浅草キッド

配信開始日:

浅草キッド

解説

ビートたけしが自身の師匠である芸人・深見千三郎と過ごした青春をつづった自伝「浅草キッド」を映画化。劇団ひとりが監督・脚本を手がけ、多くの人気芸人を育てながらも自身はテレビにほとんど出演しなかったことから「幻の浅草芸人」と呼ばれた師匠・深見や仲間たちとの日々と、芸人・ビートたけしが誕生するまでを描き出す。昭和40年代の浅草。大学を中退し、「お笑いの殿堂」と呼ばれるフランス座のエレベーターボーイをしていたタケシは、深見のコントにほれ込んで弟子入りを志願。ぶっきらぼうだが独自の世界を持つ深見から、“芸ごと”の真髄を叩き込まれていく。歌手を目指す踊り子・千春や深見の妻・麻里に見守られながら成長していくタケシだったが、テレビの普及とともにフランス座の客足は減り、経営は悪化していく。やがてタケシはフランス座の元先輩キヨシに誘われ、漫才コンビ「ツービート」を結成。深見の猛反対を押し切ってフランス座を飛び出し、人気を獲得していく。深見を大泉洋、タケシを柳楽優弥が演じる。Netflixで2021年12月9日から配信。

2021年製作/123分/日本
配信:Netflix

スタッフ・キャスト

監督
原作
ビートたけし
脚本
劇団ひとり
エグゼクティブプロデューサー
高橋信一
プロデューサー
有重陽一
深津智男
企画協力
秋元康
撮影
高木風太
照明
市川徳充
録音
池田雅樹
美術
磯田典宏
衣装デザイン
宮本茉莉
ヘアメイク
佐々木弥生
編集
穗垣順之助
音楽
大間々昂
主題歌
桑田佳祐
音響効果
岡瀬晶彦
VFXスーパーバイザー
牧野由典
タップダンスコレオグラファー
HideboH
特殊メイク監修
JIRO
助監督
蔵方政俊
スクリプター
古谷まどか
キャスティング
南谷夢
ポストプロダクションスーパーバイザー
山川健太郎
制作担当
桑原学
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0どうしてNetflixじゃないと実現できなかったのか

2022年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

柳楽優弥が本当に素晴らしかった。物真似ではなく芝居でビートたけしを表現していた。模倣と表現は重なる部分はあってもイコールではない。脚本があり、テーマや方向性があり、その中で人物として何を表現するのかを問われるのが芝居という表現。柳楽優弥は、駆け出しの才能ある人間であるたけし、照れ屋であるたけし、師匠を心から敬うたけしを見事に表現していた。
深見役の大泉洋も、本人とは似ていないらしいが、確かな存在感。毒舌に特徴ある人物を、嫌味にならずに演じられる大泉のセンスが抜群にはまっている。
これはNetflixの映画だが、劇団ひとりは何年も映画化の道を探っていて、企画を拾ってくれたのがNetflixだけだったらしい。どうして日本の映画会社でこれが実現できなかったんだろう。テレビを否定し、古い舞台でのみ笑いの価値を見出した男と、新しいテレビの世界でスターダムに上り詰めた男の物語を、新しい媒体である配信サイトで語るのは、皮肉なような、必然なような、複雑な気分になる。

コメントする (0件)
共感した! 15件)
杉本穂高

4.0芸人は笑われるのではなく笑わせる。その真髄が描かれる

2022年1月6日
PCから投稿

泣ける

笑える

思えば、ビートたけしは不祥事を起こしたお笑い芸人たちが涙で謝罪会見する度に、『芸人がマジになってどうすんだよ。笑わせなきゃダメだろうよ』と、言っていったけ。そんなたけしが師匠の深見千三郎に師事した浅草時代の思い出を綴った自伝の映画化は、"笑われるのではなく笑わせてやる"という芸人のプライドと覚悟が全編から溢れ出ている。

周りの誰もが気を使って話題にしないことをあえてネタにして、相手の出方を待つ。落ち目の師匠と彼を見舞った弟子の間に一瞬生まれる"間"の後で始まる、予想外のボケとツッコミ、等々。古き良き浅草の人間模様と共に描かれるお笑いの真髄に触れられて、おかげで贅沢な新年を迎えることができた。

たけしの癖を誇張し過ぎずコピーしながら、時代を駆け抜けていく人気芸人の凄みを表現する柳楽優弥と、時代に取り残されていく師匠の悲哀をしみじみと、時に凛として演じる大泉洋がいい。そして、歌手志望のストリッパーを演じる門脇麦も、師匠を支える妻の鈴木保奈美も、主な舞台となる今はなき浅草"フランス座"の従業員も、みんな。

何よりも、監督と脚本の劇団ひとりが巧みに掬い取る、昭和の香りに強烈なノスタルジーを感じた。お笑いがTVに乗っ取られる前の、人と人との距離がもっと近かった時代に。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
清藤秀人

4.0たけし役にはハンサム過ぎだが、柳楽が大泉とともに好演。劇団ひとりの演出もいい

2021年12月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

悲しい

楽しい

冒頭、現在のたけしが「あれ、ご本人?」と錯覚するくらいの再現度で登場し、ほどなく特殊メイクだとわかるが、ここでも柳楽優弥が演じているとは気づけなかった(鑑賞後にネットで調べて知った)。

若い頃のたけしを演じるパートは、あの独特な首の動きを筆頭に完全コピーと言ってもいいほどのなりきり演技で役者魂を感じさせるが、難点を挙げるなら柳楽が野性味のあるハンサムに過ぎること。ビートたけしの毒舌は一見平凡な風貌から切れ味鋭く放たれるギャップも面白さのうちだったが(凡庸な外見と内なる狂気というたけしの特性は、のちに俳優業で活かされることになる)、切れ長の目でどちらかと言えば爬虫類系の顔立ちの柳楽にはもともと危険な雰囲気があり、外見と毒舌のギャップを感じづらいのだ。

とはいえ、本作のもう一人の“主人公”であるたけしの師匠・深見を演じた大泉洋とともに、厳しくも人情味あふれる浅草芸人の世界を愛情込めて伝えてくれたことに感謝したい。監督・脚本を務めた劇団ひとりも奇をてらうことなく、じっくり2人の演技と芸を見せることに重点を置き、話の流れもスムーズに構成している。物語構造としては、最近レディー・ガガとブラッドリー・クーパーでリメイクもされた「スター誕生」と同様、エンタメ業界で成功の階段をのぼる若手と没落していく大御所という対照性がわかりやすく、ウェルメイドな作劇と言えるだろう。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
高森 郁哉

4.5芸人は、笑われるんじゃないんだ!笑わせるんだ!!

2023年1月14日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ある意味で「劇団ひとり」の仕事に感動する映画だった。
そして「劇団ひとり」・・・を見直す映画でした。
ビートたけしが師匠であった深見千三郎をリスペクトするように、
劇団ひとりのビート・たけしへのリスペクトが沸々と伝わってくる。
劇団ひとりの性根の真っ直ぐさ、優しさと靭さを知った。

構成の巧みさが光る。
過去と現在を巧みに行き来する構成。

フランス座を飛び出して地方巡業も客に受けず、
深見を見捨ててきたのに、売れずに鬱屈してるたけし。

一転して、過去。
フランス座でエレベーター係りをしている駆け出しも
駆け出しのたけし。
深見に弟子入り志願するものの、芸ひとつない事を笑われ、
タップダンスの手ほどきを受ける。
タップダンスに熱中して上達するとともに、
芸にも磨きがかかる。

やがて閑古鳥の鳴く「フランス座」に見切りをつけて去るたし。

ピンチヒッターで出たテレビで毒舌漫才が炸裂して曝発的人気。

漫才大賞を受けた足で、師匠に会いに行く。
賞金を渡し居酒屋に繰り出す。
この時の深見(大泉洋)とたけし(柳楽優弥)の会話のピンポンは
ベスト・オブ・ベストの毒舌漫才だった。

喜びの絶頂の深見の死。

ラストで深見とたけしのタップダンス・シーン。
喜びが溢れ、幸せ感、満足感。
湿っぽくは終わらない
意地でも笑わせて泣かせてやる・・・
そんな野心や挑発は劇団ひとりにはない、
のに、泣ける。

劇団ひとり。あくまでも優しい。
天才たけしへのリスペクト、
芸人へのリスペクト、
そして深見正三郎という時代遅れの芸人の姿が
クッキリと脳裏に刻み込まれる。
秀作。

コメントする (0件)
共感した! 12件)
琥珀糖
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る