香川1区

劇場公開日:

解説

2021年秋の第49回衆議院議員総選挙で注目を集めた選挙区の香川1区に焦点を当てたドキュメンタリー。衆議院議員・小川淳也氏の初出馬からの17年間を追った「なぜ君は総理大臣になれないのか」が大きな話題を集めた大島新監督が、同作の続編的位置付けの作品として手がけ、香川1区の選挙戦を与野党両陣営、双方の有権者の視点から描く。2003年の初出馬から1勝5敗と闘いに窮し、比例復活当選を繰り返してきた小川氏。香川1区で彼の前に立ちはだかってきたのが、自民党の平井卓也議員だ。四国新聞と西日本放送のオーナー一族にして3世議員の平井氏は、前回2017年の総選挙で小川氏に辛勝。その後、小川氏は統計不正についての国会質疑や映画で注目され、その知名度は全国区に広がっていく。2020年に菅政権が誕生すると、平井氏はデジタル改革担当大臣に就任。保守地盤である香川の有権者にとって「大臣」の肩書は絶大で、小川氏の苦戦は免れないと思われたが、平井氏はオリパラアプリに関する不適切発言などでマスコミの標的となっていく。

2021年製作/156分/G/日本
配給:ネツゲン
劇場公開日:2021年12月24日

スタッフ・キャスト

監督
プロデューサー
前田亜紀
撮影
高橋秀典
編集
宮島亜紀
音楽
石崎野乃
監督補
船木光
制作担当
三好真裕美
宣伝美術
保田卓也
全てのスタッフ・キャストを見る

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0次の選挙でも、是非「香川1区」に密着してください

2022年4月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

前作「なぜ君は総理大臣になれないのか」と本作を続けて見ました。小川淳也という政治家は知っていましたが、こんなに熱い人物だとは知らなかった。なんというか、少年ジャンプの漫画に登場する主人公みたいです。努力→挫折→友情(愛情)→勝利。

この映画を見ると、政治家という職業が、いかに割に合わないものであるか痛感します。一方、主人公の小川が言うように、日本の政治がかなり時代遅れになっていて、今の時代にそぐわないものなんだという点も理解できます。だから、政治をアップデートしようと小川たちが割に合わない政治家を続けている。

監督とクルーは、全国でも有数の激戦区、香川1区で繰り広げられる選挙戦に長年にわたって密着し、自民党の平井卓也陣営、立憲民主党の小川淳也陣営、そして、今回第3極として殴り込んできた維新の会の町川純子陣営を執拗に追いかけます。前作「なぜ君」から本作までの間に、小川の選挙事務所はカラフルになり、「オガココ」なるサポータークラブができていたりとけっこう驚きます。バラク・オバマが大統領になった時の「オバマガール」なんかをちょっと思い出しました。

選挙のドキュメンタリーは、良くも悪くも、選挙結果と連動しているのがポイントであり、カタルシスですね。欲を言えば、小川陣営の資金調達の話を詳しく知りたかった。お金の話は、平井陣営のものだけでしたので。次の選挙でも、是非香川1区に密着してください。もっともっと見たいです。

コメントする (0件)
共感した! 5件)
駒井尚文|映画.com編集長

4.0※ 個人的な完全なレビューはFilmarksにて ☆☆☆☆(1回目...

2024年3月20日
iPhoneアプリから投稿

※ 個人的な完全なレビューはFilmarksにて

☆☆☆☆(1回目)

☆☆☆☆(2回目)

〝 ヒューズが飛んだ人は居るけど、ヒューズは飛ばさなきゃダメ! 〟

2回目を鑑賞して来ました。

とりあえずは、前回の鑑賞時に寝落ちてしまった場面はしっかりと確認しました。見たかった、見なければいけない場面をしっかりと確認した結果、大体思っていた通りの描写だったなあと思っています。
従って、特に↓に書き込んだレビューを大幅に改訂するところまでは行かないかなあ〜と思っています。
(最後にほんの少しだけ追加補足をしています)

正直に言ってしまうと、前作ほどの傑作だとは思ってはいません。どうしても、監督自身が対象者である小川氏に近すぎてしまっているがゆえに、平井陣営側からの様々な妨害等に合い。ドキュメンタリー映画としては、平井側からの映像が撮れなかっただけに。どうしても歪な作品になってしまっている…とゆう印象は、初見の時からどうしても拭えないと思います。

特に、当選2日後の小川氏の高松の自宅でのインタビュー。
選挙中に監督から見た小川氏の、色々な弱さや、今後の抱負等を聞き。最後に「おめでとうございます。」と挨拶をした場面。
人として当然とは言え、握手をしているのが映っている限り。対立候補を応援していた人が、この映像を見れば「ほら見ろ!やっぱりPR映画じゃないか!」…と、問題視するのは明白だと思う。

もしも、水道橋博士と町山智浩氏の対談で出た。《大島監督自身が》平井陣営に飛び込んで、「今度は平井さんの側から描いた映画を撮らせて下さい!」…と、もしも言えていたのなら?と思わずにはいられない感覚を更に深めた次第です。
その意味では、私のこの作品に対する評価としては。博士と町山氏との中間に位置するかな…と思います。

↓ 以下のレビューは、初見の時に書き殴ったままのレビューです。
あまり褒められたレビューではないですが、そのままにしておきたいと思っています。
(基本的に映画のレビューは、観た直後の気持ちを大切にしたいので。勿論、納得がいかなければ、その後に何回も改訂はしますが。それでも初見の時のレビューからは大きく逸脱する事はなるべく避ける様にはしていますが、、、本当か俺💦)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前作は結果的に2回観た。年間のベスト1に選んだほど。
ただ、その後の小川氏を報道等で見掛ける度に、ちょっとだけ心配になる事が多々あった。
本人的には普通なのかも知れないものの。映画の成功で、周囲からの好奇な目に晒されているからか?必要以上にその発言等には(自身が目指していると訴える政策等)実現するには明らかに難しそうな発言が多くなっている気がする。
勿論、本人としても、それまでは比例での復活当選ばかりで。自分の主張したい事がなかなか立場的に言えなかったもどかしさが長い期間に渡って有ったからだろう…とは想像出来る。

総選挙の結果は既に明らかになっているので。その後に橋下から批判された、対立候補に対する橋下に直に送ったメールの存在等。その《危なっかしさ》には「嗚呼!何だかなあ〜」…と言った思いは強かった。
それだけに、今作品では絶対に避けては通れない問題であり。それを含めて、党首選挙での立候補から敗北を経て。(立憲民主だけが惨敗を期しただけに)今後の本人の考えに注目していた。

………のだが!

いやいやいや!やっちまった〜💧
おそらくその辺りの場面だとは思いますが、ついつい落ちてしまった_| ̄|○
しかも、上映終了後に色々なレビューを読ませて貰うと。何と何と、前作にも登場していたあのスシローに対して恫喝をする映像があったと言うじゃあないですか(@_@)

これはもう再度観るしかないですね。
それまでは採点は自粛します。
上映期間中に必ずもう一度鑑賞してから改めて改定のレビューを書くつもりでいます。

それでも後半はお目目パッチリで観てました。
前作では2人の娘さんに泣かされてしまったのですが、今回もやはり泣かされた。
特に選挙の為に帰郷して、父親の本質をカメラに向かって語る場面。
そして何と言っても、当選確定後の長女の挨拶場面は。もうこちらも父親になった気分で(前作を観てその辛さを知るだけに)ただひたすらにスクリーンを見つめながら感慨に浸ってしまった。
小川氏の支持者は着の身着のままなのに対して、平井氏の支持者のほとんどが背広組って言う対立構造ってのも、日本の地方選挙を象徴している感がありますねえ。

それにしても平井悪代官のエグさにはお口あんぐり(´⊙ω⊙`)
そこまでやりますか〜、、、って。よくよく考えたなら、こんなのは自民党政治の中では単なる【氷山の一角】なんでしょうなあ〜。
昔から(私が小学生の頃から)◯価◯会なんかは、もっと凄い事をやってたのは周知の事実ではありますけど。(その当時によく遊んでいた幼馴染の叔母さんは学会員だったので)

まあ…そんな巨大なる悪事が平然と行われているのが日本の選挙なんですよね〜。

総選挙も後半になり、平井悪代官も遂に「あのPR映画!」と、名指しで批判し。ありとあらゆる手を使っての妨害工作を仕掛けていましたが。その演説時には何故だかNHKの記者を抱えて居たのだから、自分でもPR映画を製作すれば良かったのに…と、ついつい観ながら思ってしまいましたけどね。
そもそも、自民党自体が。NHKをお抱え放送局とし、自民党政権に対して様々な批判をした人を切り飛ばし。それは他局にまで及んで封じ込めているのは最早明白だったりするのですから。
NHKだったら喜んで乗ってくれると思いますよ。

でもあれですね、悪代官に「PR映画だ!」…と言われてしまうのもむべなるかな…ってところは確かに感じますね。
とにかく、ドキュメンタリー映画としては、悪代官とゆう比較対象者が居るだけに。小川氏に近付き過ぎて居る感は拭えないかなあ…と。
前作の場合は、あくまでも「この人を取り上げたい!」との思いが結実しているのだから問題はないですが。流石に(維新の候補を交えた)今回の様に、選挙戦そのものをカメラに収める、、、となったならば。ある程度は引いた位置からの《記録》に徹する事を意識する必要があった気は少なからず感じるところではありましたが…

まあ、あれだけ親しくなってしまうと確かにもう身内感覚が深まってしまうだろうから、ちょっと難しいのでしょうけども。
何しろ本人以上に、家族の人達との絆が深まり過ぎてしまっていますからねえ。

↓ここから以下の文章は、2回目の鑑賞後に追加補足しました。

《類は友を呼ぶ》

後ろの人を気遣って腰を折る人達。それに気づき声に出して発する小川氏。

「QRコードをダウンロードして下さい」と言うだけで、それがどの様な仕組みになっているのか…すら説明せずに、「実績だけを見てくれ」と発する平井陣営。
そして【アノ】恫喝支援者(このおっさんただ1人だけ…と思いたい。)

僅かに針の頭の穴程度にしか当たらない〝 希望の光 〟ではありますが。この小さな穴がやがて全国的に拡がりを持つ〝 光 〟となるのかどうか。
それは、映画を観た人それぞれが持ち寄り、自身の胸に当てて判断するべきモノなのかも知れない。

2021年 12月28日 シネリーブル池袋/スクリーン2

2022年 1月4日 シネリーブル池袋/スクリーン2

コメントする (0件)
共感した! 1件)
松井の天井直撃ホームラン

4.0香川一区に風が吹いた!!「祭り」だった!!

2023年8月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

小川淳也さんは時の人になった!!
映画として完璧に盛り上がりました。
激戦区「香川一区」
岸田内閣の解散を受けて行われた2021年秋の総選挙で、
小川淳也陣営には多数の支援者やポランティアが押し寄せて、
「小川ブーム」で「祭り」だった。
小川淳也は遂に宿敵・平井卓也に2万票の差をつけ圧勝したのだ。
映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」の効果がどれ位だったのかは、
正直言ってよく分からないが、
平井卓也さんが、勝手にコケたから・・・
悪いイメージが強すぎて、マスコミの標的にされた。

対する小川淳也は愚直なまでに誠心誠意・公僕として働く意欲と
クリーンで爽やかなカッコよさで多くの人を魅了した。
ラストは開票速報で当確が早々と出て、小川さんも涙を堪えきれず、
娘の晴菜は、「正直者は馬鹿を見ると思っていたが、違った」と、
スピーチして、その言葉こそ小川淳也に相応しかった。

ここからが本題。
ここからが小川淳也さんの政治家としての正念場なのではないか?
直後の立憲民主党の党首に立候補して3位。
政調会長のポストにつく。

小川さんの言う「古い政治を変えんといかん!!」
何処をどう変えるのか?
映画ではそこを掘り下げてはいないのです。
小川がそこを20分語っていては、映画はヒットしないのは、
私にも分かる。
《日本を良くする。》
これも漠然としていて何をどうやって、良くするのか分からない。
《小川さんなら、この国を良くしてくれる》
と言う雰囲気はある。

だけどそんな単純なことだろうか?
与党が苦労していること。
高齢化による医療費の増加。
少子化により将来的に働き手が減り、当然として税金を納める人が
減っていく。
人口減をどう食い止めるか?
食料自給率をどうやって上げるか?
どうやって自殺者を減らすか?
安心して結婚して子供を産める社会なのか?
原発の再稼労は安全なのか?
国債の残高がこんなに増えて国は立ち行くのか?
安楽死問題をいつまで先送りするのか?
エネルギー価格の高騰を抑える手立てはあるのか?
国民年金で暮らせない人は、どうしたら良いのか?
生活保護受給者世帯が増え続けて大丈夫なのか?
たとえば78歳以上は運転免許証を再発行を辞めるとか?

これはあくまでも私見ですが、
小川淳也さんは素晴らしい人、それは100%確か。
しかし小川淳也さんなら日本を良く出来る!!
それは現時点では、
ムード(幻想)でしかない。
小川さんの歩みより、日本の成長より、
倍倍速で世界は変動するし、
そして地球温暖化も進む。

小川淳也には早く新党を作って貰いたい。
志を同じくする国会議員を100人位に増やして、
オオナタをふるい日本の政治を新しく作り変えて下さい。
切に願います。

コメントする 3件)
共感した! 4件)
琥珀糖

4.5二度目の鑑賞。

2023年8月5日
PCから投稿

立憲民主党の小川淳也議員を
17年間追いかけた
傑作ドキュメント
「君はなぜ総理大臣になれないのか」
の続編。
僕は映画館で観て、今回アマゾンプライムで
二度目の鑑賞。

もう10年前ぐらいになるだろうか。
「選挙」をテーマに映画を作ろうとしたことが
ある。
取材もし、結構綿密なプロットも書いた。
でもこのドキュメントを改めて見て、
作らなくてよかったとつくづく思った。
だってこんな面白いドラマ、脚本に書く
自信、僕にはないもん。

四国新聞、西日本放送を牛耳る平井一族の御曹司、
平井卓也氏(自民党)と東大を出て総務省に
入ったが政治を志し、エリートの道を捨て、
今でも家賃4万7千円のアパートに住む
パーマ屋のせがれ、小川淳也(立憲民主党)。

これまで2003年の初出馬から1勝5敗の
惨敗で、比例復活当選してきた小川。
今度こそと臨んだ選挙で、新たに維新の新人が
突然立候補を表明する。
このままでは票が割れる。
小川は勢い余って新人に立候補をやめて欲しいと
お願いに行くが、その行動が炎上を巻き起こす。

一方平井はデジタル大臣を務めていたが、
度重なる不祥事が続き、退任。
今までは違う逆風にあせり、
「あんなPR映画で出てきた候補者に政治を
任せられない」と言い放つ。
「PR映画といういい方はない」と怒りを本人に
ぶつける大島新監督。

映画には他にも多くのアクシデントを映し出し、
小川の娘や妻、父母の家族愛と支持者の熱い
想いを描いていく。
これらのシーンになると何度も涙が滲んだ。

疑惑、情熱、議論、怒涛、矛盾、悔恨、虚実、
正義、諸悪。
さまざまな言葉で形容したくなる
選挙戦の実態。
果たして有権者が下した判断は……。

あー、やっぱりこんな話、僕にはとても
書けない。
155分。全く飽きないドキュメントです。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
高坂圭