CLOSE クロース

劇場公開日:

CLOSE クロース

解説

トランスジェンダーの主人公がバレリーナを目指す姿を描いた「Girl ガール」でカンヌ国際映画祭のカメラドール(新人監督賞)を受賞したルーカス・ドン監督が、13歳の2人の少年に起こる関係の変化を描いた長編第2作。

13歳のレオとレミは、学校でも放課後でも一緒に時間を過ごす大親友だった。しかし、ある時、2人の親密すぎる間柄をクラスメイトにからかわれたことで、レオはレミへの接し方に戸惑い、そっけない態度をとってしまう。そのせいで気まずい雰囲気になる中、2人は些細なことで大ゲンカをしてしまい……。

第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、グランプリを受賞(クレール・ドゥニの「Stars at Noon」と同時受賞)。第80回ゴールデングローブ賞で外国語映画賞、第95回アカデミー賞でも国際長編映画賞にノミネートされた。

2022年製作/104分/G/ベルギー・フランス・オランダ合作
原題:Close
配給:クロックワークス、STAR CHANNEL MOVIES
劇場公開日:2023年7月14日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第95回 アカデミー賞(2023年)

ノミネート

国際長編映画賞  

第80回 ゴールデングローブ賞(2023年)

ノミネート

最優秀非英語映画賞  

第75回 カンヌ国際映画祭(2022年)

受賞

コンペティション部門
グランプリ ルーカス・ドン

出品

コンペティション部門
出品作品 ルーカス・ドン
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)Menuet / Diaphana Films / Topkapi Films / Versus Production 2022

映画レビュー

4.0誰にでもある意図的に友達を避けた少年の日々が甦る

2023年7月26日
PCから投稿

悲しい

ルーカス・ドン監督が前作『Girl ガール』に続いて放った作品は、やはり他者との違いに悩み、苦しむ少年たちの葛藤を描いて入るものの、本作の方がより幅広い共感を得るかも知れない。なぜなら、子供の頃、大好きな友達がいたとする。でも、その友達との関係を周囲から奇異な目で見られ、それが嫌で関係を絶ってしまった、なんて経験は誰にでもあるはずだから。

主人公のレオはいつも一緒にいる、暮らしていると言ってもいい親友のレミとの関係を、クラスの女子から『カップルなの?』と聞かれたことが妙に恥ずかしくて、レミとの距離を置き始める。仲間外れになることを恐れて、新しい友達と仲良くし、それまでやってなかったアイスホッケーにもトライしてみる。そして、いつものようにレミの家に泊まっても、同じマットレスで寝ることがなくなった。何となく、あくまで何となくやったことが、果たして、どんな悲劇を引き起こすのか!?

子供だからとは言えない、残酷な仕打ちがもたらす予期せぬ出来事の顛末を描く映画は、やがて、少年らしい結末をレオに与える。その清々しさは半端ないのだが、注目すべきは子供たちを見守る大人たちの眼差しだ。生きていくこの世界には色々が出来事があって、色々な人々が重なり合って成り立っている。そこもまた、本作の視野の広さを象徴している。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
清藤秀人

4.5末長く愛され、観る者の心を揺さぶり続けるであろう一作

2023年6月30日
PCから投稿

少年たちの純真な思いに深く寄り添った傑作だ。舞台はベルギー郊外の自然に包まれた地域。いつも何の躊躇いもなく仲睦まじく戯れる13歳のレオとレミだったが、ある日、その様子をクラスメイトから揶揄されたことでレオの感情には戸惑いが生まれ、つい何となくレミを遠ざけてしまい・・・。ここからの展開に関してはできれば情報を入れずに臨んでほしいところ。何が起こるかは明かさないが、これはある意味、少年が自分の中の本心と切実に向き合おうとする物語であり、その心情を思うといまだに涙がこみ上げてくるほどだ。ドラマを彩る青々とした木々が胸に滲み入るように美しく、農園で収穫される花々の色味は、時として残酷に思えるほど鮮烈。その狭間を駆け抜けていく少年たちの表情と躍動が素晴らしく、脇で支える大人たちの演技にも心酔させられる。このルーカス・ドン監督による長編2作目は、今後、末長く愛され、観る者の心を揺さぶり続けるであろう。

コメントする (0件)
共感した! 23件)
牛津厚信

4.5【”僕のせいだ。僕が突き放した・・。”今作は幼馴染の少年二人が周囲からの揶揄いの声により変遷していく関係性により起きた悲劇と、残された少年が再生していく様を静謐なトーンで描いた作品である。】

2024年6月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 10件)
NOBU

4.0思春期の微妙な距離感がリアル

2024年5月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

親友との仲の良さを同級生にからかわれたことから始まるレオの物語

思春期の頃を思い出す、身近でリアルな話だった。
レミはレオほど周りに溶け込んでいくタイプではなかった。レオはレミがそんな内向的だと思わず、気遣ってあげられなかった。それだけの話。それだけなんだけどそれがとても苦しい。
ここまで大げさではないが、思春期の頃はちょっとすれ違いが多いと思う。
心当たりのある人には刺さる作品。
大人たちがちゃんと大人でよかった。
それがちょっとだけ救い。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
ひとふで
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「CLOSE クロース」以外にこんな作品をCheck-inしています。