麻希のいる世界

劇場公開日:

  • 予告編を見る
麻希のいる世界

解説

「害虫」「カナリア」「抱きしめたい 真実の物語」の塩田明彦監督が、元「さくら学院」の新谷ゆづみと日高麻鈴をダブル主演に迎えた青春ドラマ。「さよならくちびる」で新谷と日高に出会った塩田監督が、2人を想定して執筆したオリジナル脚本をもとに撮りあげた。重い持病を抱え、生きることに希望を持てずにいた高校2年生の由希は、同年代の麻希と海岸で運命的な出会いを果たす。麻希は男性関係の悪い噂が原因で周囲から嫌われていたが、彼女の勝ち気な振る舞いは由希にとって生きるよすがとなり、2人は行動をともにするように。麻希の美しい歌声を聞いた由希は、その声で世界を見返すべくバンドの結成を決意する。一方、由希に思いを寄せる軽音部の祐介は彼女から麻希を引き離そうとするが、結局は彼女たちの音楽づくりに協力することになり……。

2022年製作/89分/日本
配給:シマフィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

2.040年前の女子高生。的な。

2022年8月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
bloodtrail

2.0伏線回収なし?

りあのさん
2022年8月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

萌える

持病を抱えてる高校2年生の由希は、海岸をぶらぶらしてた時に小屋から出てきた麻希と出会った。麻希は男性関係が原因で周囲から嫌われていたが、彼女の振る舞いが気に入った由希は麻希につきまとう様になり一緒に行動するようになった。麻希の美しい歌声を聞いた由希は、世の中を見返そうと麻希とバンドを結成しようとしたら軽音楽部と演奏対決の時ドタキャンされた。一方、由希の事が好きな軽音部の祐介は彼女から麻希を引き離そうとするが、結局は彼女たちに協力することになった。
麻希の父が刑務所から戻ってきて、麻希は事故で記憶喪失になり・・・てな話。
麻希役の日高麻鈴は魅力的だったけど、由希役の新谷ゆづみは可愛くもなくどこにでも居そうな普通の子で、なんでこんな子を主役にしたんだろうと不思議だった。
ストーリーも唐突に終わり、途中まで良かったのに、何?、って感じだった。
音楽も、彼女との関係も、麻希の父親の事も、由希の病気も、何もわからないまま終わった。
これなんだったんだろう?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
りあの

3.5【”生きている証””この若き女優さん達、誰!”と驚いた、日髙麻鈴、新谷ゆづみさん演じる凛として生きる女子高生の姿に魅入られた作品。】

NOBUさん
2022年5月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

ー 塩田明彦監督は、過去作で宮崎あおい、谷村美月をスクリーンで開花させたように、日髙麻鈴、新谷ゆづみの演者としての才能を見せつけてくれた。-

◆感想<Caution! 内容に触れています。>

・物語は決して明るくない。重い病を抱える由希(新谷ゆづみ)が、自由奔放だが少し悪い噂がある麻希(日髙麻鈴)に近づき、二人は徐々に親交を温めていく。
 - 身体のせいか、覇気のない由希。彼女を想う軽音部の祐介(窪塚愛流)とは、お互いの両親(井浦新が、祐介の父と由希の主治医という重要なポジションで、作品を締めている。)の不倫もあり、距離を置く時の頑なな姿勢。一方、麻希に対しては、積極的にアプローチしていく。自分にない何かを感じたのだろう。-

・麻希の家は、性犯罪に関与しており、彼女自身も男の出入りが激しい。
 - この辺りの描き方は非常に粗い。尺のせいであろうが・・。-

・麻希は、由希だけに心を開き、軽音部と競いあうことになるが・・。
 - この時の、麻希を演じる日髙麻鈴のエレキギターをかき鳴らしながら歌う姿に痺れる。曲は「さよならくちびる」にも楽曲を提供した向井秀徳。非常に格好良い劇中歌が2曲歌われる。ちなみに、日髙麻鈴、新谷ゆづみは「さよならくちびる」のフライヤーを見たら、クレジットされているが申し訳ないが、全く記憶にない・・。-

<由希が見ず知らずの男達に身体を任せてしまうシーンや、祐介が麻希に行った行為と、それにより麻希の日常が大きく変容してしまう流れは粗い。
 が、それを吹き飛ばす日髙麻鈴、新谷ゆづみの演者としての魅力(個人的には、エレキギターをかき鳴らしながら歌う日髙麻鈴の意志の強い”眼”にヤラレタ作品である。>

<2022年5月8日 刈谷日劇にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

3.0麻希に近づきたくて背伸びする由希の危なっかしさが切ない

BEE.KENYさん
2022年4月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

さよならくちびる で出てた
たしかハルレオの追っかけやってた二人だよね
そのときの二人の関係とはまったくリンクしていないけど

ストーリーは
まわりからあまりいい目で見られていない
不良少年に憧れる健気な少女の恋愛物語・・・
みたいなよくある構図

それが 女の子が女の子に憧れてその子に片思いの男子 という
やっぱり一方通行の想いが切ない青春映画
三角関係の構図はさよならくちびると同じですね

麻希に近づきたくて背伸びする由希の危なっかしさが切ない
でもなんで由希は麻希に惚れたのか
麻希の魅力が表現しきれてないような・・
ただのいわゆる不良少年(少女)の域から脱してないような
気がします。ただ突っ張っているだけでその陰に見せる
麻希の素顔をもっと観たかった
あれではもったいない気がします

本筋とは関係ない余計なシーンが多いです。
話があちこちに飛びまくるし
ある意味詰め込みすぎな展開
あとであれはどういう意味だったんだろうって
考えるシーンが所々にありました

3人があんな結末を迎えるのは
青春映画としては残酷すぎ 韓国ドラマみたい
できれば希望を持たせる
さわやかな展開になってほしかった

作品としたら嫌いではないですが
ツッコミどころ満載の映画でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
BEE.KENY
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る