“あの事件”で撮影中止の「青の帰り道」 監督&プロデューサーが語る、完成までの道のり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月15日 > “あの事件”で撮影中止の「青の帰り道」 監督&プロデューサーが語る、完成までの道のり
メニュー

“あの事件”で撮影中止の「青の帰り道」 監督&プロデューサーが語る、完成までの道のり

2018年5月15日 06:00

監督&Pが完成に至るまでの苦労を赤裸々告白「青の帰り道」

監督&Pが完成に至るまでの苦労を赤裸々告白
(C)映画「青の帰り道」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 真野恵里菜が主演した青春映画「青の帰り道」が、紆余曲折を経て完成した。2016年8月、世間の話題をさらうこととなった高畑裕太の引き起こした“事件”により、撮影中止を余儀なくされた作品だ。あれから約2年。スタッフ・キャストが交わした「絶対に撮り直す」という約束が結実し、17年夏の再撮影を無事に終え、ついに今冬に公開を迎える。メガホンをとった藤井道人監督と、同監督を大学時代から知る伊藤主税プロデューサーが映画.comの取材に応じ、悲願成就に至る道のりを語った。

物語は群馬・前橋と東京を舞台にした、7人の若者たちの青春群像劇。地元に残った者、夢を追って上京した者、過去の思いを胸に抱きながら新しい未来へ進み、それぞれの人生が交錯する夏を描いた。山田孝之プロデュースの映画「デイアンドナイト」の公開を控える新鋭・藤井監督が手がけ、キャストには真野のほか清水くるみ横浜流星森永悠希秋月三佳冨田佳輔ら、瑞々しい魅力を放つ若手注目株が共演していた。

16年8月に前橋を中心にロケが行われていたが、同23日に事件は起きた。出演者の高畑がホテルの女性従業員に性的暴行を加えたとして、強姦致傷容疑で逮捕。後に示談が成立し不起訴処分となったものの、事件発生後1週間以内に撮影中止が決まった。その時点で、すでに全体の7割ほどを撮り終えたタイミングだった。

藤井監督は「報道があったときから、家から出られなくなったんです。8月23日から9月1日まで、一歩も外に出なかった。テレビを見ることも嫌でした」と沈痛な面持ちで振り返る。当時を思い返すたび、やはり胸が痛んだ。「その時期、アホくさい話ですが、(その時点では)絶対に公開できないとわかっている映像の編集を仕上げたんです。みんなに『良いものが撮れていたんだよ』と見せたくて」。

伊藤氏は「事件が起こり中止が決まったその日に、藤井監督と2人で話しました。『この映画は、夏じゃないと撮れない。来年、絶対に撮り直そう』。そう約束しました」と明かす。とはいえ、代役を含むキャスト・スタッフの再手配や予算、各所への信用の問題など、直面した壁は途方もなく高かった。

先行きの見えない暗澹たる状況下で、「絶対に撮り切る」という強い思いが2人を支えた。撮影はストップしたが、再始動に向けキャスト陣の大きな協力もあった。藤井監督は「キャスト・マネージャーさん一同、『その年の夏は絶対にスケジュールを空けますから』と言ってくれたんです」と感謝をにじませる。再撮影への決起集会が実施された際には、真野らキャスト陣は涙に暮れた。

数多くの作品で抜群の存在感を見せる若手人気俳優・戸塚純貴を代役に起用し、17年8月4日、前橋で撮影再開。現場が週刊誌の標的となることもあったが、全員で乗り切り同13日に悲願のオールアップを迎えた。「再撮影ができた一番の要因は、監督を中心としたキャスト・スタッフの『撮り切る』という気持ち。製作委員会の方々も『なんとか、撮ってくれ!』と言ってくださっていて。本当に純粋な気持ちが原動力でした。そして監督やメインキャスト7人が、友情で支え合ってきたんです。だからこそ完成したと思っています」(伊藤氏)。

2人の口からは、ここまでたどり着いたことへの喜びが、とめどもなくあふれ出る。藤井監督は「この2年、異常に長かった。嬉しい気持ちが一番ですが、正直、みんなで頑張ったものを見てもらいたい半分、高揚感としての緊張もすごくあります。ただ、僕が10回見て、10回『良い映画だ』と思った。僕が好きな映画になったことを、誇りに思います」と率直に明かし、伊藤氏も「監督やスタッフ、キャスト、製作委員会、前橋の方々の思い……。素直にホッとしています。公開まで日にちはありますが、少しだけ、肩の荷がおりました」と表情をほころばせる。

5月29日~6月3日(現地時間)にドイツ・フランクフルトで開催される日本映画専門の映画祭「ニッポン・コネクション」への出品も決まった。同じく出品された、第41回日本アカデミー賞で6冠を達成した是枝裕和監督作「三度目の殺人」や、東京五輪開会式・閉会式の演出を担う山崎貴監督による「DESTINY 鎌倉ものがたり」など、錚々たる作品と肩を並べる。鬱屈した悲しみを抱え、胸を引き裂かれながら映像を編集していた2年前の“あの日”には、およそ考えもつかない劇的なシナリオだ。

藤井監督「感謝しかないんです。昔は、なんでもいいから結果や、映画の仕事がほしかった。でもこの映画から、1本のために人が集まるという大切さや奇跡を学びました。あれから、何もかも無駄にしなくなりました。点の意味や、ここに光をなぜ当てるかなど、どれだけ尊いことをやっていたかを、改めて実感できたんです。今後の監督人生が、このキャスト・スタッフと一緒に変わっていければ。完成した初号を見て、そう思いました」

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi