ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ
33%
47%
20%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

巨匠フレデリック・ワイズマンの40作目となるドキュメンタリー作品で、さまざまなマイノリティが集まるニューヨークの下町ジャクソンハイツにカメラを向けた。ニューヨーク市クイーンズ区の北西に位置するジャクソンハイツには、世界中からの移民とその子孫が暮らし、167もの言語が話されている。教会、モスク、シナゴーグといった宗教施設、レストラン、コインランドリーなど、町に点在するさまざまな場所。この町に生きる地域ボランティア、セクシャル・マイノリティ、不法滞在者、再開発の波にのまれる商店主たち。町に生きる人びとの語らいや踊り、祈りなど、ワイズマンの視点によって切り取られた場所や人びとからジャクソンハイツという「町」が描かれる。2015年・第28回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門、2016年・第13回ラテンビート映画祭上映作品(映画祭上映時タイトル「ジャクソン・ハイツ」)。

2015年製作/189分/アメリカ・フランス合作
原題:In Jackson Heights
配給:チャイルド・フィルム、ムヴィオラ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

映画レビュー

5.0ワイズマンの見つめるアメリカ

ローチさん
2018年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

近年フレデリック・ワイズマンは欧州の美術館や劇場など、アートの世界のコミュニティを取り上げる作品が多かったが、久々にアメリカのコミュニティを取り上げてくれた。特定の人間を主軸に据えず、共同体全体を見つめるワイズマンの語り口は相変わらず冷静でよい。

ジャクソンハイツは、167もの言語が飛び交う全米でも屈指の人種のるつぼで、アメリカを体現する町ともいえる。作中最も多く聞こえてくる言語は映画ではなくスペイン語だ。人種だけではなく、同性愛のコミュニティも古くからある町であり、違いを持った人々が昔から共存してきた町なのだ。

ワイズマンの映画は、被撮影者にも観客にもカメラの存在を意識させない手法が特徴だが、本作でも町の人々の自然体の様子を観察している。観客もまた、町をふらりと訪れたかのような感覚を覚えるだろう。
社会の分断が深刻する今だからこそ、多くの人に観てほしい作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ローチ

3.0撮り方や構成、手法は『エクスリブリス  ニューヨーク公共図書館』と一緒

なおさん
2020年3月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

こっちが先だから逆だが。
ジャクソンハイツの住人たちの描写を短いパートを連ねることで、間に街の風景を挟み込みつつ多種多様な街を多面的に描く。ナレーション/テロップの類は一切なく何を映すかだけだがその主張は一目瞭然。あと長い。
これ映して大丈夫なの? というところもさらりと流れるがヘヴィな場面もあれば、ほっこりする場面もあってバランスをとっていたように思う。
ただこれでもやはりこの街の一部しか映し出せてないのではないかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

4.5あなたがあなたであることが、この世界に多様性をもたらしている

2019年2月2日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
しろくま

5.0とても面白かった

2018年12月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

この監督の映画は約10年ぶり。最後に見たのは特集上映の「肉」だったか。ある特定のテーマではなく、一つの街を丸ごと見ていく、とのことで、作風が「巨匠」ぽくなっているのかな?と思っていた。確かにモノクロ時代のような、ヒリヒリしたシチュエーションに思わず息を呑む臨場感に溢れているわけではない。しかし、街中のあらゆる場所で色々な種類の言語により語られる、自分達の生活を守ろうとする住人達の言葉と、その姿を捉える映像にはやはり普通のドキュメンタリーじゃ味わえない瑞々しさを感じる。そして編集のリズムの緩急が良く、画面への吸引力が劇映画並みに強い。
若いときに憧れていたアメリカの街やアメリカ人のイメージにとても近いものが、ジャクソンビルにはあるように思える。今作の撮影は2014年だが、4年経った現在はどうなっているのか、とても気になった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
どんぐり
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ」以外にこんな作品をCheck-inしています。