ピーターラビット

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ピーターラビット
ピーターラビット
18%
50%
25%
3%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ビアトリクス・ポターによるイギリスの名作絵本「ピーターラビット」をハリウッドで初めて実写映画化。たくさんの仲間に囲まれ、画家のビアという優しい親友もいるウサギのピーター。ある日、ビアのお隣さんとして大都会のロンドンから潔癖症のマグレガーが引っ越してくる。マグレガーの登場により、ピーターの幸せな生活は一変。動物たちを追い払いたいマグレガーとピーターの争いは日に日にエスカレートしていき、ビアをめぐる恋心も絡んで事態は大騒動に発展していく。ビア役は「ANNIE アニー」「X-MEN:アポカリプス」のローズ・バーン、マグレガー役は「スター・ウォーズ」シリーズのドーナル・グリーソン。CGで描かれるピーターの声を「ワン チャンス」「イントゥ・ザ・ウッズ」のジェームズ・コーデンが担当し、デイジー・リドリー、マーゴット・ロビーら人気俳優が声の出演で参加。「ANNIE アニー」「ステイ・フレンズ」のウィル・グラッグ監督がメガホンをとった。

2018年製作/95分/G/アメリカ
原題:Peter Rabbit
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5原作とイメージは違っても、すこぶる楽しく、あらゆる世代が一緒に楽しめる稀有な作品

2018年5月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

ベアトリクス・ポターによる原作に慣れ親しんできた人にとってみれば、本作が醸し出す情緒は、自身が想像したもの、そうであってほしいと思ったものと、かなり異なって感じられるかもしれない。筆者も最初は戸惑った口だ。ピーターラビットを観ながら脳裏に「ファニー」という言葉が浮かんで止まらなくなった。でもどうだろう。その点だけ割り切れば、本作は映画としてすこぶる楽しく、ノリ良くテンポよく、主演二人のフレッシュな演技や湖水地方の美しい景色(一部はオーストラリアで撮影したそうだが)、さらにCGと実写の融合ぶりも素晴らしいではないか。段々と自分の表情が綻んでいくことに気づく。世の中、むやみやたらと小難しい映画や、大人向け子供向けと住み分けのきっちりした映画が多い中、これは珍しいほど何の前知識もいらず、あらゆる世代が一緒になって楽しめる稀有な名作のように思えてならない。百聞は一見に如かず。まずは見てみてほしい。

コメントする
共感した! (共感した人 13 件)
牛津厚信

1.0CGのウサギの毛並みは、そりゃもう絶品な仕上がりなんですが……。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

論理がメタメタに破綻していても、外見がモフモフして可愛いというだけで、コロッと騙される人が多いのかも知れません。

あるいはウサギを飼っている人なら、この映画に、また違った感想を抱くのかも知れません。

しかしウサギに思い入れのない私にとって、この映画は、悪辣な知能を有するウサギが、ただただ人を襲い続けるというだけの、単調な、つまらない、くだらない、あきあきする、同じことの繰り返しを2時間も見せ続けられるだけの映画に過ぎませんでした。

何度も出てくる不快なセリフ。
「ここは元は動物の土地で、人間があとからやってきたのだから」うんたら、というものがあります。
こんなセリフでコロリと騙される観客もいるのでしょうね。

しかしそこで動物たちが狙うのは、人間が来る前に彼らが食べていた木の根や草ではありません。
ニンジンにしても各種果物にしても、人間が持ち込み、人間が丹精込めて育てたごちそうですよ。

ウサギが食べていた木の根や草なら、今でも周辺の広大な土地に大量に自生しています。

しかしウサギたちは、もともと自分たちの先祖が食べていた食料には興味がなく、人間がわずかな土地を囲ってその中で育てているものを、あたかも自分のものだと主張しているのです。

人間が持ち込み、人間が丹精込めて作った作物を、「奪い、盗む権利」があるとでも言うように。

そして、作物を守ろうと頑張る人間が悪だとでも言うように。

ですが良く考えてもらいたい。

そもそもこの土地に住んでいたのは、盗みを働いている動物本人ではありません。

そこを追われた動物ってのは、何十世代も前の先祖に過ぎないのです。

しかも彼らのご先祖様だって、作物なんか育てたことはありません。

そんな何十世代もあとのケダモノに、他人が丹精込めて作った努力の結晶を盗む「当然の権利」があるのでしょうか。

エセ・ヒューマニストの、二枚舌の匂いがしませんか。

考えて欲しいのです。

映画の主人公トーマス・マグレガーが勤めていたロンドン都心の百貨店「ハロッズ」に、ケルト人の子孫が現れて、そこに並んでいる商品を自由勝手に持ち去っても、「ここはもともとケルト人の土地なのだから、ケルト人にはここに並べた品物を無制限に持ち去る権利がある」と言うのでしょうか。

ケルト人には、子孫代々に至るまで、ロンドンで自由に盗みを働く権利を認めるのでしょうか。

ウサギはモフモフしていて可愛いから許すけど、ケルト人なんて会ったことがないから許さない……ということでしょうか。

二枚舌の匂い。
それも、極め付きの二枚舌です。

あるいは、アメリカインディアンの子孫に対しては、マンハッタンで自由に強盗を行う権利を認めるのでしょうか。

もしくは、隣の国で「1000年間も謝罪せよ」と言う連中に対して、あなたは謝罪し続けるのですか。

違法に核兵器を作った「人間豚」の言うがままに、何十兆円もの金を払うべきだと思うのですか。

……という話なんですよ。

論理が破綻していても、外見がモフモフしていて可愛いというだけで、多くの人がコロッと騙されてしまう。

そんな貴重な事例の教材として考えるべきなのかも知れませんが……。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

3.0ケンカするほど、好きになる。

としさん
2020年5月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2020年5月24日

映画 #ピーターラビット (2018年)鑑賞

#ビアトリクス・ポター の名作をCGと実写で映画化したコメディ・アドベンチャー

しかし、ウサギ達がハリウッド風にやんちゃになっているのが納得できなかった

湖水地方は本当にキレイな場所だが、それも活かせていない、残念な映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

3.5知らなかった。

2020年4月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

めっちゃ面白い!
知りませんでした。
コロナでずっと家の中。
そんな時は家族で映画。
子どもも大人も大爆笑でした。

まず動物がみんな可愛いし、
ホームアローンとかトイストーリー好きは
みんな好きだと思います。

僕はニワトリとブタがお気に入りです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
奥嶋ひろまさ
すべての映画レビューを見る(全176件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ピーターラビット」シリーズ関連作品