山田孝之、次世代俳優からのプレッシャーは「超嬉しい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月4日 > 山田孝之、次世代俳優からのプレッシャーは「超嬉しい」
メニュー

山田孝之、次世代俳優からのプレッシャーは「超嬉しい」

2018年2月4日 21:30

登壇した山田孝之ら

登壇した山田孝之ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 実業家の堀江貴文氏とクラウドファンディング「CAMPFIRE」がタッグを組んだ「ホリエモン万博 CAMPFIRE映画祭」が2月4日、東京・ベルサール六本木で行われ、堀江氏をはじめ、俳優の山田孝之阿部進之介、「CAMPFIRE」の代表取締役・家入一真氏、映画コメンテーターの有村昆、「and pictures」代表の伊藤主税氏が出席した。

同映画祭は、クラウドファンディングで資金調達に成功したクリエイター4人が、映画企画のプレゼンを行うコンペティションからスタート。ある女子高生が鉄道模型甲子園を目指す実話を基にした「ジオラマガール」(吉永篤史監督)、北海道を舞台にした父娘の物語を、映画と演劇という異なる手法で紡ぐ2部構成の「ポゾラン」(小林望監督)、“許される殺人”をテーマにした「ロリさつ」の続編を短縮版として描く「ロリさつ・10才」(増井公二監督)、P2Pファイル共有ソフトを開発したエンジニア・故金子勇さんが逮捕、起訴、無罪に至るまでの軌跡を映画化する「Winny」(古橋智史監督)がラインナップされ、山田らは予定の時間を越えて、白熱の議論を交わした。

見事栄冠を獲得したのは「Winny」。「単純に見たいと思いました」と口火を切った阿部は「満場一致で見たいという意見でしたし、色々な可能性がある」と絶賛すると、山田はその言葉に同調しながらも「難しそうだなとも。かなりリサーチをしないといけないと思います」と意見を述べた。さらに伊藤氏の「脚本をしっかりつくって、焦らずにやってほしい」と発言を補足するように「全く題材が違うんですけど、方向性がかなり近いプロデュース作品を企画しているんです。だからこそ共感するところも。僕らは2020年を目標にして、製作しようとしています」と語っていた。

トークショーでは、山田、阿部、伊藤氏、堀江氏が登壇。山田が「そもそもホリエモン万博をやろうと思ったきっかけは?」と尋ねると、堀江氏はお笑いコンビ「エレキコミック」のやついいちろうが主催する「YATSUI FESTIVAL!」へのゲスト出演がきっかけになったことを明かした。「既にある設備を使用しつつ、街を活性化させ、周囲の飲食店にお金を落とすという構造がとてもいいなと。やつい君が渋谷なら、俺は六本木だろうと思って(笑)」と告白すると、山田は「実は全く同じようなことをやろうとしていたんです。色んな人にも声をかけてはいたんですが、今は時間がかかりすぎるかなと。今日は賛同の意味も含めて、ここに来ているんです」と切り返していた。

山田、阿部、伊藤氏がタッグを組んだ役者応援プラットホーム「ミラーライアー」の話題が飛び出すと、堀江氏は「(山田と阿部は)売れている役者じゃないですか? 凄い新人が出てくることに対して恐怖心はあるんですか?」と疑問を呈した。すると山田は新人が活躍することについて「超嬉しい」と前置きしながら、「『ミラーライアー』を立ち上げたのは、今俳優が少なすぎると思ったからなんです。そもそも僕がこんなに忙しいこと自体おかしい」と答えて、場を盛り上げた。

そして「どんどん魅力的な人が出てくるべきだと思いますし、今活躍している方々はスキルアップを目指すべきだと感じています。(俳優の)絶対数を増やしたい」と熱弁した山田。一方、阿部は「(俳優の世界で)淘汰されたのなら、それまでなのかなとも。自分も良い危機感が持てる。どっちみち努力を続けないといけないですから」と思いの丈を述べていた。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi