デス・プルーフ in グラインドハウス

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
デス・プルーフ in グラインドハウス
25%
50%
21%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

鬼才Q・タランティーノ監督が、殺人鬼とセクシー美女軍団の激闘をカーアクション満載で描いたスラッシャー・ムービー。テキサスの人気女性DJジャングル・ジュリアは、女友達と一緒にお気に入りのバーを訪れる。しかし彼女たちの背後には、車を凶器に美女を狙う恐ろしい殺人鬼スタントマン・マイクが忍び寄っていた。それから14カ月後、今度はスタントウーマンのゾーイたちがマイクの標的となるが……。

2007年製作/113分/R15+/アメリカ
原題:Death Proof
配給:ブロードメディア・スタジオ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • クリーピー 偽りの隣人
  • 招かれざる隣人
  • ロスト・フロア
  • ライアー・ハウス
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • 恐怖ノ白魔人
  • 恐怖ノ黒鉄扉
  • ABC・オブ・デス
  • ABC・オブ・デス2
  • メキシコ・オブ・デス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0タランティーノ

R♪さん
2020年9月5日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
R♪

2.0この映画の良さがわかりません

2020年8月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

映画館で見たものだから、結構衝撃でした、いっしょに連れてった女性にも申し訳なさが残りました。
ラストが痛快とかいう人がいますが、途中のこの種のB級エログロ描写はもうたくさんという感じ、あえてそういう描写を撮影することに何の意味があるのかって思うんです。そこがタランティーノの病的な部分と思います。
自分は好きな作品ではなかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
映画は大切な友

4.0「俺の席に座っていなきゃ意味がない。」

2020年7月31日
スマートフォンから投稿

楽しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
映画は生き甲斐

5.0着メロはダリル・ハンナの口笛・・・

kossyさん
2020年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 さりげない遊び心の『キル・ビル』。前半の最後に出てくる保安官も同じ人だったのが嬉しいところです。後半のおねえちゃん達が乗ってたムスタングも黄色地に黒のストライプ。意味のないモノトーン映像もキルビル効果を増すためだったのかもしれません。ダッジ・チャレンジャーのオーナーの下卑た笑い方だって「名前はバック・・・」のマイケル・ボーウェンに似ていたし・・・

 くだらない会話のオンパレードはタランティーノ映画ではいつものことなのですが、さすがに前半では眠くなってきました。女の子たちが夜遊びするためのバー。なぜだか、次から次へと登場人物が増えてきたせいかもしれません。しかし、突然目が覚めた!こいつはデス・プルーフといってな・・・200キロでぶつかっても絶対に死なない車なんだよ・・・ふふふ・・・衝突テストでも優良をもらったんだぜ・・・スラッシャー映画・スプラッター映画に出てくる凶器が鉈とかチェーンソーから車に変わった!走る凶器とはよく言ったもんだ。

 ホラー映画というよりは、カーアクション映画となった後半。やはりここでも無駄話が延々と続きますが、カーチェイスの名作『バニシング・ポイント』へのリスペクトや、他にも『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』『バニシング IN 60"』(アンジェリーナ・ジョリーのはダメだってさ)にも言及し、70年代映画における本物のカーチェイスを復活させるよ!と宣誓しているかのようでした。これがまた凄い!ボンネットの上に乗るゾーイ(ゾーイ・ベル)なんて、どうやって撮ってるんだと目を凝らしてみたりしましたけど、ゾーイ自身が『キル・ビル』のユマ・サーマンのスタントをやってた女性なんですと。もちろん本物・・・

 二部構成になっていることで、「あぁ、この子たちも犠牲になってしまうのか」などと安易に想像してみたのに、予想外な展開にはビックリしてしまいます。最後には爽快感をも味わえるほど・・・やり過ぎという声を聞えてきそうですけど。

 エンドロールの最後に“thanks to 誰々”と出てくるのですが、その名前が100人近くあったでしょうか・・・すごく気になるんです。ちょっと見ただけでも知ってる名前がいっぱい。ショーン・ペンの名前もあったのですが、パンフによれば、タラちゃんが彼から“デス・プルーフ”の意味を教えてもらったのだとか。あとはDVDでチェックするしかないのか・・・

【2007年9月映画館にて】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全60件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「グラインドハウス」シリーズ関連作品

他のユーザーは「デス・プルーフ in グラインドハウス」以外にこんな作品をCheck-inしています。