劇場版 ポリス×戦士 ラブパトリーナ! 怪盗からの挑戦!ラブでパパッとタイホせよ!

劇場公開日

劇場版 ポリス×戦士 ラブパトリーナ! 怪盗からの挑戦!ラブでパパッとタイホせよ!
9%
27%
46%
18%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

三池崇史が総監督を務める女児向け特撮ドラマ「ガールズ×戦士シリーズ」の第4弾「ポリス×戦士ラブパトリーナ!」の劇場版。世界規模の事件を扱うインターポール所沢支部に依頼され、怪盗に狙われたお宝「ラブダイヤモンド」を守るべく立ち上がったラブパトリーナの4人。しかし、おっちょこちょいな愛川警部が、警護中に敵のワルピョコ団にラブを奪われてラブゼーロになってしまう。ラブパトリーナの4人を演じるのは、テレビシリーズでおなじみの渡辺未優、山口莉愛、山下結衣、杉浦優來。愛川警部役の加藤清史郎、愛川警部の上司・シンゴ署長役の柳沢慎吾が劇場版オリジナルキャストとして参加。歴代「ガールズ×戦士」シリーズのメインキャストも出演する。前作劇場版「劇場版 ひみつ×戦士 ファントミラージュ! 映画になってちょーだいします」に続き、三池監督がメガホンをとった。

2021年製作/77分/G/日本
配給:KADOKAWA、イオンエンターテイメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27

(C)TOMY・OLM/劇場版ラブパトリーナ製作委員会

映画レビュー

3.0イオンのワンデー使うならこの一本、三池崇史監督作品だけに侮るなかれ

2021年6月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

単純

萌える

アニメシリーズ未見。『初恋』に続く三池崇史作品2本目。この2本しか観たことない人、たぶん私以外いないと思う。笑 貸切だったので、恥ずかしさを押し殺すようにボソボソ言いながら鑑賞。意外と悪くなかった、というか凄みすら覚えた。

所詮は子ども向けでしょ…と思ったアナタ、侮るなかれ。あの三池崇史が監督をしている。あるインタビューで「子どもの無邪気さに頼っている」的な発言もしていたので、監督として特段異なることはしてないんだと思う。
実際、テンポは安い映画よりも断然良くて観やすい。寧ろ、ダンスや応援シーンなんかはコロナ禍を踏まえた上でリードするから、感心してしまった。また、所沢のカドカワミュージアムと東京サマーランドしか使わないコンパクトな設計なのも魅力的。作品に対しての堅実的な姿勢が伝わってきて、意外と飽きないで観れた。

三池崇史監督のキャパシティの広さと真面目さが伝わる作風。恥ずかしかったけど、いい経験になりました。笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たいよーさん

3.0本多平直代議士も完全にラブってる

2021年6月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

萌える

2021年映画館鑑賞50作品目
6月14日(月)イオンシネマ石巻
テレビ東京で放送されているガールズ戦士シリーズ第4弾の劇場版
テレビの方は全く観ていない
東北にはテレビ東京系がないし『なんでも鑑定団』みたいに放送されていない
DVDなどで観るほかない

自分はロリコンではない
甘えん坊なので熟女が好きだ
このくらいの年齢の女の子はツンケンしていて生意気でいけない
小学生だと思い込んでいたが設定は中学一年生だという
おじさんから見れば中学生も随分と子供である
それを思うと本多平直代議士の発言には寒気がする

断じてロリコンではない
三池監督のファンである
三池監督といえば『無限の住人』とか『悪の教典』とか『土竜の唄』といった作品を手がけるが『忍たま乱太郎』や『妖怪大戦争』といった子供向け映画もよく作る監督でもある
その『忍たま乱太郎』に主演していたこども店長が愛川警部として登場
今更こんなこと書くのもなんだが随分と変わってしまった
全然可愛くない
大人になった一休さんも可愛くないしこればかりは仕方が無い

柳沢慎吾がシンゴ署長としてゲスト出演
子どもとの時間を大切にするため子連れ狼風に職場に連れてくる

一番の売りは彼女たちのダンスだろう
自分はこんな複雑な振り付けは覚えられないし仮に覚えたとしてもすぐに息が切れて体がついていけない
その点では彼女たちが羨ましい

初代2代目3代目のガールズ戦士たちも助っ人として登場
戦隊モノや仮面ライダーのようなノリ
3代目のみんなずいぶん背が伸びた気がする
初代は1人しか出てこないのが残念だが他のメンバーはこの業界を引退しているんだろう

全体的に馬鹿馬鹿しいがいちいち突っ込むのは野暮だろう
『地獄の花園』も馬鹿馬鹿しいと評判だ
今の世の中そんな馬鹿馬鹿しい作品を観て心にこびりついたイライラを少しでも剥がしたいものだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

3.0家族での映画としては楽しめました

白波さん
2021年6月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

娘さんが好きな為、家族で行ってきました。
行ってきましたとさらっと書いてますが、後悔時期はコロナによって営業停止ど真ん中。
ずいぶん前にムビチケを買っていた為、結構焦りました。
そしていざ劇場が営業再開すると、地味に座席の争奪戦がシビア。
座席一つ開け+上映本数が少なく、かつ親子連れ(複数席がいる)が多いんですね。
さらに狙っていたのは舞台挨拶のライビュ付きの回、日付が変わったら途端に繋がらなくなったんです。
15分程して繋がった時には半分くらい埋まっていました、恐るべしです。
当日向かうと前3列以外は全て埋まっていました。
始まるといつものとうりなお話と、前作のようにTVのOP・EDや変身バンクが全て使われているような構成です。
ここは正直良くも悪くもあると思うのですが、ガールズ戦士シリーズ一番の見せ場なので、スクリーンで観れるのは子らにとって嬉しいみたいですね。
個人的には柳沢慎吾の配役が嬉しかったです。
今回も途中過去戦士出したりと、まぁそんな感じで終わります。
そしていよいよライビュの始まりです。
するとここまでお菓子やらで引っ張ってきたのですが、息子さんが持ちませんでした。
ふと席を立ち出し「オソトイコー?」となりましたよ。
でも本編は無事しのいだし、挨拶なんてつまらないですよね。しょうがないねとここで席を後にしました。
その後は終わるまで(お嫁さんと娘さんが出てくるまで)ロビーうろうろしたり、ガチャガチャしたりして「映画ラブパト」は終わりました。
まぁ息子さんはお付き合いみたいなもんだししょうがないですね。
何より娘さんが楽しかったみたいなので良しとしましょう。
家族での映画としては楽しめましたよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
白波

2.0前作の方が良かった気がするぞ

ユーリさん
2021年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ユーリ
すべての映画レビューを見る(全8件)

他のユーザーは「劇場版 ポリス×戦士 ラブパトリーナ! 怪盗からの挑戦!ラブでパパッとタイホせよ!」以外にこんな作品をCheck-inしています。