劇場版 呪術廻戦 0

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「週刊少年ジャンプ」連載の大ヒットコミックを原作とする人気テレビアニメ「呪術廻戦」の劇場版。原作者・芥見下々が本編連載前に短期集中連載で発表した前日譚「呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校」を基に、呪いと化した幼なじみに憑かれた青年・乙骨憂太の“愛と呪いの物語”を描く。高校生の乙骨憂太は、幼い頃、結婚を約束した幼なじみの祈本里香を交通事故により目の前で亡くしていた。それ以来、呪霊化した里香に取り憑かれるようになった乙骨は、暴走する彼女に周囲の人々を傷つけられ苦悩していた。そんな中、呪霊を祓う“呪術師”を育成する教育機関・東京都立呪術高等専門学校の教師にして最強の呪術師・五条悟に導かれ、乙骨は同校に転入することに。自身の手で里香の呪いを解くことを決意した乙骨は、同級生の禪院真希や狗巻棘、パンダと共に呪術師として歩みだすが……。アニメシリーズでの本格的な登場は本作が初となる乙骨の声を「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの緒方恵美が演じる。

2021年製作/105分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
芥見下々
脚本
瀬古浩司
製作
松岡宏泰
大田圭二
共同製作
瓶子吉久
大塚学
桑田栄顕
丸山博雄
エグゼクティブプロデューサー
大島孝幸
大好誠
チーフプロデューサー
山中一孝
高橋敦司
藤尾明史
林辰朗
プロデューサー
松谷浩明
齋藤雅哉
木村誠
大森達也
前田俊博
アソシエイトプロデューサー
池田亮太
久保亨
山崎博昭
企画協力
中野博之
大西恒平
三輪宏康
片山達彦
キャラクターデザイン
平松禎史
副監督
梅本唯
美術監督
東潤一
色彩設計
鎌田千賀子
CGIプロデューサー
淡輪雄介
3DCGディレクター
木村謙太郎
撮影監督
伊藤哲平
編集
柳圭介
音響監督
藤田亜紀子
音楽
堤博明
照井順政
桶狭間ありさ
主題歌
King Gnu
音楽プロデューサー
小林建樹
アニメーションプロデューサー
瀬下恵介
制作
MAPPA
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29
  • 画像30
  • 画像31
  • 画像32
  • 画像33
  • 画像34
  • 画像35
  • 画像36
  • 画像37
  • 画像38
  • 画像39

(C)2021「劇場版 呪術廻戦0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

映画レビュー

4.0よく構成されていて見やすい作品

2021年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

乙骨憂太は本編の虎杖よりもわかりやすく主人公しているなと思った。彼が何を目的とするのかが、最初のエピソードで具体的に描かれ、どうすればゴールなのかも明確になっている。緒方恵美さんの芝居もあって、とても魅力的なキャラクターに仕上がっている。緒方さんが過去に演じてきなキャラクターのペルソナも匂わせつつ、でもそれはいい意味で作品にプラスに作用していると思う。
最初の小学校での呪いと遭遇するエピソードで彼の問題意識と目標をはっきりさせ、商店街で棘との共闘で成長を実感させ、最後の百鬼夜行で主人公の強さを見せて、呪いの解呪というゴールにいたる。見事な3幕構成で主人公の成長とゴールをまとめている。それぞれに派手な戦闘シーンを用意して、娯楽作品としてしっかりした出来栄えだった。
五条と夏油のエピソードを原作本編から持ってきて、ドラマの補強も行い、京都高や七海など、本編のキャラも登場させてファンの満足度を高める。意外性などは特にないが隙のない構成だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 18 件)
杉本穂高

4.5初心者に優しい「0」を描いた作品。アニメーションの作画の出来は良い一方、既視感等があるのはマイナス要素か。

2021年12月24日
PCから投稿

まず原作マンガとテレビアニメ版は未読・未見の状態です。
そのため、本作は初心者でも入り込めるようになっているのは良いと思いました。
また、アクションを中心に作画の出来は光るシーンが少なくなかった点も評価は上がります。
ただ、主人公の声優が同じだけではなく設定自体も「ヱヴァンゲリヲン」と似てしまっているため、どうしても比較対象として見てしまいます。そう考えると、「まだこれから」と思える面が少なくありませんでした。
「鬼滅の刃」のようにコミカルなシーンを入れて楽しませようとしているのは理解でき、方向性は良いと感じましたが、演出の問題なのか上手く響いていなかったのは少し残念でした。
内容も、初心者に優しい「0」を描いているため薄くなっている点は仕方ないと思われます。
とは言え、「最初の映画」としては良くまとまっていて“愛と呪いの物語”はキチンと描かれていたので十分に合格点だと思います。
エンドロールの終わりにも「オマケ映像」があるので席を立たないようにしましょう。

コメントする
共感した! (共感した人 30 件)
細野真宏

3.5ファンではないし、0巻未読

2022年1月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

萌える

呪術廻戦は、原作だと絵のタイプの関係で若干戦いのシーンが見にくい、という難点が映画だときれーーに美しく描かれていて素晴らしいですね。
五条先生の唇の潤いがとても気になったけど、終始楽しく見れました。2021年は映画館に全然行けない年だったけど、まあまあな締めでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きゃりー

3.0いまいち

2022年1月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

アニメも観ていないし、内容も全くわからないけど、とりあえず上映がいっぱいされていたので鑑賞。大きいパンダが印象に残っているけど、3週間経った今、パンダ以外もう思い出す事がない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしーな
すべての映画レビューを見る(全300件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る