ソダーバーグ監督の新作はパナマ文書が題材 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月18日 > ソダーバーグ監督の新作はパナマ文書が題材
メニュー

ソダーバーグ監督の新作はパナマ文書が題材

2018年4月18日 11:00

スティーブン・ソダーバーグ「ローガン・ラッキー」

スティーブン・ソダーバーグ
Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース]スティーブン・ソダーバーグ監督がパナマ文書を題材とした新作「The Laundromat(原題)」を準備していると、The Playlistが報じた。

ピューリッツァー賞を2度受賞したジャーナリスト、ジェイク・バーンスタイン著の「Secrecy World: Inside the Panama Papers Investigation of Illicit Money Networks and the Global Elite」の映画化で、各国の富裕層による租税回避地の活用の実態を暴いていくプロセスが描かれることになる。カトリック教会が隠蔽してきた児童虐待スキャンダルを暴いた新聞記者の活躍を描いた「スポットライト 世紀のスクープ」と似たテイストの作品になるという。

ちなみに、タイトルの「The Laundromat(原題)」はコインランドリーの意味で、資金洗浄を行っていたパナマの法律事務所モサック・フォンセカを指している。「コンテイジョン」「サイド・エフェクト」など、ソダーバーグ作品の脚本を手がけているスコット・Z・バーンズが脚色を担当。秋のクランクインを目指している。

ソダーバーグ監督は「ローガン・ラッキー」で4年ぶりに映画界に復帰したことで知られているが、今年1月には新ドラマ「Mosaic(原題)」が米有料チャンネルHBOで放送、3月には全編iPhoneで撮影した新作映画「Unsane(原題)」が全米で封切られるなど、勢力的に活動を行っている。

(映画.com速報)
スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray/ブルーレイ] スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,595 新聞記者たちがカトリック教会のスキャンダルを暴いた実話を、「扉をたたく人」のトム・マッカーシー監督が映画化し、第88回アカデミー賞で作品賞と脚本賞を受賞した実録ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi