プラネット・テラー in グラインドハウス

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
プラネット・テラー in グラインドハウス
19%
42%
32%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「デスペラード」「シン・シティ」のロバート・ロドリゲス監督が、凶暴なゾンビ軍団に立ち向かう美女たちの活躍をB級テイストたっぷりに描いたホラー・アクション。米軍部隊長マルドゥーンが密かに取引していた生物化学兵器のガスが街中に蔓延。人々は恐ろしいゾンビと化してしまう。ゾンビに片脚を奪われたゴーゴーダンサーのチェリーは、失った脚にマシンガンを装着。女医のダコタもまた、注射針を武器にゾンビたちと死闘を繰り広げる。

2007年製作/105分/R15+/アメリカ
原題:Planet Terror
配給:ブロードメディア・スタジオ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • カリスマ
  • クリーピー 偽りの隣人
  • BULLET BALLET バレット・バレエ
  • 46億年の恋
  • 喰女 -クイメ-
  • 忠臣蔵外伝 四谷怪談
  • 魔性の夏 四谷怪談より
  • 吸血鬼ゴケミドロ
  • 稲川淳二の怪談冬フェス~幽宴~『おまえら行くな。』×『稲川淳二怪談』
  • 稲川淳二の怪談冬フェス~幽宴~怪談最恐戦 「怪凰」 決定戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2007 The Weinstein Company

映画レビュー

3.5くだらねぇ笑

2020年8月31日
iPhoneアプリから投稿

B級映画への愛情がこもった作品。
チープで話が進むにつれ雑になり、急に飛ぶ展開。
エルレイは結局何者やねん笑?
ただ、出演者はちょっと豪華じゃないかな?

タランティーノのデスプルーフもだけど、それぞれ監督の持ち味が活かせてて良かったんじゃないすか(適当)。

マチェーテ面白そうだなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いたかわ

4.0レシピ泥棒はゾンビ?

kossyさん
2020年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 グラインドハウスのB級映画2本立てのもう1本はロバート・ロドリゲス監督。ゾンビと書いてしまったけど、正確にはゾンビじゃなく感染者“シッコ”(面倒なのでゾンビと表記)。生物化学兵器を開発した科学者が軍のブルース・ウィリス(なぜ彼が?)と取り引きしようとしていたとき、殺されそうになったので細菌をぶちまけてしまった・・・皮膚は水泡状に膨れ上がるし、最後には溶け出してしまう。人肉が喰いたいのか、人々を襲い出す・・・て、ゾンビと一緒やん!

 このグロさと凶暴さ以外にも登場人物が変わり者ばかりなことも特筆すべきなのでしょうか。片脚を喰われた最強ヒロインのチェリー(ローズ・マッゴーワン)のマシンガン脚もエロカッコイイし、その恋人のレイ(フレディ・ロドリゲス)も何者なのかわからないのにカッコイイ。彼に銃を持たせたくない意固地ぷりを発揮するマイケル・ビーン保安官も、指輪をはめられなくなったトム・サヴィーニもいい。下半身が腐り落ちても襲おうとするレイプ魔1(タランティーノ)も・・・

 しかし、一押しはソースにこだわるBAR_B_QのJT(ジェフ・ヘイヒー)でしょう。隠し味には汗も涙も入ってるのに、もう一つ足りないものが判明するし・・・その他には、『デスプルーフ』にも出演していた医師マーリー・シェルトンの麻酔3本セットがお気に入り。その息子(ロドリゲスの息子)がタランチュラ、サソリ、亀を可愛がってることも・・・

 おおまかなプロットは典型的なゾンビスタイルなので、脚本ではタランティーノに負けるのかもしれないけど、ユニークなキャラクターやわけのわからないグロさは勝っている。balls集めがなぜ細菌兵器に必要なのか・・・解毒剤の存在も考えずに騙され続ける軍人たちとか。一番の謎はヒロインの武器がなぜ脚に?といったことなのでしょう。百鬼丸やコブラ(寺沢)やサイボーグ004よりも扱うのが難しそうです。

 Special Thanks to にはやはりジョン・カーペンターの名前が・・・

【2007年9月映画館にて】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0バカ映画と割り切って爆笑するのが最善か。

なおさん
2020年3月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

途中は1リール分焼けちゃったってことなのか。ちゃんとメンテしとけや。
豪華な悪ふざけを楽しめるかどうか。メタネタは好きだが。うーん、マシンガンをもうちょっと活躍させてればねえ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
なお

1.5おいおい

REpowerさん
2020年1月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

これが本当に2007年の映画なのか!?と、言うほどB級過ぎる映画。

ゾンビ映画としても、レベル低すぎ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
REpower
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「グラインドハウス」シリーズ関連作品