ベイビーわるきゅーれ

劇場公開日

ベイビーわるきゅーれ
38%
52%
7%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

社会不適合者な殺し屋の少女たちが、社会になじむため奮闘する姿を描いた異色青春映画。高校卒業を目前に控えた女子高生殺し屋2人組のちさととまひろ。組織に委託された人殺し以外、何もしてこなかった彼女たちは、高校を卒業したらオモテの顔として社会人をしなければならない現実を前に、途方に暮れていた。2人は組織からルームシェアを命じられ、コミュ障のまひろは、バイトもそつなくこなすちさとに嫉妬し、2人の仲も徐々に険悪となっていった。殺し屋の仕事は相変わらず忙しく、ヤクザから恨みを買ったことから面倒なことに巻き込まれてしまい……。ちさと役を高石あかり、まひろ役を伊澤彩織がそれぞれ演じる。監督は「ファミリー☆ウォーズ」「ある用務員」の阪元裕吾。

2021年製作/95分/PG12/日本
配給:渋谷プロダクション

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会

映画レビュー

4.5アクションも日常描写もずば抜けている傑作

村山章さん
2021年8月27日
PCから投稿

『ジョン・ウィック』みたいにシステマチックな殺し屋業界が存在して、そこに所属している女子高生の殺し屋コンビが、高校卒業を機にアパート暮らしとバイトを始める。だいたいそんな話だ。

日常あるあるを散りばめながら、ときおりキレッキレのバイオレンスが炸裂する。まるでアイスを食べるくらいのテンションで人を殺せるティーン女子たちのアクション映画である。

スタントマンとしても活躍する伊澤彩織と、舞台版鬼滅の刃の禰豆子こと高石あかりの、脱力したやりとりが素晴らしい。これをユル過ぎると感じる人もいるかも知れないが、飾ったり媚びたり持ったりしない日常描写が続くだけで、とてつもなく豊かな時間なのは、もうロメールとかを引き合いに出してもいいのではないか。

そして女性のアクション進出が加速する中で、どうして気になっていたのが体格差、体重差はどこいった?問題で、例えば巨体の男が軽いケリですっ飛んでいったりするような、重力を無視した表現は多い。ところがこの映画、小柄な女性が、軽々と持ち上げられたり、パンチを受け止められたりしながら、的確なスキルで相手を倒していく。伊澤彩織の身体能力と、ウソをウソに見せないコレオグラフィーで、なんならハリウッドを凌駕する傑作アクションが、超低予算で誕生してしまった。この映画、何度でも観られる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 15 件)
村山章

4.0面白い!

tomoboopさん
2022年5月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

「ニキータ」や「悪女Akujo」みたいな、いわゆる「カッコいい女殺し屋」とは違いますが、ダメな所を含めて魅力的なダークヒロイン像が良かった!「見守ってくれる優しいカレ」的なキャラの登場もなく、甘さ控えめ。

凄いアクションのキレと闘いの時の鋭い表情に対して、普段の困った顔が可愛いらしくてギャップ萌えです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomoboop

4.0面白い

2022年5月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

女子高生の殺し屋二人が卒業、組織からは、キチンと社会生活をするように、との指示がありコミュ症の一人も頑張るが・・・。
殺し屋と社会人とのギャップが面白おかしく、アクションも手抜き無しで充実している。
とても面白かった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0殺し屋女子の日常

SUZさん
2022年5月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

かなり雑なストーリーなのだが飽きないのは、アクションシーンの小気味の良さと、日常のふたりのゆる〜いテンポの良さが故だと思います。面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SUZ
すべての映画レビューを見る(全78件)