声もなく

劇場公開日:

声もなく

解説

闇の仕事を請け負う口のきけない青年と、両親に身代金を払ってもらえない孤独な少女の交流を描いた韓国発のサスペンスドラマ。「バーニング 劇場版」のユ・アインが新人監督ホン・ウィジョンとタッグを組み、2021年・第41回青龍賞で主演男優賞と新人監督賞を受賞した。口のきけない青年テインと片足を引きずる相棒チャンボクは、普段は鶏卵販売をしながら、犯罪組織から死体処理などを請け負って生計を立てていた。ある日、テインたちは犯罪組織のヨンソクに命じられ、身代金目的で誘拐された11歳の少女チョヒを1日だけ預かることに。しかしヨンソクが組織に始末されてしまったことから、テインとチョヒの疑似家族のような奇妙な生活が始まる。相棒チャンボク役に、テレビドラマ「梨泰院クラス」のユ・ジェミョン。

2020年製作/99分/G/韓国
原題:Voice of Silence
配給:アットエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2020 ACEMAKER MOVIEWORKS & LEWIS PICTURES & BROEDMACHINE & BROCCOLI PICTURES. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5確かさを求める時代に

2022年2月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

明日は何して遊ぼうか。他愛のないことを考えて過ごす今日がなくなった。
不規則な起伏を描く感染者数は、押したり引いたりを繰り返し先が見えない。折角の計画があっけなく白紙になったり、楽しみにしていた公演が中止に追い込まれてしまうこともしばしば。明日が見通せないから、約束を交わすことも激減している。

こんな宙ぶらりんな状態を体現したのが、『声もなく』で15キロもの増量で役作りをしたユ・アインである。
映画のタイトルが示す通り、青年は声を発することが出来ないが、その理由は説明されない。ティンは親代わりのチャンボクと一緒に卵を売って暮らしている。養鶏場といえば『下女』が思い出されるが、ここは脱線しない。
このコンビには仕事がもうひとつある。鶏舎は悪党の粛正の場であり、ふたりは葬られた屍体を処理をしているのだ。

ある日、ヤクザのボスが「ある人物を匿ってくれ」と依頼する。犯罪組織からの命令とあれば絶対服従だ。指定された場所に行くと、ウサギのお面を着けた少女がいた。身代金を目当てに誘拐されたのだ。俺の家だと目立つからというチャンボクに押しつけられ、ティンは少女を自転車に乗せると衣類やゴミが散乱し足の踏み場もない荒ら屋に連れて帰る。

翌日、鶏舎では少女を匿えと依頼したヤクザが吊るされている。闇社会とは呆気がない。昨日の雄は今日の負け犬に成り下がり、無様な姿を晒している。
この先の展開はネタバレだらけになってしまうので抑えるが、約束主が屠殺されたふたりには次のプランがない。明日が見通せない宙ぶらりんな状態となった所で、物語は予期せぬ展開へとなだれ込んていく。

卵から始まり、自転車、散乱した衣類、キツネのお面、悪党が着ていた高級スーツ、荒ら屋を取り囲む田園地帯、思わぬ所から飛び出す周到な仕掛けが、後半にはきっちりと回収されていく描写の妙が冴える。
言葉を介することなく、不確かな今日を終わらせようとする青年の姿は、明日への確かさを求めながらも宙ぶらりんな日々をやり過ごす我々の今と重なるのではないか。確かさを求める時代に現れた異色のサスペンス『声もなく』は、上質な人間ドラマでもある。
その結末を残酷と観るか、明日への希望と受け止めるか。その答えは、映画館のスクリーンに浮かび上がる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
高橋直樹

4.0声を発したかった

近大さん
2022年9月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
近大

4.0何故だか温かい誘拐犯罪ドラマ

mistyさん
2022年8月6日
iPhoneアプリから投稿

主演のユ・アインの演技力が素晴らしい。特に声が出せない(出さない?)中で、動作と目、表情でその感情を表現しているところが素晴らしい。一言で言うと誘拐犯罪ドラマなのだが、幼児売買や障害者、貧困、など様々な要素を含んで、でも重くなりすぎずに描かれている。いい映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
misty

3.5いろいろとれべち

津次郎さん
2022年7月7日
PCから投稿

軽トラで卵を売っている父子らしきふたりの男。
組織の屍体処理を副業にしている。
主収入はそっちだが、つましく生きている。

反社と田舎と底辺と暗愚。
韓国映画が得意とする描写だと思う。

在方とそこにいる教養のない人、かれらが依拠する闇の世界──を描かせたら韓国映画の右にでるものはない。

主人公はユ・アイン。
田舎の青年の雰囲気がじょうず。
投げやりで、短絡的で、ふてぶてしい──そんな人物像がバーニング(2018)にもこの映画にもあった。

アメリカ映画で障がい者が描かれるとき、それは多様性をあらわすために使われる。
韓国映画で障がい者が描かれるとき、それは何らかのいびつさをあらわすために使われる。

ユ・アインの役は唖者の設定で台詞がない。
さながら復讐者に憐れみのシン・ハギュンのようでもあり、映画のはじまりのノワール感はわくわくさせた。

が、身の代にあずかった少女を仮住まいさせている間に情がわいてくる──という話。
悪くないが筋を盛りすぎで、正直なところ主題はぼやけていた。と個人的には思う。
ストックホルム症候群のテーマを生かすにしては、込み入った話だった。

ただし監督ホン・ウィジョンにとってこれが初めての長編映画。女性である。
いうまでもないが基本的な映画技術もさることながら作家性が日本とはレベち。比べるひつようはないことだが、いつもながら愕然とさせられた。
日本に作家性をもった新人映画監督っているんだろうか?
(作家性の有無とは「どうしてもこれを作りたいという宿望」の有無、です)

ところで、日本映画だと、たとえばひとをコロすシーンで眉一つ動かさずに処置すると「おれはこんなに冷酷無比なんだぜ」というドヤりがあらわれる。

これは演者のドヤりでもあるが作り手のドヤりでもある。

もっと分かり易く言うと、たとえば、風呂場でためらいもなく屍体をバラバラにすると「(この描写)すげえだろ」という監督自身の承認欲求が入り混じったなんともいえないドヤりがあらわれる。

それらのドヤりは観衆からすると稚気だが、ぜったいにそれがあらわれてしまう。
ようするに日本映画は悪い奴を描写するのが絶望的にへたくそ。

反して韓国映画は悪い奴/事を描写するのがうまい。

雨合羽をきて、ビニールを布いて、道具をならべる、父子の日常性。とうてい拷問用の吊るしを設営しているとは思えない。

日本映画では韓国ノワールの模倣が潮流化しているが、やはり血は競えない──という話。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎
すべての映画レビューを見る(全54件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「声もなく」以外にこんな作品をCheck-inしています。