吉田大八監督、出世作「桐島、部活やめるってよ」製作は「後ろ向きだった」?

2014年10月16日 15:50

自身の創作活動を語った吉田大八監督(右)と 東京国際映画祭プログラミングディレクター矢田部吉彦氏
自身の創作活動を語った吉田大八監督(右)と 東京国際映画祭プログラミングディレクター矢田部吉彦氏

[映画.com ニュース]「桐島、部活やめるってよ」で第36回日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞した吉田大八監督が10月15日、東京・アップルストア銀座で行われたトークイベント「Meet The Filmmaker」に出席。これまでのフィルモグラフィーや、宮沢りえ主演で角田光代のベストセラー小説を映画化した最新作「紙の月」を軸に、自身の創作活動を語った。

吉田監督は学生時代は自主製作映画に励みながらも、意外にも「職業としての映画監督に憧れているというのはあまりなかった」と言う。しかし、2004年に「群像」(講談社刊)に掲載されていた本谷有希子の「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を偶然読み、「一気に読んで、面白かったとか感想よりも、頭の中で映画ができたような気がした。大げさかもしれないけど、『どうやって映画にすればいいか知っている』と思った」と突然の転機が訪れる。これを機に、07年には同名タイトルで映画化し、吉田監督は43歳での長編デビューを飾った。

その後、「クヒオ大佐」(09)、「パーマネント野ばら」(10)を映画化。一方で、出世作となった「桐島、部活やめるってよ」(12)は高校生の苦悩を描くということもあり、「それまでの原作の中で一番手がかりが見つけづらかった。どうして自分が(監督を)やりそうになっているんだという感じで、結構後ろ向きだった」と吐露した。それでも、「“主人公ふたりが出会う場所”っていうので、『ここかな』と思った」と探り出し、「原作の中で自分の歯が最初に立つところを見つけて、そこを拠りどころにして考えていった」と独自の製作手法を明かした。

さらに、自身5作目となる「紙の月」に話が及ぶと、「横領する女性、これも本当にわからなかった」とこちらも苦労した様子。しかし、打ち合わせの中でイメージを固めていったそうで、「どういう顔をして、どういうプロセスで横領をしたり、それが露見したりするのか。(原作では詳述されない部分を)きちんと見たくなった。映画にする意義みたいなものを自分なりにそこに見出したかった」と映画では物語の視点を大きく変更したことを説明した。

紙の月」は、バブル崩壊直後の日本を舞台に、銀行で働く真面目な主婦が、巨額の横領事件を引き起こす様子を描いた。11月15日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com