木村拓哉VS二宮和也、演技の真剣勝負 映画初共演「検察側の罪人」特報映像&ポスター披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月9日 > 木村拓哉VS二宮和也、演技の真剣勝負 映画初共演「検察側の罪人」特報映像&ポスター披露
メニュー

木村拓哉VS二宮和也、演技の真剣勝負 映画初共演「検察側の罪人」特報映像&ポスター披露

2018年4月9日 05:00

ポスターは“アラーキー”こと 荒木経惟氏が撮影「検察側の罪人」

ポスターは“アラーキー”こと
荒木経惟氏が撮影
(C)2018 TOHO/JStorm
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 木村拓哉が主演し、「嵐」の二宮和也と映画初共演を果たす「検察側の罪人」の特報映像とポスタービジュアルが初公開された。映像は木村と二宮が対峙し、セリフと表情、芝居のみでぶつかり合う。音楽を排除した鬼気迫る30秒間の“真剣勝負”は、息もつかせぬ緊張感がみなぎっている。

原作は、「火の粉」「犯人に告ぐ」などの作家・雫井脩介氏による同名小説。時効、えん罪、司法制度そのものへの考察に加え、「正義とは何か」というテーマを描き出し、雫井氏の“最高傑作”とも称されている。映画「関ヶ原」「日本のいちばん長い日」などの原田眞人監督がメガホンをとり、キャストには木村と二宮をはじめ吉高由里子松重豊山崎努山崎紘菜らが顔をそろえた。

東京地検刑事部に配属された若手検事・沖野啓一郎(二宮)は、人望厚いエリート検事・最上毅(木村)と同じ部署になったことを喜び、正義感を熱く燃やして仕事に励むが、ある殺人事件をめぐり考え方がすれ違っていく。最上は、時効が成立した過去の事件で被疑者となった松倉重生を執念で追い詰めていくが、沖野はその捜査方針に疑問を持ち始め、互いの正義を賭した戦いへと発展していく。

またポスターは、日本写真界の鬼才“アラーキー”こと荒木経惟氏が手がけている。人気・実力ともに日本トップクラスのキャストとスタッフが結集しただけに、製作陣は「間違いなく傑作になる」と確信し、映画の顔となるメインビジュアルの撮影を荒木氏に依頼。同氏は2007年の「M」以来、約11年ぶりに映画ポスターへの参加を決め、「年齢を重ねてきた男の『』を撮りたい」と提案した。

さらに製作陣は、物語が「2人の検事が対立していく」ことから、木村&二宮を別々に撮影しようと考えていたが、荒木氏は「2人を同時に撮影したい」と再度提案。荒木氏の「2人が一緒に立つことで、緊張感が生まれる。それを撮る」「お互いが意識し合う、必ず、役柄を引きずって火花が散る」という狙いは的中し、静ひつな迫力が伝わる渾身のビジュアルが完成した。

検察側の罪人」は、8月24日から全国で公開。

(映画.com速報)
犯人に告ぐ[DVD] 犯人に告ぐ[DVD] 最安価格: ¥3,283 雫井脩介のベストセラー小説を豊川悦司主演で映画化!
日本のいちばん長い日[Blu-ray/ブルーレイ] 日本のいちばん長い日[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,715 昭和史の大家・半藤一利の傑作ノンフィクションを原田眞人監督が完全映画化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ペンギン・ハイウェイの評論 ペンギン・ハイウェイ 世界は謎だらけ。だから世界は素晴らしい
  • ポップ・アイの評論 ポップ・アイ 旅人の脳裏をふとかすめた陽炎のような風景が、この映画には映る
  • 輝ける人生の評論 輝ける人生 シニアだって跳べるはず。英国の名優たちが老境の人生リスタートを好演
映画評論の一覧を見る
Jobnavi