ユアン・マクレガー「プーと大人になった僕」引っさげ待望の初来日決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月1日 > ユアン・マクレガー「プーと大人になった僕」引っさげ待望の初来日決定!
メニュー

ユアン・マクレガー「プーと大人になった僕」引っさげ待望の初来日決定!

2018年8月1日 16:00

ユアン・マクレガーが待望の初来日!「プーと大人になった僕」

ユアン・マクレガーが待望の初来日!
(C) 2018 Disney Enterprises, Inc.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英俳優ユアン・マクレガーが、主演最新作「プーと大人になった僕」を引っさげて9月に初来日を果たすことが決まった。世界的人気キャラクター「くまのプーさん」をディズニーが実写映画化し、プーさんと大人になった親友のクリストファー・ロビン(マクレガー)の再会を感動的に描く。マクレガーは「日本に行くのをとても楽しみにしてるよ。日本のみんなに9月に会いにいくよ。クリストファー・ロビンと一緒にね!」とファンとの交流に期待を寄せている。

“はちみつの日”でもある8月3日の全米公開に先駆け、7月30日(日本時間31日)にウォルト・ディズニー・スタジオUS本社で、本作のワールドプレミアが行われ、マクレガーをはじめ、共演者やマーク・フォースター監督、プーさんの声を30年間務めるジム・カミングスら声優陣が出席した。

会場となったスタジオ内には、プーさんが暮らしていた“100エーカーの森”が再現され、サングラス姿でデッキチェアに座るプーさん、ピグレット、ティガー、イーヨーたちがゲストをお出迎え。同会場では歴代最長となる約270メートルのレッドカーペットに、マクレガーらが姿を見せると、駆けつけたファン約200人は大歓声をあげていた。

今回、初めての来日が決まったマクレガーは「待っててね!」とファンに向けて、日本語でメッセージ。日本にゆかりが深い「ピーター・グリーナウェイの枕草子」(1996)に出演して以来、「すごく前から行きたかった」といい、「今まで映画をやってきた中で、日本に呼んでもらうことはあったけど、何故かちょうど他に撮影中の映画があって、来日を断念していたんだ。もしかしたら、個人的な理由で来日ができないのかと思われていたけど、個人的な理由じゃないよ。スケジュールが合わなくて、来日できずにいたけど、やっと日本に行くことができるよ」と初来日への思いを語った。

映画は結婚し、多忙な日々をおくる大人になったクリストファー・ロビンが、少年時代に「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わしたプーさんと再会し、新たな冒険に出かける姿を描く。監督は「007 慰めの報酬」「ネバーランド」のマーク・フォースター。マクレガーは、「スター・ウォーズ」シリーズのオビ=ワン・ケノービ役、「トレインスポッティング」シリーズのレントン役などで人気を博し、“来日したことがない数少ないハリウッドスター”としても知られていた。

プーと大人になった僕」は、9月14日から全国公開。

(映画.com速報)
007/慰めの報酬[Blu-ray/ブルーレイ] 007/慰めの報酬[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 007シリーズ第22作。前作「カジノ・ロワイヤル」の続編にあたり、恋人ベスパーを失ったジェームズ・ボンドが復讐と任務の狭間で苦悩する姿を描く。
ネバーランド[Blu-ray/ブルーレイ] ネバーランド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,076 1903年のロンドンを舞台に、実在した作家ジェームズ・M・バリが名作「ピーター・パン」を書いた背景にあったエピソードを、「チョコレート」の監督マーク・フォースターが映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報