ウッディ・アレン最新作「女と男の観覧車」、ケイト・ウィンスレットの熱演光る予告公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月13日 > ウッディ・アレン最新作「女と男の観覧車」、ケイト・ウィンスレットの熱演光る予告公開
メニュー

ウッディ・アレン最新作「女と男の観覧車」、ケイト・ウィンスレットの熱演光る予告公開

2018年4月13日 12:00

ジャスティン・ティンバーレイクらも出演「女と男の観覧車」

ジャスティン・ティンバーレイクらも出演
Photo by Jessica Miglio
(C) 2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウッディ・アレン監督最新作「女と男の観覧車」の予告編が、公開された。

愛を読むひと」のオスカー女優ケイト・ウィンスレット、「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」のジャスティン・ティンバーレイク、「ブラック・スキャンダル」のジュノー・テンプルが出演。1950年代、米・ニューヨークのコニーアイランドの遊園地にあるレストランでウェイトレスとして働いている元女優のジニー(ウィンスレット)が事件に巻き込まれていくさまを描く。

夫ハンプティ(ジム・ベルーシ)に隠れて、海岸で監視員のアルバイトをしているミッキー(ティンバーレイク)と不倫を続けるジニー。だが、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていたハンプティの娘・キャロライナ(テンプル)が現れたことで、運命の歯車が狂い始める。

予告編では、キャロライナが「ギャングに追われている」と泣きついてきたことから、ハンプティが半狂乱になっていくさま、やがてジニーの心身も追いつめられる姿などが描かれる。アカデミー賞撮影賞に3度輝き、「カフェ・ソサエティ」でもアレン監督とタッグを組んだビットリオ・ストラーロによるコントラストの効いた映像が、次々と転落していく登場人物たちのストーリーとギャップを生み出している。アレン監督らしい知的かつ詩的なセリフも収められ、「君は美しい。悲劇の影が宿っているけど」「自分でも、メロドラマみたいって思わない?」という観客の想像をかき立てる言葉が並ぶ。

ウィンスレットが、心に空虚を抱えたジニーを熱演しており、はかなげに砂浜を歩く姿、精神的に追い詰められ、「ほしいのはスコッチよ!」と絶叫する姿など、1人の女性の光と闇を振れ幅のある演技で表現している。

女と男の観覧車」は、6月23日から全国公開。

(映画.com速報)
カフェ・ソサエティ ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] カフェ・ソサエティ ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,027 30年代ハリウッド、2人の女と1人の男、ビタースイートでゴージャスなラブ・コメディ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi