インソムニア

劇場公開日

インソムニア
5%
47%
42%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「メメント」のクリストファー・ノーランの長編第3作は97年の同名ノルウェー映画のリメイク。製作総指揮にスティーブン・ソダーバーグとジョージ・クルーニーが参加。白夜の季節のアラスカの小さな町で、全裸の少女の猟奇殺人事件が発生、ロサンゼルス警察のベテラン警部ドーマーと相棒は捜査に赴く。が、ドーマーは警察上層部から彼の内偵を命じられていた相棒を事故死させ不眠症に陥り、猟奇殺人犯は彼の弱みを知り取引きを申し出る。

2002年製作/119分/アメリカ
原題:Insomnia
配給:日本ヘラルド映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5白夜 殺人 不眠症 罪の意識 アル・パチーノ

RAIN DOGさん
2022年2月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

難しい

寝られる

世界中で1番好きな役者が、アル・パチーノです。

大好きな役者です。

『フェイク』とか、これぐらいの時期が1番カッコイイと思います。

アル・パチーノは、若い時よりも歳くってからの方がカッコイイと思います。

今回は刑事役ですが、やっぱり拳銃を持っててほしい、刑事役でもマフィア役でも。

白夜の田舎町で殺人が起き、都会から捜査に来た刑事は不眠症に陥りながら…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
RAIN DOG

4.0通常取扱スリラー

越後屋さん
2022年1月30日
PCから投稿

話の展開が独特ですが、映画的にもう少しスリラーが欲しいところです。
この監督人気」ありますが、特段特徴が感じられないです。
二大盟友はさすがの演技、両社ともかなり屈折した困難な役柄ですが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
越後屋

4.0美しさと陰惨さが混じり合う様な白夜の映像が、アル・パチーノの表情の暗さを更に強調

Kazu Annさん
2021年12月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
Kazu Ann

4.0ノーラン監督への試験

あき240さん
2021年6月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ノーラン監督は1970年生まれ
大学では英文学専攻ながら映研の部長をしていたという

第1作 フォロウイング 28歳
ほぼ自主製作みたなものだろうが多くの映画祭で賞を獲得した

第2作 メメント 30歳
マイナー配給で当初は全米で11館しか無かったという
それが最終的には500館以上に拡大される大ヒットになる
なんとアカデミー賞にノミネートまでされてしまう

映画監督志望の若者なら誰しもが夢みるシンデレラストーリーだ

それでもここまでなら、たまに現れる彗星だ
普通はそこまで

次回作からは興行成績は良くてボチボチ
制作費が回収できたら御の字
業界や映画好きの間で少し話題になる程度
こんな調子で十年かかって1~2作
上手くいけば初めて名を聞くような映画祭で何かの賞が穫れるかも知れない
テレビかCMか、何か映画業界に関わる仕事をこなしながら、いつの日にか歴史に残る傑作を撮るのだと夢を燃やしつづける

ノーラン監督もそんな一人になっていたかも知れない

世の中には若くして抜擢されて、みるみる出世していく人がいる
本人の秀でた才能、業界の大物の引き、良いスタッフに恵まれる強運
それらみんなを気がつけば自分の周囲に自然に引き寄せてしまう人間的な魅力
そんなものが総合的に作用して、抜擢されていくのだ

本作はノーラン監督の3作目
彼に取りこの作品こそか出世街道のハイウェイの入口だったのだ

非凡な才能を示した若者
少しエキセントリックな作風だ
だから一般大衆に支持される映画を何本も撮れる実力があるのか?
本当に将来業界を背負って立つ監督になれるほどの逸材なのか?
幾ら芸術的に優れていても難解で独りよがりな映画しか撮れないのならそういう監督のコースを進めばいい
それをノーラン監督は本作で確かめられたのだ

誰から?
もちろんハリウッドの大手映画会社だ
具体的にはワーナー・ブラザース
そしてその映画業界の大物達から

製作者の中にジョージ・クルーニーとスティーヴン・ソダーバーグの名前がある
それはそういう意味なのだと思う

アル・パチーノとロビン・ウィリアムズも自ら出演してノーラン監督を確かめようとしたのかも知れない

脚本も弟のジョナサン・ノーランの作品ではないのはなぜなのか?
現在からみればノーラン監督が本作を撮るべき必然があまり感じられないのはなぜなのか?
それは本作が課題作品だからだ
ノーラン監督がこの課題に対してどのような作品を撮り上げてみせるのか試されたのだ

だからノーラン節というものは、本作においては微量にしか感じることができないのだ

結果はどうか?
観てのとおり、そつなく水準以上のレベルでこのサスペンス映画を撮ってみせた

期待されるクオリティを上回った
その上でノーラン監督らしさも最小限加味してみせたのだ
つまり合格したのだ

こんな試験を屈辱と感じるのか、回避する監督も中にはいる
それでは大きな仕事はできないと思う
本当に自分がやりたい大きな仕事を達成するためにはチャンスを掴み挑戦して乗り越えるべきことだと思う
自己の才能を証明してみせなければならないのだ
それに勝つことで大きな仕事に抜擢され、遂には自分が本当にやりたいこと、撮りたい映画に巨額の資金、人材、時間を投入できる立場になれるのだ

ノーラン監督はこの試験に合格して、次回作バットマン ビギンズの監督に抜擢されたのだ

そこからノーラン監督の夢が実現されていくのはご存知のとおりだ

本作こそハイウェイへの入口だったのだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全26件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る