小関裕太、後輩・甲斐翔真の司会で映画への思い入れ語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月11日 > 小関裕太、後輩・甲斐翔真の司会で映画への思い入れ語る
メニュー

小関裕太、後輩・甲斐翔真の司会で映画への思い入れ語る

2018年2月11日 13:00

舞台挨拶に立った小関裕太「曇天に笑う」

舞台挨拶に立った小関裕太
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 小関裕太が主演する映画「Drawing Days」が2月10日、「さぬき映画祭2018」が開催されている高松市の情報通信交流館e-とぴあ・かがわで上映され、同じ事務所の後輩・甲斐翔真の司会の下、小関が舞台挨拶に立った。

デビュー作「小川町セレナーデ」で新藤兼人賞銀賞を受賞した原桂之介監督が、小関を主演に描くヒューマンドラマ。家賃の更新料に困っていた19歳の青年が、勤務先の社長の紹介で、60歳の女性(根岸季衣)との共同生活を始めるという物語。ほかに、古舘寛治須藤理彩が共演した。2015年6月、20歳のスペシャルイベントで披露され、その後、劇場でも公開された。

司会初挑戦の甲斐が小関を招き入れると、満席の会場からは黄色い歓声が。小関は「後輩の翔真君と一緒の舞台に立って、不思議な感じがします。さぬき映画祭は初めてです。先ほど別の場所で、本広克行監督の『曇天に笑う』の舞台挨拶をやってきたのですが、(こちらは)また違った雰囲気。壇が低くて、客席も近い。うちわを持ってきてくださる方もたくさんいて、アットホームな感じがします」と第一声をあげた。


小関裕太と後輩の甲斐翔真「曇天に笑う」

小関裕太と後輩の甲斐翔真
[拡大画像]

さらに、今作について「すごく思い入れのある作品。4年前、20歳を迎えるにあたって、ひとつ大きなことをしたいと思ったのがきっかけ。新幹線の中で、マネジャーさんから『20歳のイベント、何がしたい?』と聞かれたので、『映画を作ってみたい』と言った。ちょうど単発のドラマの打ち上げの席で、スタッフさんが映画を作りたいと言っていたのを聞いて、『僕も作りたいと思っていたんです』と言い、広がっていった」と明かした。

甲斐が「19歳にして、しっかりしていますね?」と言うと、「つい最近、20歳になったばかりの翔真を前に、この映画の話ができるなんて、うれしく思うよ」と小関。先輩を前に、堂々とした司会ぶりでリードする甲斐は「映画では絵を描くシーンも出てきますが、得意なんですか?」と質問。小関は「物語がまったくないところからスタートする中、監督さんの中で膨らんでいった。主題歌も高橋優さんに手紙を書いて、OKをもらった。この映画の話なら、30時間くらいできるよ」と話していた。

「さぬき映画祭2018」は、2月12日まで開催される。

(映画.com速報)
小川町セレナーデ[DVD] 小川町セレナーデ[DVD] 最安価格: ¥2,462 とあるスナックを舞台に、シングルマザーのママや彼女の娘の父親であるオカマダンサーら、個性的な人々が繰りひろげる人間模様を描いたハートウォーミングドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi