菊地成孔、ビターテイストなW・アレンの近作は泥沼の離婚劇が原因と分析 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月20日 > 菊地成孔、ビターテイストなW・アレンの近作は泥沼の離婚劇が原因と分析
メニュー

菊地成孔、ビターテイストなW・アレンの近作は泥沼の離婚劇が原因と分析

2018年6月20日 13:00

ウッディ・アレン監督のフィルモグラフィを語った「女と男の観覧車」

ウッディ・アレン監督のフィルモグラフィを語った
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ケイト・ウィンスレットウッディ・アレン監督の初タッグ作「女と男の観覧車」の公開を記念し、東京・新宿ピカデリーで開催中の特集上映で6月19日、音楽家・文筆業の菊地成孔氏、映画評論家の森直人氏によるトークイベントが行われた。

2010年以降に製作されたアレン監督の近作7作品を対象とした、公式サイトでのファン投票で1位となった「ミッドナイト・イン・パリ」が、この日上映された。菊地氏は「群像劇が巧みに描かれている作品、ノスタルジックな感じで人生はいろいろある……とか、ウッディ・アレンの作品はたくさんあるのでフォルダ分けしやすい」といい、「『ミッドナイト・イン・パリ』は、『カイロの紫のバラ』と一緒で、大きな魔法が説明されないままに出てくる。どこの時代の登場人物も、今の時代は最悪だと考えていて、全員が20年前に帰りたいと思っている話」と説明。森氏は「それがウッディ・アレンらしいシニシズムですよね」とその作風を褒め、菊地氏も「映画のバランスとして、娯楽作としてもすごくいい。場外ホームランのような作品。晩年のアレンの代表作と言われるのでは」とアカデミー賞でアレン監督が3度目の脚本賞を受賞したヒット作を絶賛した。

続いて、1950年代の米ニューヨーク、コニーアイランドの遊園地を舞台に、人妻がひょんな出会いから人生の歯車を狂わせていく姿を描いた最新作「女と男の観覧車」について菊地氏は、「『ブルージャスミン』と同じ系譜。“昔イケてた女の末路はひどい”という最近できたフォルダ(笑)」と分析。「見終わった後の苦味が半端ないけれど、ケイト・ウィンスレットの名演技が素晴らしい。どん底の生活をしていて、救いの手が現れるかも……というくすぐりがあるけれど救いがない」とプロットを紹介し、「脚本も巧みで、特にあのガキ」とヒロインの息子のおかしみのある行動を紹介した。

さらに、「ウッディ・アレンは、今ピチピチしている若い女の子を天使化して、昔ブイブイ言わせてたけど、いまちょっと落ち目になってしまった女性には冷たい。それは、ミア・ファローとの離婚劇が泥沼になったせいでは。『カイロの紫のバラ』の頃はミューズとして撮っていたけれど、泥沼の離婚劇を経て新しい作風が生まれていて、自分の恋愛や結婚、離婚を無駄にしない。それはゴダールにも似ている」と分析した。

なお、菊地、森氏のウッディ・アレンオールタイムベストは共に「マンハッタン」だそう。「ユダヤ人であることを表に打ち出した初期の作品の中のラブストーリーでは一番素晴らしい」(菊地)、「フォルダで言うと一番大きいフォルダに入る作品。長く撮っているので5年、10年と世代ごとに代表作が変わっていく映画監督」(森)とまとめた。

女と男の観覧車」は6月23日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi