ライアン・ジョンソン監督、ノベライズ版「最後のジェダイ」のために新場面を執筆 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月11日 > ライアン・ジョンソン監督、ノベライズ版「最後のジェダイ」のために新場面を執筆
メニュー

ライアン・ジョンソン監督、ノベライズ版「最後のジェダイ」のために新場面を執筆

2018年2月11日 14:30

ライアン・ジョンソン監督「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」

ライアン・ジョンソン監督
Photo by Ben A. Pruchnie/Getty Images for Walt Disney Studios
[拡大画像]

[映画.com ニュース]今年3月に全米発売されるノベライズ版「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のために、ライアン・ジョンソン監督が新たなシーンを執筆したことが明らかになった。

YouTubeの「スター・ウォーズ」公式チャンネルのオリジナル番組「ザ・スター・ウォーズ・ショー」に登場したジョンソン監督は、小説版のために作家ジェイソン・フライと共同で新シーンを執筆したと告白。「映画では必ずしも盛り込むことができない要素も、小説版には入れることができます」と、本編でカットされたシーンをノベライズ版に盛り込んでいることを明らかにした。

気になるのは内容だが、ノベライズ版を執筆したフライは「ハン・ソロの葬式や、ローズ(ケリー・マリー・トラン)とペイジの一緒の場面、(カジノ都市)カント・バイトという魅惑的な星を掘りさげています」とコメントしている。

ノベライズ版「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」は、米出版社デル・レイから3月6日に発売。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi