運命の歯車が狂い始める…ウッディ・アレン最新作「女と男の観覧車」本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月11日 > 運命の歯車が狂い始める…ウッディ・アレン最新作「女と男の観覧車」本編映像公開
メニュー

運命の歯車が狂い始める…ウッディ・アレン最新作「女と男の観覧車」本編映像公開

2018年5月11日 17:00

ジャスティン・ティンバーレイクらも出演「女と男の観覧車」

ジャスティン・ティンバーレイクらも出演
Photo by Jessica Miglio
(C) 2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウッディ・アレン監督が、オスカー女優ケイト・ウィンスレットと組んだ「女と男の観覧車」の本編映像が、公開された。

舞台は1950年代、米・ニューヨークのコニーアイランドの遊園地。夫ハンプティ(ジム・ベルーシ)に隠れて、海岸で監視員のアルバイトをしているミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)と不倫を続ける元女優のウェイトレス、ジニー(ウィンスレット)。ジニーの生活は、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていたハンプティの娘・キャロライナ(ジュノー・テンプル)が現れたことから狂い始める。

本編映像は、キャロライナが、ジニーが暮らすコニーアイランドに初めて足を踏み入れる場面から始まる。業務中だったジニーは、キャロライナの突然の来訪に「ウソでしょ……。彼(ハンプティ)が驚くわ」と驚がく。華やかな遊園地を映し出したカラフルな映像と、これから始まる“事件”を予兆する不穏な雰囲気のギャップが、印象的な仕上がりとなっている。アレン監督と長年タッグを組む衣装デザイナー、スージー・ベンジンガーが本作でも衣装を手がけ、50年代のファッションの再現に力を発揮している。

本作の舞台、コニーアイランドは、アレン監督自身が幼少期に幾度も訪れたという思い出深い場所で、過去の作品にもたびたび登場する。「アニー・ホール」では、ジェットコースター“サイクロン”の音が鳴り響く家が、主人公が幼少期を過ごした場所として登場し、「ラジオ・デイズ」でも、デートシーンで使われている。

女と男の観覧車」は、6月23日から全国公開。

(映画.com速報)
ラジオ・デイズ[DVD] ラジオ・デイズ[DVD] 最安価格: ¥4,104 ラジオがまだ人々の生活の中心だった時代を舞台に、当時のアメリカのヒット曲にのせて贈るウディ・アレン監督の自伝的作品。
アニー・ホール[Blu-ray/ブルーレイ] アニー・ホール[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 人気コメディアンと歌手志望の女性との複雑な恋愛模様を描いた、ウディ・アレン監督、脚本、主演で贈るラブ・ストーリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi