デス・プルーフ in グラインドハウス

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

鬼才Q・タランティーノ監督が、殺人鬼とセクシー美女軍団の激闘をカーアクション満載で描いたスラッシャー・ムービー。テキサスの人気女性DJジャングル・ジュリアは、女友達と一緒にお気に入りのバーを訪れる。しかし彼女たちの背後には、車を凶器に美女を狙う恐ろしい殺人鬼スタントマン・マイクが忍び寄っていた。それから14カ月後、今度はスタントウーマンのゾーイたちがマイクの標的となるが……。

2007年製作/113分/R15+/アメリカ
原題:Death Proof
配給:ブロードメディア・スタジオ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

2.5耐死仕様(デス・プルーフ)の乗るスタントマン

琥珀糖さん
2022年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

2007年(アメリカ)監督・脚本:クエンティン・タランティーノ
あんまり笑えない映画だった。
この映画製作は半ば悪ふざけ&冗談・・・みたいだったらしい。

カート・ラッセルの扱いが雑だ。
映画の前半では耐死仕様(デス・プルーフ)の車に女の子を乗っけて、死のドライブを
楽しむ変態のスタントマン役。
あまりのスピードの衝突事故の衝撃。
死体はほぼグチャグチャ状態・・・(非常に悪趣味だ!)

後半はガラリと変わって、カート・ラッセルがオネエチャンたちの餌食になるストーリー。
「キル・ビル」でユマ・サーマンのスタントを務めたゾーイ・ベルと、
スタントマン・マイクのカーチェイスは迫力満点。
ここだけは見所だ。
何気にワタシ、カート・ラッセルに好感を持っています。
ちょっと尊敬してるかも。
「遊星からの物体X」
「バックドラフト」
「エグゼクティブ・デシジョン」
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のナレーターとか。

チョコっと出てる映画に出会うとすごく得した気持ちになるスターだ。
この映画ではゴミクズみたいな扱いだ。
かなり気に入らない!!
だが、そこを笑い飛ばして楽しんじゃう人間の大きさが、
カート・ラッセルだからなのか?

殺人マニアが喜びそうな映画で、タランティーノ作品には
入れたくないと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
琥珀糖

5.0スカッと爆笑!

2022年7月14日
iPhoneアプリから投稿

久々に映画を観て爆笑しました!
観終わったあとはスカッとした気持ちになれること請け合いです。
一点、カーチェイスで振り落とされそうになっているのに、仲間のドライバーはチャンスが何度もあるのに何故か減速しない点はあれっ?て感じでした。
でもサイコーに笑えます!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シンゴジラ

3.0ばっかじゃねぇの(褒め言葉)

二茂さん
2022年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

信頼と実績の立川シネマシティを信じて、あえて前情報なしに観に行きました。
結論:ばっかじゃねぇの(褒め言葉(2回目))
無駄な会話が多すぎる割に上映時間それほど長くないという内容スカスカっぷりだけど、終わりよければすべて良しと開き直る姿勢はキライじゃない。
前半でフィーチャーされ気味の女の子は生き残るのかなと思ったらあっさり死んでたし保安官二人が後半の保険かなと思ったらスルーだし後半置いてきぼりにされた一番可愛い女の子はどうしたとか色々あるけれど、終わりよければ(以下繰り返し)
ただ、フェミ映画ではないでしょこれ。フェチ映画ではあるかもしれないけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
二茂

5.0爽快!!

redirさん
2022年3月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
redir
すべての映画レビューを見る(全76件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「グラインドハウス」シリーズ関連作品

他のユーザーは「デス・プルーフ in グラインドハウス」以外にこんな作品をCheck-inしています。