとトップを走り続けてきた“木村拓哉”という人と作品を作りたいと考えていました。それが平成の終わり、ギリギリ最後に滑り込めたんじゃないかって、僕自身は思っているんです。それだけで恵まれているのに、こんな言葉までもらえるなんて……、感謝です!」と最敬礼だった。

原田監督と初タッグを組んだ木村は「原田組に自分が赴くということがわかった瞬間、監督がつくった作品を見てみたいと思った」と述懐。「『日本のいちばん長い日』を拝見したんですが、見た直後に『この映画をつくる監督の現場に、自分は行くことになっているのか…』と感じて、すごく腹が痛くなった(笑)。頭でっかちの状態でお会いしたら、その部分を全部削りとってくれました。原田組のスタイルはあるんですが、一緒になって楽しめる状況をつくってくれたので感謝しています」と謝意を示していた。

「サッカーで言えば、木村さんは司令塔でボランチ、二宮さんはフォワードでどんどん突っ走るタイプ」と評した原田監督は「(本作で)一番強調したいのは、演技合戦、もしくは演技トーナメントの映画であること」と説明。「最終的には、木村さんと二宮さんの対決の場に誰が勝ち残っていくのか。演技巧者たちのぶつかり合いは、僕も現場で見ていて楽しかったですね。すごく刺激をもらいました」と充実の撮影となったことを明かしていた。

検察側の罪人」は、8月24日から全国で公開。

(映画.com速報)
日本のいちばん長い日[Blu-ray/ブルーレイ] 日本のいちばん長い日[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,251 昭和史研究の第一人者・半藤一利の傑作ノンフィクション「日本のいちばん長い日 決定版」を、原田眞人監督が映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報