BLUE ブルー

劇場公開日:

BLUE ブルー

解説

「ヒメアノ~ル」「犬猿」の吉田恵輔監督によるオリジナル脚本で、ボクシングに情熱を燃やす挑戦者たちの熱い生き様を描いたドラマ。ボクサーの瓜田は誰よりもボクシングを愛しているが、どれだけ努力を重ねても試合に勝てずにいた。一方、瓜田の誘いでボクシングを始めた後輩・小川は才能とセンスに恵まれ、日本チャンピオンに王手をかける。かつて瓜田をボクシングの世界へ導いた初恋の女性・千佳は、今では小川の婚約者だ。強さも恋も、瓜田が望んだものは全て小川に奪われたが、それでも瓜田はひたむきに努力し続ける。しかし、ある出来事をきっかけに、瓜田はこれまで抱えてきた思いを2人の前で吐露し、彼らの関係は変わり始める。松山ケンイチが主演を務め、後輩ボクサーの小川を東出昌大、初恋の人・千佳を木村文乃、新人ボクサーの楢崎を柄本時生が演じる。

2021年製作/107分/G/日本
配給:ファントム・フィルム

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2021「BLUE ブルー」製作委員会

映画レビュー

4.5勝ち負けとは違うところから生まれたボクシング映画

2021年4月30日
PCから投稿

夢を追い続けることの辛さを描いた大傑作『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の𠮷田恵輔監督は、ずっと前からボクシング映画の構想について口にしていた。監督自身がずっとボクシングを続けてきた人だけに、いわゆる「ボクシング映画」の描写には違和感を持つことが多く、自分の目で見てきたボクサーたちのことを描きたい、というのだ。

この映画に登場するボクサーたちは、性格も強さも抱えている事情もそれぞれに異なるのだが、それぞれの背景にはあまりフォーカスしない。ただ、ボクシングを始めてしまった人たちが、強かろうと弱かろうが、その魅力から離れられない業のようなものと、残酷にしのびよる肉体的、年齢的、才能的な限界を淡々と描いている。

つまり、映画なのに、映画的ではない人間ばかりを主人公にしていて、さりとてドキュメンタリーとは違い、フィクションならではのエモーショナルなドラマが詰まっている。

どんな大きな試合に出ても、そこで勝っても負けても人生は続く。自分はボクシングにはまったく詳しくないが、人生そのものの映画としてものすごく引き込まれたし、苦み成分は多くとも、とてもすがすがしい作品だった。

コメントする (0件)
共感した! 12件)
村山章

3.5時生的キャラ

2022年10月9日
PCから投稿

概してボクシング映画が傑出するのは身体づくりが条件となるから。
痩せて訓練して撮る──そのプロセスには既にドキュメンタリーの核が備わっている。
本作でも松山ケンイチと柄本時生と東出昌大がそれぞれの役者魂を見せてくれる。

個人的に印象的だったのは柄本時生。

日本の個性派俳優の扱い方として「かならず同じ役が与えられる」──というのがある。
その外観から想定されるキャラクターを外すことが(ぜったいに)ない。

濱田岳や伊藤淳史や山中崇や渋川清彦やでんでんや温水洋一や森下能幸や宇野祥平や・・・が想定外のキャラクターを演じているのを見たことがありますか?
良かれ悪しかれ業界のキャスティングは多様性ゼロだ。

とうぜん柄本時生に与えられるキャラクターもすべての映画/ドラマで完全一致している。

本作でも、楢崎剛(柄本時生)は軽薄な男だった。女にいいところを見せたくて軽い気持ちでボクシングをはじめる。だけどやっているうちに執着心が芽生える。「強くなりたい」と思うようになる。──いつもの柄本時生だった。

(余談だが、じぶんはマカロニえんぴつの「なんでもないよ、」のMVをくりかえし見る。なんどでも泣ける。心をかき乱される曲であり、MV自体が胸にせまるストーリーを持っていることに加え「ダメな男なりに必死でやる」を演じる柄本時生が独壇場だった。
(MVやCMと映画の方法論は違うけれど横堀光範監督が映画へ進出したらいけそうな気がしています。))

ただし映画BLUE/ブルーの焦点は瓜田信人(松山ケンイチ)の片想いと闘志にある。初恋の千佳(木村文乃)を小川一樹(東出昌大)にとられ、試合もいっこうに勝てないのに、頑なに基本を貫こうとするストイックなボクサー瓜田の男臭さや孤高や不屈を表現しようとしていた。

そのプロットが適宜稼働すれば、もっと狂おしい「あしたのジョー」的な男の世界観が見えてくるはずだったが(個人的には)狂おしい高揚には至らず、スルリと抜け落ちた。
また(ボクシングのことは解らないが)突然気絶するほどのパンチドランカーになっている小川がなおもボクサーを続行するのは非現実的な気がした。

ヒメアノ〜ル(2016)には衝撃をうけたし、純喫茶磯辺(2008)や犬猿(2018)もよかった。──ので、吉田恵輔監督にはいい印象をもっている。

BLUE/ブルーの概要には──、
『監督の𠮷田が8年の構想を経て脚本を執筆したほか、中学の時から30年以上続けているボクシングの経験を生かして本作の殺陣指導も行っている。主演の松山は𠮷田の脚本に惚れ込み、2年間かけて役作りを行った。』(ウィキペディア、BLUE/ブルーより)
──とあった。

が、BLUE/ブルーは悪くない映画だったが、熱さより労い(ねぎらい)を感じてしまう映画だった。

──

役者が長らく節制して痩せたのなら、その報いがあっていいと思う。報いとは作品のクオリティのことだ。キャストアウェイのトムハンクスやマシニストのクリスチャンベールや沈黙のアダムドライバーやジョーカーのホアキンフェニックスの凄まじい痩身が報われたのはそれぞれ作品がよかったから──に他ならない。

痩せる──という身体づくりがなくても一般論として役づくりに奮闘したなら、その報いがあっていい。
そんな役者の努力を守るのは監督の「才能」ではなく映画づくりの基礎技術。社会では、どんな職業でも訓練した人(or学んだ人)に身を任せるからだ。
だけど日本映画界ではあるのかないのか解らない「才能」に身を任せるのが一般化している。──という話。
(汎論であって本作や吉田恵輔監督のことではありません。)

コメントする (0件)
共感した! 0件)
津次郎

4.0長く短い人生の切り取り

2022年8月23日
iPhoneアプリから投稿

区切る事が出来ない人生がワンラウンド。
何を得て何を失うのか。

勝敗だけではないボクシング人生を描いた作品。

見応えあり。

東出さんが演じる小川。
いつ壊れてもおかしくない状態に対して
松山ケンイチさん演じる瓜田が
何も言わない、言えない、言いたくないのか。。。

起承転結がある映画ではないからずっと観てしまう。
だからこそ人生の怖さと儚さを感じる。

ボクシングを中心に生きた人生1ページ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
M.T

4.0万年 青コーナーに見えて

2022年7月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

報われない努力を重ねる瓜田。敗北し続けるが、生きているきらめきがある。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ほんのり
すべての映画レビューを見る(全114件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る