NY映画批評家協会賞はトッド・ヘインズ監督「キャロル」が作品賞&監督賞

2015年12月4日 12:00

「キャロル」の一場面
「キャロル」の一場面

[映画.com ニュース] 米ニューヨーク映画批評家協会(NYFCC)賞が12月2日(現地時間)に発表され、トッド・ヘインズ監督、ケイト・ブランシェットルーニー・マーラ主演の「キャロル」が作品賞と監督賞、脚本賞、撮影賞の4冠に輝いた。

キャロル」は、「太陽がいっぱい」の原作者として知られるパトリシア・ハイスミスがクレア・モーガン名義で1952年に発表した長編小説の映画化。50年代のニューヨークを舞台に、フォトグラファーを夢見ながら百貨店のおもちゃ売り場で働くテレーズ(マーラ)と、客として訪れた人妻キャロル(ブランシェット)の関係を描く。今回は受賞を逃したが、ブランシェットとマーラのアカデミー賞ノミネートも有力視されている。

主な受賞結果は以下の通り。

▽作品賞 「キャロル
▽監督賞 トッド・ヘインズキャロル
▽主演男優賞 マイケル・キートン「スポットライト(原題)」
▽主演女優賞 シアーシャ・ローナン「Brooklyn(原題)」
▽助演男優賞 マーク・ライランスブリッジ・オブ・スパイ
▽助演女優賞 クリステン・スチュワートアクトレス 女たちの舞台
▽脚本賞 フィリス・ナジーキャロル
▽撮影賞 エドワード・ラックマンキャロル
▽アニメーション映画賞 「インサイド・ヘッド
▽ドキュメンタリー映画賞 「ジャクソン・ハイツ
▽外国語映画賞 「禁じられた歌声」(モーリタニア)

(映画.com速報)

太陽がいっぱい 最新デジタル・リマスター版[Blu-ray/ブルーレイ]

太陽がいっぱい 最新デジタル・リマスター版[Blu-ray/ブルーレイ]

ルネ・クレマン監督による名作をBlu-ray化。金持ちの息子を殺害し、その男になりすました青年の顛末を描く、アラン・ドロン主演によるサスペンス・ムービー。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像32
  • 封印映像33
  • パッション
  • ファイナル・アワーズ
  • ハンター
  • カルト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
OSOREZONE

Powered by 映画.com