ナイブズ・アウト グラス・オニオン

配信開始日:

解説

ダニエル・クレイグが主演し、ライアン・ジョンソン監督がオリジナル脚本で描いた人気ミステリー「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」に続くシリーズ第2弾。ダニエル・クレイグ扮する風変わりな名探偵ブノワ・ブランが、周囲を海に囲まれた孤島で起こった殺人事件というミステリーに挑む。

IT企業の大富豪マイルズ・ブロンが、地中海にあるプライベートアイランドに親しい友人たちを招待し、ミステリーゲームの開催を持ちかける。ところが島で実際に殺人事件が発生。遊びだったはずのゲームは一転して恐ろしい事件となり、参加者は容疑者候補になってしまう。名探偵ブノワは友人同士のなかで交錯する思惑や、その裏に隠された真相を明らかにすべく、事件の調査に乗り出す。

富豪のマイルズ・ブロン役のエドワード・ノートンのほか、デイブ・バウティスタ、ジャネール・モネイ、キャスリン・ハーン、レスリー・オドム・Jr.、ジェシカ・ヘンウィック、マデリン・クライン、ケイト・ハドソンら豪華キャストが共演。Netflixで2022年12月23日から配信。

2022年製作/139分/アメリカ
原題:Glass Onion: A Knives Out Mystery
配信:Netflix
配信開始日:2022年12月23日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第80回 ゴールデングローブ賞(2023年)

ノミネート

最優秀作品賞(ミュージカル/コメディ)  
最優秀主演男優賞(ミュージカル/コメディ) ダニエル・クレイグ
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

Netflix映画「ナイブズ・アウト グラス・オニオン」12月23日(金)より独占配信開始

映画レビュー

4.0ゆるカッコいいクレイグ観賞用ゆるコメディ、とミステリ

2022年12月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 8件)
ニコ

4.0謎解きのリゾートの魅力が拮抗

2022年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

前作に続き、探偵ブノワ・ブランが限られた空間に集まった人々の中から、巧みに仕組まれた殺人事件の犯人を見つけ出す、という内容だが、雰囲気は激変。今回は陽光が眩しいギリシャのプライベートアイランドを舞台に、主催者の億万長者と彼に恨みを持つゲストたちの知られざる過去が、紫外線を浴びて徐々に炙り出されていく。

監督・脚本のライアン・ジョンソンはロックダウン中に海外旅行への憧れをモチベーションに、この物語を書き上げたとか。だからか、映画には夏の旅の楽しさが充満している。物語の途中で明かされる、観客も想定外の人物的背景がもたらす急カーブは確かに快感だが、ジョンソンが脚本執筆の上で意識したという、アガサ・クリスティの『地中海殺人事件』や『シーラ号の謎』(豪華ヨット内での殺人事件を描いた密室ミステリーの傑作)を確かに彷彿とさせる、謎解きとリゾートの醍醐味が50/50で拮抗しているところが本作のミソだ。

各自、思い思いのリゾートファッションで島に降り立つが、中でもブランを演じるダニエル・クレイグが着るハイスエストのサファリスーツ、細く結んで首元にねじ込まれたスカーフの扱いは、この人物の研ぎ澄まされたセンスを象徴している。それは、少なくともファッションに於いて、クレイグがジェームズ・ボンドに続く当たり役を確かなものにした瞬間でもある。

そして、キラ星の如く登場するカメオ出演者たちの顔ぶれにも驚き、うっとりし、弔意を捧げる時間も用意されているので、集中力は最後まで途切れさせないよう願いたい。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
清藤秀人

4.5前作以上にアイディアと趣向に満ちた快作

2022年12月28日
PCから投稿

ジョンソン監督、お見事!そう声をかけずにいられないくらい、趣向がいっぱい詰まったエンタテインメントの幕の内弁当だった。序盤、ロックダウンの暮らしを描くくだりから、ちょっとした感情の起伏や宅配便を受け取るのにマスクを忘れて慌てて口元を覆う様子に思わず笑ってしまう。みんな日常に飢えている。名探偵でさえバスタブにPCを持ち込んで「Among Us」やっちゃうほど事件に飢えている。この映画はそんな共感から幕を開け、かと思えば、あれよあれよと言う間に前回同様、アガサ・クリスティ風の推理ドラマへと雪崩れ込む。しかしこの映画の本質は何かといえば、やはり「既存の型を踏襲しているようでそれを見事に突き崩している」ところにあるのだろう。随所で豪快俳優や有名人のカメオ出演に驚き、007とは異なるダニエル・クレイグの愉快な演技に笑みが止まらない。謎解き以上に魅せる大胆不敵な筋書きとケレン味に胸がスッとする快作だ。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
牛津厚信

4.5虚構の権威をぶっ壊せ

2024年5月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

知的

名探偵ブノワシリーズ第2弾。
富豪に群がるエセセレブたちの、密室系サスペンス。
果たして誰が犯人なのかを、二つ目の視点で時をなぞりなおしながら
突き止めて行く。
ただし予定調和はない。

人間関係のパワーバランスを読み解きながら、
明かされてゆく事実にどんでん返しが小気味よく、
そういえば犯人は単純明快なのに引きずり回されて二時間あまり、
誰が、どうなる? で楽しめた。

ラストは悪を倒して正義が勝つ、とも言い難い展開となるわけだが、
コロナ禍で世の中がモンモンとしていたせいか、
今回も最後は弱者が勝つ路線だからか、
徹底した「破壊者」ぶりにスカッとした。
それもこれもタイトルの「グラスオニオン」の破壊、
素晴らしいが空虚な物の破壊であるなら、
確かに世の中、虚構の権威はあふれているわけで、
スッキリするわな、とも思ってみる。

古き良きミステリーを現代風に。
座長ブノワ氏の出過ぎず、引っ込み過ぎずが完璧なエンタメ作品だった。

タバスコつけて泣くブノワ氏がなんだか可愛く、とんでもなく笑う。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
N.river
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ナイブズ・アウト」シリーズ関連作品