健太郎×甲斐翔真×若林時英「覚悟はいいかそこの女子。」参戦!ドラマ化も決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月19日 > 健太郎×甲斐翔真×若林時英「覚悟はいいかそこの女子。」参戦!ドラマ化も決定
メニュー

健太郎×甲斐翔真×若林時英「覚悟はいいかそこの女子。」参戦!ドラマ化も決定

2018年5月19日 12:00

主演・中川大志の幼馴染み役に!「覚悟はいいかそこの女子。」

主演・中川大志の幼馴染み役に!
(C)椎葉ナナ/集英社
(C)2018映画「覚悟はいいか
そこの女子。」製作委員会
(C)2018ドラマ「覚悟はいいか
そこの女子。」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中川大志の主演で、椎葉ナナ氏の人気漫画を映画化する「覚悟はいいかそこの女子。」の追加キャストが発表され、「デメキン」の健太郎、「仮面ライダーエグゼイド」の仮面ライダーパラドクス(パラド)役で注目を集めた甲斐翔真、「ソロモンの偽証」(2部作)の若林時英が出演することが決定。中川扮する“愛されイケメン”古谷斗和の同級生かつ幼馴染みの3人を演じる。

女性に囲まれてチヤホヤされながら育った斗和は、自分はモテると思っていたが、実は交際経験ゼロで、同級生から「所詮、お前は観賞用男子だ」と指摘される。悔しさのあまり「彼女作ります宣言」をして、学年一番人気の女子・三輪美苑に告白するも、あえなく撃沈。それでもめげずにアプローチを続けるなかで、斗和は美苑の優しさを知り、本気の恋に落ちていく。

ルームロンダリング」(7月7日公開)、「コーヒーが冷めないうちに」(9月21日公開)、「ういらぶ。」(11月公開)も控える健太郎は、データ至上主義で黒縁メガネが特徴的な奥手男子・新見律(にいみ・りつ)役に挑戦した。「(律は)4人の中で一番物事を客観視できていて、タブレットを取り出してデータを調べたり、自分の意見をしっかりと言えるキャラクター」と分析しつつ「でも、高校生男子のおバカな部分も持っているので、その混在を演じるのはとても楽しかったです」と告白。メガホンをとった井口昇監督とは「仲の良い4人組の空気を大事にしよう」と話し合ったようで「実際に皆とても仲が良く、常に笑っている楽しい現場でした。それがお芝居にも反映できたのが良かったです」と語っている。

明るくお調子者でモテることに貪欲な男子・澤田惟智也(さわだ・いちや)に扮した甲斐は「演じる上では、かっこ良くなく、モテない設定を大事にしながら、様々なチャレンジをしていきました」と振り返り「この作品は『恋愛の青春』と『友情の青春』の2つの青春がしっかり描かれているので、両方に注目して頂ければと思います」とアピール。若林が演じたのは、原作には登場しないオリジナルキャラクター・久瀬龍生(くぜ・りゅうせい)。いじられキャラで仲間たちに愛されているが、マイナス思考で“不吉なこと”を見つけるとつい物事を悪い方向に考えてしまう人物だ。「原作にある空気感を壊さずに存在できるよう演じてみました」「この作品はご覧になった方に、『バカからあふれ出す元気』みたいなものが伝わればいいなと思っております」とコメントを寄せている。

また、映画の公開に先駆けて、テレビドラマ化することもわかった。映画の“エピソード・ゼロ”ともいえるストーリーを描くドラマ版では、全5話の各話ごとにゲストが登場。主人公の斗和を始めとする“ヘタレ男子達”が、学園中で巻き起こる様々な恋に巻き込まれていく。

覚悟はいいかそこの女子。」は、10月12日から全国公開。全5話のテレビドラマ版は、MBS・TBSのドラマイズム枠で6月スタート。MBSは6月24日から毎週日曜深夜0時50分、TBSは6月26日より毎週火曜深夜1時28分に放送開始。初回のみ、MBSが深夜2時10分、TBSが深夜1時35分に放送が始まる。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi