“ヘタレ男子”中川大志が初彼女獲得に奮闘!「覚悟はいいかそこの女子。」映画化決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月20日 > “ヘタレ男子”中川大志が初彼女獲得に奮闘!「覚悟はいいかそこの女子。」映画化決定
メニュー

“ヘタレ男子”中川大志が初彼女獲得に奮闘!「覚悟はいいかそこの女子。」映画化決定

2018年4月20日 06:00

中川大志が恋愛経験ゼロのヘタレ男子に「覚悟はいいかそこの女子。」

中川大志が恋愛経験ゼロのヘタレ男子に
(C)2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]椎葉ナナ氏による漫画「覚悟はいいかそこの女子。」が、中川大志の主演で実写映画化されることが決定した。若手イケメン俳優として人気の中川は、恋愛経験ゼロの“超絶ヘタレ男子”という、異色の役どころに挑戦。「片腕マシンガール」などで知られる鬼才・井口昇監督がメガホンをとり、10月12日から公開される。

原作漫画「覚悟はいいかそこの女子。」は、女性に囲まれて育った“愛されイケメン”古谷斗和(ふるや・とわ)が主人公。女性からチヤホヤされている斗和は、自分はモテると思っていたが、実は交際経験ゼロで、同級生から「所詮、お前は観賞用男子だ」と指摘される。悔しさのあまり「彼女作ります宣言」をすると、早速、学年一番人気の女子・三輪美苑(みわ・みその)に告白するも、あえなく撃沈。それでもめげずにアプローチを続けるなかで、斗和は美苑の優しさを知り、本気の恋に落ちていく。

「ヘタレな役柄は前から演じてみたかった」という中川。斗和を演じるうえで「まっすぐさ、ピュアさ、ヘタレさが良い塩梅で出せるように意識しました」と明かし、「斗和をどこまで崩して良いものなのか、そこのさじ加減が難しかったです」と役作りを振り返る。さらに「僕自身も、虫も、高い所も、お化けも、全部嫌い。怖いものが多いヘタレです」と、自身もヘタレ男子であることを告白。また自身の恋愛観を「一度フラれても、好きな気持ちが無くならない限りは、諦めないと思います」と話し、美苑にアプローチを続ける斗和に共感を寄せている。


椎葉ナナ氏の人気漫画が原作「覚悟はいいかそこの女子。」

椎葉ナナ氏の人気漫画が原作
(C)椎葉ナナ/集英社
[拡大画像]

本作は、中川にとって10代最後の主演映画となる。作品に込めた思いを「10代のエネルギーだったり、キャラクターとの実年齢が近い分表現出来る、等身大の部分を大事に演じました」と述懐。そのうえで、「20歳になったら、より一層、大人として、1人の人間として自分がどう生きて、どう進んで行きたいのかを自分の中で明確にして、責任を持っていろんなことに取り組んでいきたいです」と語っている。

また木村元子プロデューサーは、中川の起用理由について「昨年『きょうのキラ君』という映画でご一緒しました。イメージ通り演技の時にはものすごくイケメンでとにかく真面目な俳優さん。しかし、1つ大きく予測と違ったのが“ヘタレ”な部分です(笑)。仕事を離れたときにイケメンなことを本人が全く意識していないヘタレっぷりが面白くて、この役をオファーすることになりました」と明かしている。

覚悟はいいかそこの女子。」は、10月12日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi