ファミリー・ネスト

劇場公開日:

ファミリー・ネスト

解説

「ヴェルクマイスター・ハーモニー」「倫敦から来た男」「サタンタンゴ」などの作品を送り出してきたハンガリーの鬼才タル・ベーラが、1977年に発表した長編デビュー作。不法占拠者に対する警察官の暴力を撮影して逮捕されたタル・ベーラ自身の経験を基に、住宅難のブダペストで夫の両親と同居する若い夫婦の姿をドキュメンタリータッチの映像で描き出す。首都ブダペストは住宅難により空き部屋がないため、イレンは仕方なく夫の家族と暮らしている。イレンのことが気に入らない義父は、彼女につらく当たる。帰宅した夫に不満を訴えるイレンだったが、夫はどっちつかずの態度を取り続ける。

1977年製作/105分/ハンガリー
原題:Csaladi tuzfeszek
配給:ビターズ・エンド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5嫁舅問題

2022年2月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

映画としての物語はありながらもドキュメンタリータッチで進むリアルな家族描写と人々が対話する場面はインタビュー映像のようで、今の時代でも日本であっても理解や共感が出来る事柄や環境に状況。

タル・ベーラの監督デビュー作でありながらポップに流れる歌や字幕に映し出される歌詞に意外性を感じたり、ジョン・カサヴェテスのような雰囲気を『アメリカの影』や『フェイシズ』なんかを思い起こす即効的演出に役者をアップで映しながら演技をしているのを感じない自然でリアルな人間描写。

住宅難の問題も舅が少しの優しさを見せられたら解決に迎えたような、いや、嫁や家族全体が一歩引いて考え向き合う事が出来たら、いや、あの父親と旦那はクズ過ぎる、女性が選択する判断基準は過酷だ!?

コメントする (0件)
共感した! 0件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る