おもいで写眞

劇場公開日

おもいで写眞
30%
35%
18%
7%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「パンとバスと2度目のハツコイ」の深川麻衣が主演を務め、「ユリゴコロ」「君に届け」の熊澤尚人監督がメガホンをとったヒューマンドラマ。熊澤監督によるオリジナルストーリーで、東京で夢に破れた主人公が、故郷・富山の亡き祖母が遺した写真館で遺影写真の仕事を始め、人々との触れ合いを通して人生の意味を知っていく姿を描く。東京でメイクアップアーティストを目指していたが、頑固な性格が災いして仕事をクビになってしまった音更結子。そんな彼女に追い打ちをかけるように、母親代わりだった祖母が亡くなったという知らせが届く。夢も大切な人も失った結子は故郷に戻り、そこで役所勤めの幼なじみ星野一郎から、老人向けの「遺影」の撮影という仕事の誘いを受ける。写真館を営んでいた祖母の遺影がピンボケ写真だったことを悔やんでいた結子は、その仕事を引き受けるが、縁起が悪いと敬遠され、なかなか老人たちに受け入れられない。やがて、ひとり暮らしの老人・山岸和子との出会いをきっかけに、遺影撮影ではなく、それぞれの思い出の場所で写真を撮影する「おもいで写真」を撮り始めた結子は、老人たちとふれあう中で、次第に人生の意味を見いだしていく。深川が所属する芸能事務所テンカラットの設立25周年を記念して企画された作品でもあり、深川のほか高良健吾、香里奈、井浦新と同社所属の俳優たちが出演。そのほか、ベテランの古谷一行、吉行和子らが脇を固める。

2021年製作/110分/G/日本
配給:イオンエンターテイメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)「おもいで写眞」製作委員会

映画レビュー

3.5遺影写真ではなく「おもいで写眞」という発想に納得

2021年1月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

芸能事務所テンカラットの創立25周年を記念して製作された映画だが、映画として1本筋の通った作品に仕上がっている。熊澤尚人監督が長年にわたり構想を温めてきた企画であるだけに、説得力がある。近親者の葬儀などでピンボケの遺影写真が気になった人は少なくないはず。遺影写真ではなく「おもいで写眞」という発想がキモであり、素敵な発想といえる。深川麻衣の頑張りはもちろんだが、高良健吾と香里奈が地方都市で暮らす市井の人を生き切ったことも、特筆すべきことといえる。

コメントする
共感した! (共感した人 9 件)
大塚史貴

4.0人間ドラマを通して知る、写真を“撮ること”の力とは。

2021年3月25日
PCから投稿

泣ける

単純

幸せ

【賛否両論チェック】
賛:“写真を撮ること”が持つ力の素晴らしさが、“撮る側”と“撮ってもらう側”双方の心の変化を通して、伝わってくるのが魅力的。
否:物語は非常に淡々と進んでいくので、興味を惹かれないと思わず眠くなってしまいそう。

 本作を通して伝わってくるのは、“写真”そのものが持つ力以上に、“写真を撮る”ということが持つ力のスゴさです。夢に破れ、大切な人も失って、抜け殻のようだったヒロイン・結子が、“おもいで写真”の撮影活動を通して、次第に自らのやりたいことを見出し、活き活きと変わっていく姿は、観ている側も思わず励まされるようです。
 また、被写体となるお年寄りの側でも、それまでは生き甲斐もなく、ただただ生きていくだけだった日常が、思い出の写真を撮ったことがきっかけとなって、次第に毎日が明るく変わっていく様には、本当にその力の素晴らしさを体感させられるようです。
 ただ予想に反さず、物語自体は非常に静かに淡々と進んでいくので、関心が全く持てない方だと、退屈で眠くなってしまうこと請け合いです(笑)。
 基本的には、人間ドラマをじっくりと味わいたい、そんな方にオススメの作品といえそうです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
門倉カド(映画コーディネーター)

3.0もっと素晴らしい映画に出来たはず

2021年3月1日
スマートフォンから投稿

景色が美しいのでよく遊びに行く富山を舞台にした映画ということで期待して観ました。
主な舞台は私も何度か行ったことのある太閤山団地になるのでいつも似たような団地の風景ばかりなのは仕方ないところか。
とはいえ、せっかくいろんなお年寄りの思い出の場所で写真を撮るというお話なのだから、もっと色々な美しい景色や風情のある町並みをたくさんお話に絡めて見せることが出来たのではないだろうか。風の盆で有名な八尾の町並みも出てきてはいたが、八尾の良さが画面から少しも伝わって来なかった。
天気もいつも薄曇りで、これは気候の良くない北陸ではリアルといえばリアルだが、大事なシーンではもっとすっきりと晴れた日にロケをしてほしかったところ。
話自体は悪くなく役者さんもそれぞれ魅力があっただけになんかグレートーンの地味な映画になってしまったのが残念でならない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ふみふみ

5.0深川麻衣ちゃん、最高!

2021年2月16日
スマートフォンから投稿

いい演技してました。アイドルではなく女優ですね!頑張ってますね!応援してます。香里奈さんも安定の演技力でいい。最近お見かけしないのでもっとドラマや映画に出て欲しいです。高良健吾さんも爽やかでいい演技してました。
おもいで写真に癒されました。ありがとうございます。こういう優しいストーリーがたくさん映画になるといいですね!
刺激刺激に走り過ぎてグロいストーリーばかりで癒されない。うんざり気味の中救われました‼︎主演者の皆様、監督、関係者皆ありがとう。お疲れ様でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ぽんちゃん
すべての映画レビューを見る(全43件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る