桐山漣はミュージシャン&杉野希妃は宝塚歌劇団を志望していた!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月11日 > 桐山漣はミュージシャン&杉野希妃は宝塚歌劇団を志望していた!?
メニュー

桐山漣はミュージシャン&杉野希妃は宝塚歌劇団を志望していた!?

2018年2月11日 17:45

舞台挨拶を盛り上げた 桐山漣、杉野希妃、升毅「群青色の、とおり道」

舞台挨拶を盛り上げた
桐山漣、杉野希妃、升毅
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 佐々部清監督がメガホンをとった「群青色の、とおり道」が2月11日、香川県で開催中の「さぬき映画祭2018」で上映された。主演の桐山漣、共演の杉野希妃升毅は、イオンシネマ宇多津での舞台挨拶に臨んだ。

同作は、先行公開された群馬で15週間のロングランを経て、2015年7月11日に全国で公開。勘当同然に家を飛び出し、ミュージシャンを目指して上京した佳幸が10年ぶりに群馬へ帰郷する。変わらぬ友情で迎えてくれる同級生たち、10年分の年齢を重ねた家族、そして自分。音楽への未練を残しつつ、これからを模索する姿を描いた。

桐山と杉野は、長回しで道を歩き続けるシーンを撮影したときのことを述懐。桐山が「途中で手をつないだっけ。僕たちの声はマイクで拾われていなかったんだよね」と話すと、杉野も「変なことばかりしゃべっていたよね」と同調する。何かを思い出したかのような面持ちを浮かべた桐山は、「『あと30秒くらいしてカットがかからなかったら、チューでもしてみる?』みたいなことも言ったね。そうしたら、すぐに『カット! カット!』って遠くから大声が聞こえてきた」と明かし、場内の笑いを誘った。

また、ミュージシャンを夢見て故郷を飛び出す佳幸に扮した桐山は「僕も本当はミュージシャンになりたかったんですよ。ベースをやっていて。役者になることには賛成してくれた家族ですが、その時は『ミュージシャンなんて!』って反対されましたねえ」と意外な事実を吐露。さらに、「やってみないことには分からないじゃないか! と思ったんですが、ミュージシャンで食っていくのは大変なことだと早めに気づいたんですよ」と語り、柔和な笑みを浮かべた。一方の杉野も、「私も当初は宝塚(歌劇団)へ行きたかったんですが、親に反対されて進学しました。ただ、途中から映画に出たい! という思いが沸いてきて。その時は応援してくれましたね。父は私の映画を見て泣くんですが、母からはダメ出しばかりです。いつか母を泣かせたいですねえ」と打ち明けていた。

「さぬき映画祭2018」は、2月12日まで開催。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi