10年、渋谷をさ迷って A decade of roaming

劇場公開日

10年、渋谷をさ迷って A decade of roaming
0%
0%
50%
0%
50%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

東京とニューヨークを行き来しながら活躍するフォトグラファーのジミ・フランクリンが初メガホンをとった短編映画。青年Aはお香の良い香りに誘われ、とある小さな工房にたどり着く。そこで彼を出迎えたのは、その工房でお香を製造販売している青年Bだった。そんな2人のふとした出会いをきっかけに物語は展開。心のすれ違いや人々のすれ違いを描き、東京のアンダーグラウンドな世界を映し出す。「私がモテてどうすんだ」の神尾楓珠が青年A、新人俳優・門間航が青年Bを演じる。

2020年製作/27分/PG12/日本

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0見ました

youさん
2021年5月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

難しいの一言でした。帰りながら考えたが、結果が出ませんでした。再度確認に行きたくなった映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 17 件)
you

0.5白ブリ

Bacchusさん
2021年5月17日
Androidアプリから投稿

難しい

寝られる

新宿と渋谷を彷徨う若者と、そんな彼と出会った写真家と、お香をつくる工房の青年の話。

詩的な脳内台詞と思しきものを呟いたり、某業界用語でいうところのMD感を醸し出したり、30分6000円何でも有りで交流したり…。

場末、というよりも掃き溜めかな?そういう感じや、マイノリティ感とか、やり場のない欲求不満感や鬱屈感はなんとなく伝わってきたけれど、抽象的というかアーティスティックというか、表現が難し過ぎて自分には理解出来なかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「10年、渋谷をさ迷って A decade of roaming」以外にこんな作品をCheck-inしています。