有村架純主演「コーヒーが冷めないうちに」主題歌はYUKIが新曲「トロイメライ」書き下ろし : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月11日 > 有村架純主演「コーヒーが冷めないうちに」主題歌はYUKIが新曲「トロイメライ」書き下ろし
メニュー

有村架純主演「コーヒーが冷めないうちに」主題歌はYUKIが新曲「トロイメライ」書き下ろし

2018年7月11日 15:30

“4回泣ける”感動作に華を添える「コーヒーが冷めないうちに」

“4回泣ける”感動作に華を添える
(C)2018 映画「コーヒーが
冷めないうちに」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 本屋大賞2017にノミネートされた川口俊和氏の小説を有村架純主演で映画化する「コーヒーが冷めないうちに」の主題歌を、人気歌手のYUKIが手がけていることがわかった。今作からの熱烈オファーを受け、新曲「トロイメライ」を書き下ろし。同曲を収録した予告編(https://youtu.be/ekipOg9jkTI)も披露されており、“4回泣ける”感動の物語の一端を見ることが出来る。

舞台は、過去に戻れるとうわさの喫茶店「フニクリフニクラ」。店内のある席に座ると、望んだとおりの過去に行けるが、「過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、冷めてしまう間だけ。冷めないうちに飲み干さなければならない」など、ちょっと面倒くさいルールがあった。どんなことをしても「現実は決して変わらない」にもかかわらず、店には「過去に行き、ある人に再会したい」という人々が次々と訪れる。

「原作を読み、映画を見て、『トロイメライ』は完成しました」というYUKI。楽曲への思いを「何があってもおかしくない毎日のなかで、私たちは、哀しいことも嬉しいことも引き受けて暮らしています。『後悔しない生き方』に憧れ、頑張りながら、それでも人は時々、間違えてしまいます。でもそれは、もしかしたら、赦(ゆる)しあうためなのかもしれません。登場人物一人一人に思いを寄せていたら、そう、たどり着きました。間違えてしまうからこそ、お互いに赦しあって、生かされていくのではないかと。私には小さな傷跡がたくさん残っているけれど、それを見る度に、他者に赦されてきた自分に気付くのです。過去の自分を責めて、前に進めなくても、その時の決断が決して利己的なものではなかったことを、誰かがきっと、わかってくれている。そうであってほしい、という希望と願いを込めて、作りました」と明かし、「映画を見て、『トロイメライ』を聞いて、何度でも泣いて、何度でも笑ってください」と願いをこめた。


画像2

[拡大画像]

メガホンをとった塚原あゆ子監督(ドラマ「アンナチュラル」など)は、「優しく、力強く、前に向いていく。ほんの少しのことで未来は違ってくる。美しい声と歌詞に強烈に引き込まれました。映画のエンドロールで流れるこの曲が、全てを圧倒的に包み込んでいきます。感動しました」と脱帽の様子。プロデューサーの平野隆氏は「後悔を抱える人たちがタイムスリップするという物語に、YUKIさんの歌声が持つファンタジー感が美しくフィットするだろうと考え、オファーさせて頂きました」と起用理由を語り、「楽曲は、恋人、夫婦、姉妹、親子の4つの物語のなかで再生していく人々の姿をとても優しく包んでくれました。この曲はきっと、劇場を出ていく観客の皆さんに、爽やかな涙をもたらしてくれるような気がします」と太鼓判を押した。

コーヒーが冷めないうちに」は、ほか波瑠石田ゆり子薬師丸ひろ子吉田羊松重豊伊藤健太郎林遣都、深水元基、松本若菜らが共演。9月21日から全国で公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi