クリストファー・ノーラン脚本作品にジェマ・アータートン、ティム・ロス出演

2013年9月13日 11:45

ジェマ・アータートン&ティム・ロス
ジェマ・アータートン&ティム・ロス

[映画.com ニュース] クリストファー・ノーラン監督が脚本を執筆した犯罪スリラー「The Keys to the Street」が、ジェマ・アータートンティム・ロス出演で映画化されることになったと、バラエティ紙が報じている。

同作は、イギリスの人気作家ルース・レンデルが1996年に発表した同名小説の映画化。暴力的な元恋人(ロス)から逃れるために空き家で暮らし始めた女性(アータートン)が、近所で発生する殺人事件に関心を示すようになる姿を描く。ノーラン監督が「インソムニア」に続く監督作として自ら脚色を手がけたものの、「バットマン ビギンズ」の製作を優先した経緯がある。

マイケル・ストークス(「サボタージュ」「シャドウビルダー」)が共同で脚本を執筆し、メガホンをとるのはチェコ出身のジュリアス・シェフチク監督。2014年にクランクイン予定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com