サイモン・ペッグが監督デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月13日 > サイモン・ペッグが監督デビュー
メニュー

サイモン・ペッグが監督デビュー

2018年6月13日 11:00

サイモン・ペッグ「ミッション:インポッシブル フォールアウト」

サイモン・ペッグ
Photo by Jeff Spicer/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英人気俳優・脚本家のサイモン・ペッグ(「ミッション:インポッシブル」シリーズ、「レディ・プレイヤー1」)が、監督デビュー作を準備中であることがわかった。

英エンパイア誌のインタビューで明かしたところによると、ペッグが長編初メガホンをとる作品は今年11月から撮影がスタートするという。これまで多くの作品で組んできたプロデューサーのニラ・パークから昨年、初監督作として検討してはどうかと、ある脚本が送られてきたそうだ。ペッグはそれを読み、監督することを決意したとのこと。なお、ペッグは脚本の内容については、詳細を語っていない。

ペッグはこれまで「スター・トレック BEYOND」「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」「宇宙人ポール」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」「ショーン・オブ・ザ・デッド」などで共同脚本を手がけてきた。

俳優としては、マーゴット・ロビーと共演のスリラー「アニー・イン・ザ・ターミナル」が7月日本公開、トム・クルーズと共演のシリーズ最新作「ミッション:インポッシブル フォールアウト」が8月3日から日本公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • search サーチの評論 search サーチ ついに成功作が現れた、PCモニター上だけで展開する緊迫スリラー!!
  • ガンジスに還るの評論 ガンジスに還る インド流〈人生の終い方〉を確かな映画術で感性豊かな家族物語に昇華させた20代監督
  • ライ麦畑で出会ったらの評論 ライ麦畑で出会ったら 伝説のサリンジャーを探し出した高校生の、ほろ苦くも優しい青春グラフィティ
映画評論の一覧を見る
Jobnavi