【国内映画ランキング】「名探偵コナン」V6で興収80億視野! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月22日 > 【国内映画ランキング】「名探偵コナン」V6で興収80億視野!
メニュー

【国内映画ランキング】「名探偵コナン」V6で興収80億視野!

2018年5月22日 14:00

6週連続で首位!「名探偵コナン ゼロの執行人」

6週連続で首位!
(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 5月19~20日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。4本の新作がランクインしたが、「名探偵コナン ゼロの執行人」が6週連続で首位を獲得。週末2日間で観客動員16万1000人、興行収入2億1800万円を稼ぎ、公開38日間の累計動員は552万人、興収は72億円を突破した。これによりシリーズ6作連続で最高興収記録を更新。幅広い層の女性を中心に動員しており、興収80億円突破も視野に入ってきた。

新作では、「ピーターラビット」が2位に初登場。同作は、全世界で2億5000万部を超える発行部数を誇るイギリスの名作絵本をハリウッドで初めて実写映画化したエンタテインメント作品。5月18日より公開され、土日2日間で動員14万5000人、興収1億8600万円をあげた。20代から50代、60代まで幅広い層の女性を動員しており、平日やレディースデイの高稼働が期待される。興収10億円超えが見込めるスタートを切った。

3位には「のみとり侍」がランクイン。鶴橋康夫監督と阿部寛がタッグを組んだ時代劇コメディ。18日から全国327スクリーンで公開され、土日2日間で動員10万1000人、興収1億2200万円をあげた。これは2016年に公開され、最終興収15.2億円を記録した鶴橋監督の前作「後妻業の女」の興収比56.7%の成績。まずは興収10億円が当面の目標となりそうな出足となった。年配層を多く動員していることから、平日の安定した興行が期待できる。

ランペイジ 巨獣大乱闘」は4位スタート。「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で描くパニックアクションだ。18日から公開され、土日2日間で動員9万6000人、興収1億4100万円をあげ、興収では「のみとり侍」を上回っている。そして、8位には「GODZILLA 決戦機動増殖都市」がランクインした。同作は、「ゴジラ」シリーズ初のアニメ作品として製作された劇場3部作の2作目となる。

なお、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」は5位に後退したが、累計動員は224万0817人、興収は33億3968万8500円を記録。15年に公開され、最終興収32.1億円を記録した前作「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」を早くも突破している。18日に全国5都市で実施された絶叫&応援上映も大盛況となった。7位の「ラプラスの魔女」は累計動員が81万人、興収は10億円を突破した。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi