プーさんがE・マクレガーに大切なことを教えてくれる「プーと大人になった僕」予告公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月24日 > プーさんがE・マクレガーに大切なことを教えてくれる「プーと大人になった僕」予告公開
メニュー

プーさんがE・マクレガーに大切なことを教えてくれる「プーと大人になった僕」予告公開

2018年7月24日 04:00

プーとクリストファーの温かい絆を 伝える新場面写真「プーと大人になった僕」

プーとクリストファーの温かい絆を
伝える新場面写真
(C)2018 Disney Enterprises, Inc.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界的人気キャラクター「くまのプーさん」を、ディズニーがユアン・マクレガー主演で実写映画化した「プーと大人になった僕」の予告編が公開された。

大人になった親友クリストファー・ロビン(マクレガー)と再会したプーと仲間たちが、100エーカーの森を飛び出して繰り広げる新たな冒険を描く感動作。「ネバーランド」「007 慰めの報酬」のマーク・フォースター監督がメガホンをとり、少年時代に「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わして別れたクリストファーとプーの友情が紡がれる。

公開された予告編では、大人になり、愛する妻、娘とロンドンで暮らしながらも、仕事優先の毎日を送るクリストファーの前に、愛らしいプーが現れるさまが映し出される。「一緒に森の仲間たちを探してほしい」と頼まれたクリスファーは、懐かしい森へプーとおもむき、少年時代と変わらないピグレット、ティガー、イーヨーら仲間たちと再会する。楽しい思いに浸った時間もあっという間、「それは風船より大切?」と問いかけるプーを置いて、「仕事があるから、戻らなきゃ」と森を去るクリストファーだが、カバンごと重要な書類を忘れてしまう。「きっと困っている、届けにいこう」と、プーたちが100エーカーの森を抜けてロンドンへと冒険へ飛び出す展開は、ワクワクするアドベンチャー感に満ちたもの。少年時代のクリストファーがプーと「棒投げ橋」をのぞき込む、挿絵で有名なシーンも実写化されており、見る者の期待感をあおる内容となっている。

クリストファーとプーの温かな絆は、新たに公開された場面写真からも伝わってくる。プーたちが届けるものは単なるカバンではなく、もっと「大切なもの」であることがうかがえる。

プーと大人になった僕」は、9月14日から全国公開。

(映画.com速報)
ネバーランド[Blu-ray/ブルーレイ] ネバーランド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,076 1903年のロンドンを舞台に、実在した作家ジェームズ・M・バリが名作「ピーター・パン」を書いた背景にあったエピソードを、マーク・フォースター監督が映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報