ワインスタイン社、ランタン・キャピタルへの売却決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月10日 > ワインスタイン社、ランタン・キャピタルへの売却決定
メニュー

ワインスタイン社、ランタン・キャピタルへの売却決定

2018年5月10日 11:00

ハーベイ・ワインスタイン「ヘイトフル・エイト」

ハーベイ・ワインスタイン
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 共同設立者であるハーベイ・ワインスタインのセクハラ騒動により破産に追い込まれた米製作会社ワインスタイン・カンパニーが、ダラスに拠点を置く投資会社ランタン・キャピタル・パートナーズに売却されることが正式に決定した。

セクハラ騒動が勃発する以前から巨額の負債を抱えていたワインスタイン・カンパニーは今年3月、米連邦破産法11条を申請。ミラマックスやライオンズゲート、ブロードウェイのベテランプロデューサー、ハワード・ケーガン率いるインクルージョン・メディアなど、多数の製作会社参加のもと、競売で争奪戦が繰り広げられてきた。デラウェア州米連邦破産裁判所は5月8日(現地時間)、ランタン・キャピタルが提示した「3億1000万ドルを現金で支払うとともに、1億2500万ドル分の負債を引き受ける」というオファーが債権者にとって最も望ましいとして、同社への売却を承認するに至った。

ちなみにワインスタイン・カンパニーによる破産申請後、メリル・ストリープジョージ・クルーニージェニファー・ローレンスレオナルド・ディカプリオら名だたるハリウッドスターに加え、クエンティン・タランティーノケビン・スミスら多数のフィルムメーカーが、同社からの未払い金返済を求めて破産申請の差し止めを訴えている。

米Deadlineによれば、「プラネット・テラー in グラインドハウス」「イングロリアス・バスターズ」「ジャンゴ 繋がれざる者」「ヘイトフル・エイト」の4本でメガホンをとったタランティーノ監督が、これら4作品合わせて約4600万ドル(約50億円)が依然支払われていないとして、同社の売却を見合わせるよう米連邦破産裁判所に訴え出ているほか、ストリープは同社製作の映画「8月の家族たち」と「ギヴァー 記憶を注ぐ者」に出演した際のギャラのうち約17万ドル(約1860万円)が未払いであるとして、会計書類の徹底した調査およびその結果に基づく正当な支払いを要求している。

(映画.com速報)
イングロリアス・バスターズ[Blu-ray/ブルーレイ] イングロリアス・バスターズ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 クエンティン・タランティーノ監督×ブラッド・ピット主演で放つ戦争アクション!
ジャンゴ 繋がれざる者[Blu-ray/ブルーレイ] ジャンゴ 繋がれざる者[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 タランティーノ監督と豪華キャストがおくる、迫力のバイオレンスアクション作品!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi