白爪草

劇場公開日

白爪草

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

全キャストがVTuber(バーチャルYouTuber)で描かれるワンシチュエーションサスペンス。主演はテレビ番組「超人女子戦士ガリベンガーV」などでも人気の電脳少女シロ。フラワーショップ「花組」で働き、ごく普通の静かな日常を送っていた白椿蒼のもとに、服役していた双子の姉妹・白椿紅から6年ぶりに会いたいという連絡がくる。カウンセリングを受けながら日々を過ごしている蒼は、カウンセラーの桔梗にも相談し、意を決して紅と会うことにする。花組を再会の場所に指定し、花々に囲まれた部屋で紅の来訪を待つ蒼だったが、不安のために落ち着つかず、紅から逃げるように帰宅を考え始める。しかしその時、来客を告げるチャイムが鳴り……。

2020年製作/72分/日本
配給:ホリプロ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

  • 電脳少女シロ

全てのスタッフ・キャストを見る

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • カリスマ
  • カオス
  • MEATBALL MACHINE ミートボールマシン
  • 蠱毒ミートボールマシン
  • ハードコア
  • ディストピア パンドラの少女
  • ラザロ・エフェクト
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • タイム・トラップ
  • 人間まがい
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)映画「白爪草」製作委員会

映画レビュー

5.0期待以上

2020年9月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

バーチャルユーチューバー主演ということで、色眼鏡をかけてしまう人はいるかもしれませんが、そんなもの容易に吹き飛ばせる映画です

バーチャルユーチューバーというものを知らない人にこそ知ってもらいたい作品でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
カオナシ

5.0良質なワンシチュエーション作品

2020年9月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

萌える

本作品の特筆すべき点は次の二点です。

一つは映画としての完成度の高さです。

この作品はワンシチュエーション作品ということで、本編通じて基本的には花屋で物語が進んでいきます。その点では、映画というよりもむしろ劇場で観劇しているような印象を与えます。
そして、物語は電脳少女シロさんによる一人二役で進んでいき、容姿はそっくりですが演じ分けがされているので混乱することはありません。

つまり、いわゆる「vtuber」が多数出てくるファン向けの作品ではなく、ストーリーを主眼に置いたワンシチュエーションサスペンスとして完成されており、その点でジャンルの好みが合う多数の人にオススメできると感じました。

もう一つは、映画の可能性に広がりを感じた点です。

これまでも『アバター』から始まる3D映画は過去に沢山ございます。
しかしそうした作品群と決定的に違う点として、3Dの美麗さをウリにして前面に押し出すのではなく、作品を表現する手段として3Dを使用しております。

そのため、3Dの迫力あるアクション作品を普段からご覧になっている方は「なんか違う」という印象を受けるかもしれません。
しかし、個人的な意見と致しましては、3Dが美麗な映像を写す真新しい・珍しい表現としての使われ方から、自分のやりたいこと、表現したいことを実現させるツールへと変わり、その転換点としての本作品なのではないかと思っております。

そういった意味でも、色んな人が本作品をご覧になり、賛否を述べていってほしいと思います。
今の時点で「こんなもんか」と思った方も、数年後には「ここまできたか」と思えるかもしれません。
真新しいジャンルでもあることから、全ての感想はこの作品、ひいては今後の作品のブラッシュアップに繋がると思います。

本作品のファンとして、より多くの人の目に触れてほしいと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ジャストK

5.0双子の姉妹の狂気に振り回される70分間

2020年9月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

難しい

半年前まで服役していた姉「紅」が6年前に犯した罪、その罪とそこに隠された真実が主軸となって物語が展開していく。

6年前にいったい何があったのか。
6年振りの姉妹再開の理由とは何なのか。

そして双子の会話の中で詳らかになっていくそれぞれが持つ『狂気』と『執着』。

花屋のバックヤードと言う限られた空間で展開するワンシチュエーションサスペンスだが、変化する状況に場の雰囲気も2転3転し、同じ部屋の中であることを忘れてしまう。

Vtuberを知らない人でも楽しめる良質なサスペンス映画。
サスペンス映画が好きな人には是非とも見てもらいたい1作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
宇摩井蟹玉🐬.LIVE箱推し勢🐬

4.0サイコサスペンスとして非常に良いストーリー

2020年9月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

難しい

主演のVtuberシロさんのファンではありますが贔屓目なしに作品に引き込まれました
初の映画と言う事でしたがいきなりの一人二役にも関わらず見事に演じ訳が出来ていて凄かったです
3Dの持つ技術的な課題はありますが細かなカット割等非常に工夫されていたのを感じました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ずっきーに
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る