ピーターラビット

劇場公開日:

ピーターラビット

解説

ビアトリクス・ポターによるイギリスの名作絵本「ピーターラビット」をハリウッドで初めて実写映画化。たくさんの仲間に囲まれ、画家のビアという優しい親友もいるウサギのピーター。ある日、ビアのお隣さんとして大都会のロンドンから潔癖症のマグレガーが引っ越してくる。マグレガーの登場により、ピーターの幸せな生活は一変。動物たちを追い払いたいマグレガーとピーターの争いは日に日にエスカレートしていき、ビアをめぐる恋心も絡んで事態は大騒動に発展していく。ビア役は「ANNIE アニー」「X-MEN:アポカリプス」のローズ・バーン、マグレガー役は「スター・ウォーズ」シリーズのドーナル・グリーソン。CGで描かれるピーターの声を「ワン チャンス」「イントゥ・ザ・ウッズ」のジェームズ・コーデンが担当し、デイジー・リドリー、マーゴット・ロビーら人気俳優が声の出演で参加。「ANNIE アニー」「ステイ・フレンズ」のウィル・グラッグ監督がメガホンをとった。

2018年製作/95分/G/アメリカ
原題:Peter Rabbit
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5原作とイメージは違っても、すこぶる楽しく、あらゆる世代が一緒に楽しめる稀有な作品

2018年5月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

ベアトリクス・ポターによる原作に慣れ親しんできた人にとってみれば、本作が醸し出す情緒は、自身が想像したもの、そうであってほしいと思ったものと、かなり異なって感じられるかもしれない。筆者も最初は戸惑った口だ。ピーターラビットを観ながら脳裏に「ファニー」という言葉が浮かんで止まらなくなった。でもどうだろう。その点だけ割り切れば、本作は映画としてすこぶる楽しく、ノリ良くテンポよく、主演二人のフレッシュな演技や湖水地方の美しい景色(一部はオーストラリアで撮影したそうだが)、さらにCGと実写の融合ぶりも素晴らしいではないか。段々と自分の表情が綻んでいくことに気づく。世の中、むやみやたらと小難しい映画や、大人向け子供向けと住み分けのきっちりした映画が多い中、これは珍しいほど何の前知識もいらず、あらゆる世代が一緒になって楽しめる稀有な名作のように思えてならない。百聞は一見に如かず。まずは見てみてほしい。

コメントする
共感した! (共感した人 14 件)
牛津厚信

4.0よもやの三角関係恋愛バトル!

N.riverさん
2022年8月13日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

同様に有名なイギリス発のキャラクター
クマの「パディントン」風を想定して挑むも違った。
まさかの原作者を奪い合う、異種格エンドロールに闘恋愛バトル? ものだとは。

その容赦ない様はトムとジェリーを思い起こさせ
それでいてゆったり楽しめるイギリスの田舎風景は美しく
牧歌的雰囲気に「ベイブ」を重ね合わせてみたり。
のみならず、ロンドンの町並も出てくる本編。
全編通してふりかえれば、まるでイギリスのプロモーション映画のようでもあり
まんまとはまって、やっぱり一度はイングランドへ旅してみたい、
なんてエンドロールに思う始末。

絵本に親しむお子様向けというよりも
児童書世代なら大ウケしそうな、やんちゃな描写に
大人も子供へかえって素直に大笑い。
ピーターラビットってこんな世界観だっけ?
思うも、それはそれ、これはこれだ。
湿っぽさゼロで、カラっと伸びやかに楽しみたいならうってつけかも。

なんとなく日本の「カチカチ山」を思い起こさせる、
やや過激がウケる児童書の映画版か。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
N.river

5.0あのおてんば娘が

2022年6月11日
iPhoneアプリから投稿

しっかりロビー活動しよるとみえらい

うさぎいっぱいおったな、毒ガス島に、ランド的に可愛かった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミスター

3.5世界で一番有名な ウ・サ・ギ

LaLaさん
2022年2月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

それは、100年以上前のイギリス
ヴィクトリア女王時代に誕生した
世界で一番有名なウサギ
『ピーターラビット』

ロンドン生まれの作者
ビクトリアス・ポターの作品。

『ピーターラビットと仲間達』
イギリスでも、大変美しい自然が残る
湖水地方の風景と
いきいきしたキャラクター達の行動が
絵本の中に拡がっています。

映画化され 嬉しかったです。
確か、吹替で鑑賞。

キャラクター達が、スクリーンいっぱいに
元気に飛び跳ねる姿に元気をもらえますよ。

可愛い表情を見ているだけで
優しい気分になれます。
しかし、とんでもなく ハチャメチャでございます。
リアルな動きが凄くて、面白かったです。
なんと、ロンドンの
老舗高級デパート「ハロッズ」内で
撮影されたというシーンもあります。

云十年前に、ロンドン旅行で
「ハロッズ」に行きました(^^ゞ
イメージキャラの大きななクマちゃんと
記念撮影もでき、懐かしい想い出です。

俳優の千葉雄大さんのピーター吹替も
とても良かったです。
続編は、まだ観ていません(^▽^;)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
LaLa
すべての映画レビューを見る(全211件)