ポゼッサー

劇場公開日

ポゼッサー

解説

鬼才デビッド・クローネンバーグを父に持つブランドン・クローネンバーグ監督の長編第2作。第三者の脳に入り込む遠隔殺人システムを使う殺人者と、人格を乗っ取られた男との生死をかけた攻防を、冷徹で研ぎ澄まされた映像や過激な描写の数々とともに描くSFサスペンスノワール。殺人を請け負う企業に勤めるタシャは、特殊なデバイスを用いてターゲットとなる者の近しい人間の意識に入り込み、ホストとなるその人物の人格の所有者(ポゼッサー)となって殺人を遂行する。無事にターゲットを仕留めた後は、ホストを自殺に追い込み、意識から離脱する。請け負う殺人はすべて速やかに完遂してきたタシャだったが、ある男の意識を乗っ取ったことをきっかけに、タシャのなかの何かが狂い始める。主演は「マンディ 地獄のロードウォリアー」「ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷」のアンドレア・ライズボロー。意識を乗っ取られる男を「ファースト・マン」「ピアッシング」のクリストファー・アボットが演じた。

2020年製作/103分/R18+/カナダ・イギリス合作
原題:Possessor
配給:コピアポア・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2019,RHOMBUS POSSESSOR INC,/ROOK FILMS POSSESSOR LTD. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0クローネンバーグの創造的破壊は、2世監督だけでなく現代の観客にも受け継がれた

2022年3月8日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

ブランドン・クローネンバーグ監督の長編第2作となる「ポゼッサー」は、デビュー作「アンチヴァイラル」にもまして父デビッドの影響を感じさせる強烈な映像作品となった。デビッド・クローネンバーグ監督は1980年代から90年代にかけて、特殊メイクやメカトロニクスを活用して異形者への偏愛や人体損壊をはじめとする残虐な描写を追求し、サスペンスホラーの領域にありながら独特の美意識と世界観でジャンルを超えてファンを獲得した。ハリウッドでCGによる視覚効果が普及していった90年代以降、流れに逆行するかのようにVFXに頼る作品が減り、人間の内面、心の闇に迫るサスペンスドラマを多く手がけていったのも興味深い変化だった。

さて、息子ブランドンが脚本も兼ねた本作も、人格を乗っ取る技術というSF設定や、主人公が他人の体を乗っ取って遂行する殺傷の過激なバイオレンス描写で、一時代を築いた偉大な父の影響を逃れられない血の宿命のようなものを感じさせる。さらに言えば、これ見よがしなCGの利用は避け、殺傷場面で損壊される身体の特殊メイクや、手作り感のあるマスクを使った心理描写など、アナログな手法にこだわっているのも、やはりデビッドの美意識を受け継いだことをうかがわせる。

そして、「ポゼッサー」の映像表現に心をざわつかせながらも魅了されてしまうとすれば、その観客もまた、直接的、間接的にデビッド・クローネンバーグの創造的破壊の影響下にあるのではないか(デビッドの諸作を未見の人でも、デビッドに影響を受けた監督の映画を観た可能性があるという意味で)。一ファンだった評者も、ブランドンの作風に懐かしさを覚えつつ、いつか父を超える映像作家になってほしいと期待している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高森 郁哉

2.0理解し難い

隣組さん
2022年7月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

異様な世界を描いたSFサスペンスノワール。特殊な映像と残虐なバイオレンス描写が見どころでしょうか。
個人の脳内に渦巻くイメージを映像化しているようだが、ストーリーが理解し難くまったく付いていけなかった。
2022-120

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
隣組

2.0エロいグロいがイマイチ

りあのさん
2022年5月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

殺人請け負い会社の女工作員は、第三者の意識に入り込み殺人を遂行し、ターゲットを仕留めた後は自殺し意識から離脱し元に戻るはずが、ある時自殺出来ず二重意識になってしまい・・・てな話。
最初の殺しのシーンで警官が既に何発も銃弾を浴びて反撃してこない状態なのに息の根を止めたのががってんいかなかった。次の殺しのシーンは目ん玉グリグリで多少グロくセックスシーンはボカシが有ったりで、ここがR18+なのだろうけど、大したことはない。
全体的に暗くて状況がよくわからないし、主演女優も周りの出演者も興味をそそる人が居なくて残念だった。
他人の意識に入るためにターゲットの近しい人を誘拐して脳に工作する事が簡単に出来るならあんなめんどくさい事をしなくても良いように感じ、ストーリーも合わなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
りあの

3.0頭の中の様子を上手く描写出来たで賞

2022年4月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

難しい

他人の脳をハックしてその意識の中に入りこみ、殺人を行う暗殺者の主人公が、ある以来遂行中にハックした人物と意識が倒錯していく話。

ストーリーは正直退屈極まりないのだが、対象者の意識に入り込んでいく様子やその対象者と意識が倒錯していく描写がtheアート作品って感じで好きだった。というか脳の中で巻き起こるイメージをここまで分かりやすく映像化できるのこの監督だけでは?と思った。分かりにくいようで、すごく分かりやすく映像で伝えてくれてる。

この主人公の仕事、色んな人に成り代わるからだんだん"自分"というものが失われていくようで、主人公の上司はもう自分が何者なのか分からない模様。主人公も自分の家族(と思われる人達)に会う前に喋り方を調整しないといけない。

それでも主人公の殺し方は、この人自身の本質な気がする。自分より体の大きい男性は必ず自分の手で何度も刺したり殴って殺す、女性のような弱い人は銃で殺す。このマッチョ的な殺し方こそ主人公の本質だとすれば、本人と思われる女性の体も実は借り物なのでは?と思えてくる。

あるいは、人は自分の身体や見た目に応じた振る舞いをするようにできていて、その皮が剥がれたら最後野性的なところが残るってことなのかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
せつこん
すべての映画レビューを見る(全36件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る