睨む木村拓哉、吠える二宮和也 憎悪と涙が交錯する「検察側の罪人」90秒予告完成! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月29日 > 睨む木村拓哉、吠える二宮和也 憎悪と涙が交錯する「検察側の罪人」90秒予告完成!
メニュー

睨む木村拓哉、吠える二宮和也 憎悪と涙が交錯する「検察側の罪人」90秒予告完成!

2018年6月29日 10:00

迫真のポスターも完成!「検察側の罪人」

迫真のポスターも完成!
(C)2018「検察側の罪人」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 木村拓哉が主演し、「嵐」の二宮和也と映画初共演を果たした「検察側の罪人」の90秒予告編が完成した(https://youtu.be/pZRs-HmStrQ)。映像は木村演じる最上毅が鋭い眼光を投げかけ、二宮扮する沖野啓一郎が吠え立てる模様など、豪華キャストが発露する怒り、憎しみ、涙を収めている。

「火の粉」「犯人に告ぐ」などの作家・雫井脩介氏の“最高傑作”とされる同名小説を、映画「関ヶ原」「日本のいちばん長い日」などの原田眞人監督によるメガホンで映画化。東京地検刑事部に配属された若手検事・沖野(二宮)は、人望厚いエリート検事・最上(木村)と同じ部署になったことを喜び、正義感を熱く燃やして仕事に励むが、ある殺人事件をめぐり考え方がすれ違っていく。最上は、時効が成立した過去の事件で被疑者となった松倉重生(酒向芳)を執念で追い詰めていくが、沖野はその捜査方針に疑問を持ち始め、状況は互いの正義を賭した戦いへと発展していく。

90秒予告は、物語のあらすじを映し出す。松倉を何としてでも罰すると誓う最上と、取り調べを命じられ、怒号とともに容疑者を追い詰めていく沖野。やがて対立していく木村と二宮の演技合戦だけでなく、松倉役・酒向による怪演や、吉高由里子松重豊山崎努八嶋智人らの重厚な熱演も見どころだ。

また7月7日からは、特典付き前売り鑑賞券が全国の劇場で発売。最上&沖野のビジュアルを表裏に使用したクリアファイルが付属している。「検察側の罪人」は、8月24日から全国で公開。

(映画.com速報)
犯人に告ぐ[DVD] 犯人に告ぐ[DVD] 最安価格: ¥3,260 雫井脩介によるベストセラー小説を豊川悦司主演で映画化したサスペンス。
関ヶ原 DVD 通常版[DVD] 関ヶ原 DVD 通常版[DVD] 最安価格: ¥3,036 司馬遼太郎の名作小説を、岡田准一、役所広司、有村架純ら豪華キャスト共演で映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi