スカーレット・ヨハンソンが、マリリン・モンロー役を獲得か?

2009年8月4日 12:00

モンロー役ならゴージャスなブロンドに!
モンロー役ならゴージャスなブロンドに!

[映画.com ニュース] 女優スカーレット・ヨハンソンが、1950年代のアメリカのセックス・シンボルだった女優マリリン・モンローの役をスクリーン上で演じる可能性が高くなった。

英デイリー・メイル紙が伝えるところによると、ダニエル・ラドクリフのデビュー作となったTV映画「デビッド・コパーフィールド」(99)を手がけたサイモン・カーティス監督が新たにメガホンを取る伝記映画「My Week with Marilyn(マリリンとの私の一週間)」を企画中であり、伝説的な女優マリリン役に、スカーレット・ヨハンソンをファーストチョイス。他に、ケイト・ハドソン(「ブライド・ウォーズ」)、エイミー・アダムス(「ナイトミュージアム2」)、ミシェル・ウィリアムズ(「シャッター・アイランド」)らの名が挙がっているという。

その「My Week with Marilyn」は、名優ローレンス・オリビエの使用人だったコリン・クラーク(故人)が書き上げた同じ題の実録日記を原作とするドラマ。当時最盛期にあったマリリン・モンローは、57年の宮廷コメディ「王子と踊子」でオリビエと共演するためにロンドンに滞在。オリビエはもともと同作の舞台版で、妻ビビアン・リー(「風と共に去りぬ」)と共演。ビビアンの役をマリリンが奪った形となった作品であり、クラークの日記によれば、マリリンはエリザベス女王のウィンザー城にあるアパートメントがあてがわれたらしい。日記は翌58年に書き上げられたが、作者が亡くなる2002年まで秘密にされていたもので、英国人脚本家エイドリアン・ホッジス(「美しすぎて/詩人の妻」「デビッド・コパーフィールド」)が現在その日記を脚色しているという。

私生活では俳優ライアン・レイノルズの妻であるヨハンソンの最近の出演作は、なぜか恋多き女性ばかり。日本でも公開中のコメディ「そんな彼なら捨てちゃえば?」では、妻帯者役ブラッドリー・クーパーと不倫をするセクシー女性を演じている。前作「それでも恋するバルセロナ」でも、バツイチの画家役ハビエル・バルデムを相手にアバンチュールの恋を楽しむ若い女性の役だった。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ナイトミュージアム2 (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. マーベルドラマ「ムーンナイト」最新映像公開 うだつの上がらない男が残酷なダークヒーローに

    1

    マーベルドラマ「ムーンナイト」最新映像公開 うだつの上がらない男が残酷なダークヒーローに

    2022年1月18日 14:00
  2. 第45回日本アカデミー賞「孤狼の血 LEVEL2」が最多12部門13賞で優秀賞! 「護られなかった者たちへ」が12部門受賞で続く

    2

    第45回日本アカデミー賞「孤狼の血 LEVEL2」が最多12部門13賞で優秀賞! 「護られなかった者たちへ」が12部門受賞で続く

    2022年1月18日 17:36
  3. 【国内映画ランキング】「コンフィデンスマンJP」最新作が初登場1位 「ハウス・オブ・グッチ」5位、「クライ・マッチョ」が6位に

    3

    【国内映画ランキング】「コンフィデンスマンJP」最新作が初登場1位 「ハウス・オブ・グッチ」5位、「クライ・マッチョ」が6位に

    2022年1月18日 08:00
  4. 「仮面ライダーオーズ 10th」3月12日から期間限定上映! 予告編&ポスタービジュアル披露

    4

    「仮面ライダーオーズ 10th」3月12日から期間限定上映! 予告編&ポスタービジュアル披露

    2022年1月18日 18:00
  5. 「ブラックパンサー」続編 ようやく撮影再開へ

    5

    「ブラックパンサー」続編 ようやく撮影再開へ

    2022年1月18日 12:00

今週